【初月無料キャンペーン中】gooドクター

繰り込みについて教えてください.φ4モデルと朝永さんの電子の質量計算にどのような関係があるのでしょうか.

全くの門外漢で,単に繰り込みについて興味を持ったので,いくつか本を読んでみました.難しくて読破はできていませんが,繰り込みによって,相転移点付近でのスケーリング則と普遍性を示せること,φ4モデルとイジングモデルの共通点があること,などを学びました.が,元々の朝永さんらの出発点となった電子の質量計算との関係性が全く見えません.

勝手な想像で,電子の質量計算は,U(1)ゲージ変換の下でファインマンプロパゲータ(相関関数)の極(特異点)を計算することによって求めるのだと考えていましたが,それとφ4モデルと関係しているのでしょうか.

(お聞きする理由は,多くの本では,後半でφ4モデルのε展開などが書かれていますが,そもそもなぜφ4モデルを考えているのか分からず,読むモチベーションがわかないからです)

gooドクター

A 回答 (1件)

φ4モデルは朝永先生の繰り込みとは、別の発散問題です、φ4は、S行列の


計算で現れる無限大問題です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング