マンガ作品作成の参考にしたいのですが
第一次世界大戦で塹壕戦が主流になる以前を時代を背景、設定にした戦術面での描写をしっかりとした映画をいっぱい探しています。

アレキサンダーなどの先史時代から、ナポレオン戦争、銃はあってもまだ肉弾が最後の決戦力だった時代のが希望です。(南北戦争時代も戦術がしっかり描かれてれば参考になるかな~)
単なるリアルな戦闘描写でなく、陣形や戦争の駆け引き、指揮系統の混乱、鉄壁のファランクスが包囲され消耗し崩れていく様、などなど、戦争描写の勉強にしたいです。

今のところ
「トロイ」戦いの前の指揮官同士のやり取りとか、作法が描かれていていいかな?でもトロイ上陸戦はなんか現代の海兵隊の上陸戦を見てるよう。古代の戦争が果たしてあんなのだったのかちょっと??

マンガだったら「風の谷のナウシカ」の原作コミック。
さすが軍オタ(それもタダの兵器マニアではなく、戦史もしっかり勉強してるっぽい。)宮崎監督。
などが頭にあります。

時代や洋の東西問わずなんでも、いろいろ知りたいです。
旧作、日本で紹介されてない海外のマイナーな映画や映像作品でもかまいません。
気長に待ちますので、いろいろ教えてもらえればと思います。

※後日マンガ、小説等でも似た質問をする予定ですが、マルチポストっぽいですが、映画とマンガでは違いますしかまいませんよね??^^;

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

テレビドラマ『シャカ=ズールー』



レンタルビデオで見ました。
アフリカのズールー族の英雄シャカの物語。それまでの“儀式的な戦争”を“殺しあいの戦争”に変革する話が印象に残ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

南アフリカ北東部のズールー族の史実ものですね。
アフリカ史はまったくの未知の領域でしたので、新鮮でした!
ありがとうございます。

調べてて一緒に検索にヒットしたモノをメモしておきます。
「ズール戦争」ZULU/1984・イギリス
監督:サイ=エンドフィールド
アフリカ征服の途中で砦に包囲されたイギリス軍とズールー軍の攻防。ズールー戦士の奮戦がよく描かれているとのこと。

歴史映画名画座
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tetuya/EIGA/rekisiei …

お礼日時:2005/03/02 23:02

最初に言っておきますが、時代公証・描写が完全に正しい映画は、ほとんどありません。

というのは、それを描くことが映画の目的ではないからです。映画は娯楽であり演劇であって、ドキメンタリーではないので、ストーリーの方を重視します。
よってほとんどの場合、雰囲気だけですが、ま、イメージ的な参考にしてください。

ローマ帝国関連
「アッティラ」「グラディエーター」「クレオパトラ」「マサダ」「ローマ帝国の滅亡」「ハンニバル」「スパルタカス」

欧州中世-近世関連
「ブレーブハート」「ヘンリー5世」「クロムウェル」「1492・コロンブス」「ミッション」「アギーレ/神の怒り」「マルゴ」「バリー・リンドン」「ジャンヌ・ダルク(リュック・ベッソン版と仏テレビ映画版)」「マリアンとロビン」

アジア関連
「蒼き狼」「天と地と」「始皇帝暗殺」

アメリカ独立戦争関連
「デラウェア渡河作戦」「レボリューション」「ラスト・オブ・モヒカン」「パトリオット」

ナポレオニック関連
「ワーテルロー」「アウステルリッツ」「シャベール大佐」「デュエリスト」「戦争と平和(ソ連版)」「パン・タデウシュ物語」

南北戦争以後
「ゲティスバーグ」「ゴッズ・アンド・ジェネラルス」「グローリー」「勇気の赤いバッチ」「アラモ」「楽園をください」「カスター将軍」「カーツゥーム」「フォスター少佐の栄光」「サハラに舞う羽根」

今、思いつくのはこのくらい。
ちみにこのなかで戦術的描写が正しく見えるのは
「クロムウェル」「バリー・リンドン(キューブリック作)」「レボリューション」「ワーテルロー」「ゲティスバーグ」「ゴッズ・アンド・ジェネラルス」「グローリー」かな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむふむ、なるほど。たしかに、単なる戦争のリアリティだけを追い求めてしまうと、映画としては破綻してしまうでしょうね。

たくさんの作品をありがとうございます。
ほんとんど見たこと無い作品ばかりです。
これから時間を見つけてがんばって見まくろうと思います。

あと思い出したのですが、「七人の侍」も村を要塞化しての攻防戦の駆け引きが描かれていましたね。

お礼日時:2005/03/02 23:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦略と戦術の違い

戦略と戦術の違いとはなんでしょうか?
戦術の中から戦略が生まれたようなことは聞いたことが
ありますが、よく理解できません。
回答よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

素直に辞書を引きなされ。

せんりゃく 【戦略】 〔strategy〕

長期的・全体的展望に立った闘争の準備・計画・運用の方法。
戦略の具体的遂行である戦術とは区別される。

せんじゅつ 【戦術】 〔tactics〕

(1)個々の具体的な戦闘における戦闘力の使用法。
普通、長期・広範の展望をもつ戦略の下位に属する。
(2)一定の目的を達成するためにとられる手段・方法。

以上、goo辞書より


湾岸戦争時、日本のTV番組が”元傭兵”をコメンテーターに呼んだことがあった。
番組側としては”戦略"を聞きたかったようだが、この傭兵が”戦術”を語り始めたから、さあ大変。

敵の倒し方聞かされてもねぇ・・・・(しかも生々しい。)

次回からは呼ばれなくなったとさ。

Q映画「トロイ」のジャパンプレミア上映会

今朝(4月13日)のめざましテレビで5月公開予定の映画「TROY」のジャパンプレミア上映ご招待の応募をしていました。
見逃してしまったのですが、応募方法をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

4月13日のめざましテレビで紹介していた、映画「TROY」の応募方法についてお伝えします。

映画「TROY」の試写上映される、『ジャパンプレミアin武道館』は
5月17日月曜日18:00~ 日本武道館で行われます。
50組100名招待されるようです。

応募要項は以下のとおりです

〒119-0188 フジテレビ めざましテレビ
「トロイ」係

(住所・氏名・電話番号を明記)

16日金曜日消印有効

当選するといいですね。

Q戦略・作戦・戦術の違い

戦略・作戦・戦術の違いがいまいちボヤッとして分からないのですが、
例えば秀吉の天下統一事業で言えば

戦略→攻略順番は近畿・北陸・東海・四国・九州・関東
作戦→中国大返しとか
戦術→高松城水攻めとか

で合ってますか?
あとよく併せて示される兵站は太閤検地とかになるのでしょうか?

Aベストアンサー

戦略・作戦・戦術はそのままで誤謬は無いと思います。

で、兵站は他の方同様、「違う」と思ったのですが、ちょっと考察してみました。


兵站は言葉だけで言えば当然、軍備物資の補給等、戦の維持そのものの行動を指します。

しかし、現実には戦国期の戦は「小戦」が殆どで、大軍を長期に渡って動員し、滅亡か勝利かと言う「決戦」は余り行われては来ませんでした。

大体、現場での変化に合わせて補給をするのが、情報の伝達速度に依存せざるを得ないのですから、時代的に間に合う訳もありません。

兵自体も、多くは農民兵で、農閑期の出稼ぎ感が一杯でした。

兵も互いに数百から数千程度で、下手すれば双方百以下の戦闘も珍しくない中で、兵站は重視されませんでした。

ですので朝鮮出兵時の後方支援活動である「兵站」は軽く見られ、其れの影響もあり三成と武断派の溝は、修復不可能なまでに悪化しました。

まぁ、そもそもが充分に出来ていなかったんですけど・・・w


「兵站」の言葉上、定義はやはり皆さんの言う通りで間違いないと思います。

ただ歴史上、初の海外進出の戦でしたから、「銃後の守り」みたいな感覚はあったのですかねぇ?

そもそもそれまでの支配は、徴税権が入り乱れていて、村の自治権もやたらと強かったですから。


等と、ちょっとこの場を借りて考察してみました。

戦略・作戦・戦術はそのままで誤謬は無いと思います。

で、兵站は他の方同様、「違う」と思ったのですが、ちょっと考察してみました。


兵站は言葉だけで言えば当然、軍備物資の補給等、戦の維持そのものの行動を指します。

しかし、現実には戦国期の戦は「小戦」が殆どで、大軍を長期に渡って動員し、滅亡か勝利かと言う「決戦」は余り行われては来ませんでした。

大体、現場での変化に合わせて補給をするのが、情報の伝達速度に依存せざるを得ないのですから、時代的に間に合う訳もありません。

兵自体も、...続きを読む

Q製作総指揮って・・・

よく映画で○○製作総指揮!って宣伝しているんですけど製作総指揮ってそもそも何なんですか?監督とは違うんですか??

Aベストアンサー

大人の事情がかなり反映される「肩書き」ですので、一口に言っても、実際の仕事は様々だと思いますが、とりあえず「製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー」とか「製作総指揮 ジョージ・ルーカス」「製作総指揮 ジョエル・シルバー」なんていうと、実際に現場に出かけていって、直接演出を支持したりすることもあるようです。また、お金を集める前に、脚本やシノプシス、プロットの段階で製作にゴーサインを出すかどうかという場合もあります。(つまりヒットするかを判断する)また、映画会社に売り込んだり、興行なんかを仕切っている場合もあります。(スピルバーグなんかは、そうらしい)
単純にお金が儲かる仕事なんですよね。
逆に製作に関しては全ての責任があるとは言えるので、一番責任が重いとなるはずなんですけどね...
実際問題、映画は誰のモノかと問われれば、通常はexecutive producer = 製作総指揮 のものなんです、監督は単なる雇われているに過ぎないものが多いんです。全盛期のハリウッド映画なんかは全部そうでした。
#1の方が言うように単に名前だけの場合もあります。
XXXが、executive producer ですというだけで、様々な契約なんかが有利になることもあります。
この辺は制作費をファンドで集めるお国柄というところなのでしょうか。

大体、こんなことなのではないでしょうか。
私自身は、様々な伝聞で聞いた情報ですので、確度は低いかもしれません。大人の事情が大きい肩書きですので、その辺は定かではありません。
ただ、宣伝文句に「製作総指揮」のクレジットが出るのは、「製作にゴーサインを出せる立場」だから、「ヒットする可能性が高い=面白い可能性が高い」ということで、使われているのではないかと思います。

大人の事情がかなり反映される「肩書き」ですので、一口に言っても、実際の仕事は様々だと思いますが、とりあえず「製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー」とか「製作総指揮 ジョージ・ルーカス」「製作総指揮 ジョエル・シルバー」なんていうと、実際に現場に出かけていって、直接演出を支持したりすることもあるようです。また、お金を集める前に、脚本やシノプシス、プロットの段階で製作にゴーサインを出すかどうかという場合もあります。(つまりヒットするかを判断する)また、映画会社に売り込んだり、興行...続きを読む

Q「戦略」と「戦術」の違い

「戦略」と「戦術」の違いを「好きな女の子を口説き落としたい」という例で分かりやすく説明出来る人いますか?

Aベストアンサー

口説く行為が戦術です。
口説かれるような段取りが戦略です。

何事も戦略が重要です。日本人の官僚は正しい戦略を思い付けない。戦略があれば戦術など不要なくらいです。日本人は戦術ばっかでしょ。車や時計は店の人がそれを戦術用品として販売しているわけです。戦略のない馬鹿消費者らに。

口説きに戦略があるというのがナンセンスです。口説きは戦術です。
しいて言えばいきなり口説かない作戦がいきなり口説かない戦略です。最終的な成功を得るためのものが戦略です。だから3年後に結婚しているとかそういう話題か誰とも付き合う気のない女をいつか手に入れる戦略とかにしないと。

Q(映画)監督・製作・製作総指揮の違い

この違いがわかりません

好きな監督の製作総指揮の作品をみたらクソつまらなかったです

詳しい人お願いします

Aベストアンサー

監督って、映画を作るだけ、、、撮るだけ、、、。

製作の場合は、金策、配給会社契約まで、、、、。だから、よっぽど売れて、成功しないと、金を集められないのでは、、、。

Q戦略と戦術の違いをハッキリ知りたい。

私の勤めている会社が今度、戦略部門と戦術部門に切り分けられることになったのですが、戦術と戦略ってそんなにハッキリと分けられるんでしょうか?
分けるとしたらどういう観点から仕事を切り分けたら良いのでしょうか?
良い方法をおしえてgoo!

Aベストアンサー

戦術は短期的な行動で、戦略は長期的行動です。

企業活動で言う、戦術とは短期間で成果がでる活動だと思います。キャンペーンを例にすれば、ある特定期間のみを対象として売上増加や、シェアの増大など効果があります。

そして、戦略は企業の方向性、ドメインやコンセプトの決定など、企業が運営されていく中で変更されにくい、活動の事をいうと思います。

Q映画の製作総指揮とはどういうことをするのですか?

映画で監督はだれだれ、製作総指揮はだれだれとある場合があります。
製作総指揮というのはどういうことをするのですか?
監督にアドバイスをするのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すごく大雑把な言い方になりますが、映画に出資している会社の社長さんに対して、「製作総指揮」というクレジットを使うことがほとんどです。

ということで映画を作るうえでの実務としては、特に何かをするわけではありませんし、これをしなくてはいけないという、何か特別な仕事があるわけでもありません。ただ角川系の映画は例外が多いかもしれませんけど。

何もしないといっても、出資をしている以上は責任者的な立場もあるので、脚本に目を通してもらったり、完成時には試写をして見てはもらいます。
「あの会社がこんな映画を作った」なんて悪い噂がたっても困りますので、そのあたりのことはちゃんと見極めているはずです。



海外だと出資者が監督の演出や脚本に対して、あれこれ要求することはありますが、日本の場合だとそういった例はあまり聞いたことがありません。

内容には口を出さないものの、日本の場合は配給公開の時に、宣伝にかかわってくる「製作総指揮=社長さん」もいます。
「こんなイベントをやって試写をやったら、映画の宣伝にもなるし、うちの会社の宣伝にもなる」というわけです。


映画を作るうえで立場上、監督よりも権限が上となるスタッフは他に
プロデューサー
アソシエイトプロデューサー
ラインプロデューサー
といったパートがあり、実際の実務はこの3つのパートが仕切りのがほとんどです。

大きなわけ方になりますが、プロデューサーの仕事には
1.製作予算の管理、
2.監督初めスタッフやキャストなど人の管理
3.映画そのものの良し悪しの管理
といったものがあります。

3.のとことで監督にアドバイスしたりすることもあり、ハリウッドの場合は、「あの場面はこのように撮影しろ」とか、演出においても監督以上に権限をふるうプロデューサーは多いようです。
平気で結末を変えたりもしますし。

これは「ファイナルカット権」という最終権限のすべてをプロデューサーが握っているためですが、そうされたくないため、ハリウッドの監督は自分でプロデューサーを兼ねる人も多いです。

すごく大雑把な言い方になりますが、映画に出資している会社の社長さんに対して、「製作総指揮」というクレジットを使うことがほとんどです。

ということで映画を作るうえでの実務としては、特に何かをするわけではありませんし、これをしなくてはいけないという、何か特別な仕事があるわけでもありません。ただ角川系の映画は例外が多いかもしれませんけど。

何もしないといっても、出資をしている以上は責任者的な立場もあるので、脚本に目を通してもらったり、完成時には試写をして見てはもらいます。
...続きを読む

Q歴史に見る、戦術家、戦略家

信長は・戦略家であり、戦術家でなかった

秀吉は・奇抜な戦略家であり、戦術家でなかった

家康は・戦略の意味を理解した、戦術家であった

謙信は・戦術を重視した

信玄は・戦略から出る、戦術を理解していた

ナポレオンは・戦術家であり、戦略家でなかった

サラディンは・戦略家であり、戦術家でなかった

チンギスハーンは・理想的な、戦術家であった

フビライハーンは、戦略家であった

【外伝】

ヤン・ウェンリーは・戦略の意味を理解していたが、機会のなかった、戦術家であった

ラインハルトは・戦術ではヤンには及ばないが、戦術家であり、戦略家であった


・・と、言った、私感で見た、歴史の武将<外伝あり>なのですが

皆さんも、この意見にツッコミを入れたり
他にも、歴史に見る、戦術家、戦略家の事を、お聞かせください

Aベストアンサー

全部触れると切りがありませんので、信長だけ。
やはり彼は戦略家であり、戦術家でもあったと思います。
家督相続後から尾張統一までの期間に自ら陣頭に立って劣勢を覆したことは多々ありますし、金ヶ崎の退口、本圀寺襲撃、大坂本願寺との戦い初期の天王寺合戦などでの素早い対応は、戦術的に優れた資質を持っていたことの表れでしょう。長篠もしかり。
姉川の苦戦は、いわゆる「徳川史観」のフィルターが強いものですので(織田は大軍なのに苦戦したが、われらが徳川軍は小勢ながら大軍の朝倉を押し、勝利に導いた)、戦闘経過については眉唾です。
ちなみに包囲網から外交の弱さを指摘されていますが、敵が多いのは中央という地理と広大な版図にはつきもののことです。信長包囲網はいくつかの時期に分けることが出来ますが、それぞれ領地が隣り合って現実利害でぶつかる相手が敵となり、敵の敵は味方理論で軽く結びついていた程度です。信長はその都度遠交近攻外交で敵の後の大名との結びつきを重視し、包囲網の敵それぞれを挟み撃ちする勢力図を作り上げています。
三好には毛利や長宗我部、本願寺には上杉、武田には北条・上杉・北条、毛利には大友、上杉には北条・伊達などなど
このように包囲網の敵はそれぞれ背後に信長と結ぶ敵を抱えていたため、一斉に攻め寄せてくることなく、各個撃破されています。包囲される状況にあることを理解して、不利な状況を回避しており、外交資質もかなり高いと思われます。

全部触れると切りがありませんので、信長だけ。
やはり彼は戦略家であり、戦術家でもあったと思います。
家督相続後から尾張統一までの期間に自ら陣頭に立って劣勢を覆したことは多々ありますし、金ヶ崎の退口、本圀寺襲撃、大坂本願寺との戦い初期の天王寺合戦などでの素早い対応は、戦術的に優れた資質を持っていたことの表れでしょう。長篠もしかり。
姉川の苦戦は、いわゆる「徳川史観」のフィルターが強いものですので(織田は大軍なのに苦戦したが、われらが徳川軍は小勢ながら大軍の朝倉を押し、勝利に導い...続きを読む

Q映画の製作と製作総指揮の役割の違いは何ですか?

こんばんは。
以前から知りたかったんですが製作と製作総指揮の役割の違いは何でしょうか?

たまたまトム・クルーズを例にすると

「アザーズ」「大いなる陰謀」「ニュースの天才」:製作総指揮
「バニラスカイ」「M:iIII」「エリザベスタウン」「ラストサムライ」
:製作 とあります。

「大いなる陰謀」はロバート・レッドフォードが製作なんですね。

監督ですと、この監督作品は見た方がってありますよね?
リュック・ベッソンもまあ製作しているのはまあまあのレベルですよね。

となると製作、製作総指揮というのは見る基準、参考になるのかなあ?な
どと考えてしまいます。

日本映画でも製作、製作総指揮は外国と同じ役割でしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

う~ん、はっきりした情報ソースはないのですが、
私が映画にふれてきた感じだと

製作
=映画を作るためにお金を出す人や会社。
 製作総指揮がいなければ作品の内容に
 「もっと女の裸を出せ(儲けさせろ)」的に口を出すことも。
製作総指揮
=その作品のおおまかな方向性を決める人。
 製作者に依頼されて(お金をもらって)その立場につく。
 「今ヒットさせたいなら、こうしろ」的なこと言う。
監督
=作品の中身をどうするか現場で実際に指示する人。
 上の二人よりも弱い立場。

と解釈しています。

ちなみに教えて!gooのほかの質問・回答や
YAHOO知恵袋だとちょっとちがう解釈でした。
教えて!goo
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1052048.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1555645.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4320.html
Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12111687
これらのほうがより詳細に書いてあります。

う~ん、はっきりした情報ソースはないのですが、
私が映画にふれてきた感じだと

製作
=映画を作るためにお金を出す人や会社。
 製作総指揮がいなければ作品の内容に
 「もっと女の裸を出せ(儲けさせろ)」的に口を出すことも。
製作総指揮
=その作品のおおまかな方向性を決める人。
 製作者に依頼されて(お金をもらって)その立場につく。
 「今ヒットさせたいなら、こうしろ」的なこと言う。
監督
=作品の中身をどうするか現場で実際に指示する人。
 上の二人よりも弱い立場。

と解...続きを読む


人気Q&Aランキング