色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

1)法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序は、国際社会の安定と繁栄の礎
2)インド太平洋地域は、世界人口の半数を擁する世界の活力の中核
3)インド太平洋地域を自由で開かれた『国際公共財』とすることにより、地域全体の平和と繁栄を確保していくことが重要

https://shinjukuacc.com/20210714-01/#i-13

「次の考え方について、どう思われますか?」の質問画像
gooドクター

A 回答 (4件)

1)~3)まで、当然だと思います。



新宿さんの文中に、韓国が出てきますが、この1)~3)と
韓国は、関係ないというか、どうでもよい事です。

この考えは、安倍首相が、中国けん制のために提唱した
「ダイアモンド構想」ですが、それに米国のトランプが乗って、
中国封じ込めの為に日の目を見ました。

元は、尖閣であり、南シナ海の軍事基地化であり、台湾有事
なのです。

ベトナム、フィリピン等、中国の横暴に武力で対抗できず、
漁民が何人も犠牲になっています。

インド、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカと
中国包囲網を完成させ、それにイギリスがからんで、中国の
進出を食い止めようとしています。

韓国なんて、中国の属国の歴史を経て、今でも、経済的に
精神的に、宗主国に逆らえません。
アメリカは、韓国に色気を見せていますが、日本はすでに
捨てています。

これは自由主義陣営と共産主義陣営の戦いなので、
この「錦の御旗」は、意義があるものと思います。
    • good
    • 0

ヨハネの黙示録:21章: 1節 わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。

先の天と地とは消え去り、海もなくなってしまった。
2節 また、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。
3節 また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、
4節 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。
  http://bible.salterrae.net/kougo/html/
_


 ふねも飛行機も、いつまでも動けるわけではない。 かの時代の、日米和親条約では、下田と函館の港を開港し、せかいに参加したようですが、薪や飲み水でしょうか。

 海のなくなる予言もあるようですが、どのくらいイノベーションするのやら、海洋の荒波は、兄弟船とも詠われる様な。
    • good
    • 0

インド太平洋は、古代から続く海のシルクロード。


インド亜大陸で分け隔たれている、東方社会と西方社会を結ぶ大動脈としての重要性は拡大する一途だ。

ここに関所のあるなしで流通量とその物流コスト、所要時間がかなり違ってくる可能性が高い。地球経済のために、必要以上の地域主権が主張されればどうなるかを考えれば、そういう考え方が出てきても当然だろう。
    • good
    • 1

中東から石油を輸入する日本は、決定的な利害関係者であり自由で開かれたインド太平洋が重要な概念になるのは当然だと思います。

韓国がどこから出てくるか意味が分かりませんけど。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング