gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

生きると云う事は、死との闘いなのだ!

此の年になって、やっと、こんなことを思える瞬間が、来ました。

この質問?を見て、感想など浮びましたか?

質問者からの補足コメント

  • ちょっと意外かもしれませんが、気付かせて頂きました。

    有り難うございました。

    No.15の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/07/19 22:48
  • かっこよい疑問かな?と思っていたのですが、、、

      補足日時:2021/07/19 22:50
gooドクター

A 回答 (21件中1~10件)

生きると云う事は、死との闘いなのだ!


 ↑
負けると判っていても、戦わねば
ならないのだ。


こんな感じですかね。

常に死を想って生きろ、という
言葉は昔からありました。

日本なら武士道だし、西洋だと
メメントモリといいます。
死を背負って生きれば、充実した
良い人生を送れる。


戦いだとすると、何か目的が
必要です。

死と戦う目的は何でしょう。

少しでも長生きすることですか。
そのために医学などを発展させる。

ちょっと違うように思えます。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

少しでも長生きすること、、、
いや、図星かもしれません。

まだまだ死ねない、という気持ちの表れなのかも。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/19 19:09

死との闘いではない。



次に生きることへの闘いなのです。
そして全ては、自分自身の生命(命)の問題なのです。
何故なら、現世での全ての行動、言葉というのは、『業』として蓄積され(因)、来世に影響する(表れる:果)からです。

逆に、現世で悩んだり、苦しんだりする事(果)も、過去世の『業(因)』が現れているに過ぎないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

正論です。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/19 22:38

まあ最後まで望みを捨てぬことです。


死はいつでもできるのかも。
自然寿命の閉じるまで頑張れになる。自殺は避けよです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

自殺は死との闘いの果て?

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/19 22:28

森羅万、この世の全ては、極めると逆する。


これを、【陰陽逆転の法則】と呼ぶ事した。

生きると云う事は、死との闘いなのだ!

↑確かに、その通りです。

しかし、そこは、陰陽逆転の法則

正しくても、正しくない。
正しくなくても、正しい。



私の理論では、此の世こそが、地獄で有り、

この世の生物は、皆、地獄の亡者達で有り、鬼達でも有る。

ゆえに、此の世とは、塀や囲いの無い、地球と呼ぶ名の牢獄

肉体と呼ぶ名の、動く牢獄


牢獄から、抜け出るには、死しか無い。

死は、肉体と呼ぶ名の、動く牢獄からの解放



死は、地獄からの解放、卒業を意味している。

セミは地中から、トンボは水中から、地上へと飛び出し、大空を飛ぶ

人は、地上から飛び出し、天空の彼方を、宇宙旅行するのです。

大いに、喜び、祝うべき事で有る。

理解出来ましたか??




BY 逆転地蔵


「死との闘い。」の回答画像19
    • good
    • 2
この回答へのお礼

この世にも、あの世にも、天国在り地獄在り。

だからこそ、戦う気分になるのでしょう。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/19 20:01

☆☆ (№13) ~~~~~~~~~~~~~~



▲ パウロ:コリント前書 15:19-55 ) ~~~~

15:55 「死は勝利にのまれてしまった。
死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ っていうんですから:
★ 死との闘い
☆ ぢゃないですか。勝利は こちらにあり と。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やっぱりよく分かりません。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/19 19:56

お礼ありがとうございます


(  ̄▽ ̄)にっこり

経験ってのも、何となくでも経験ですよ

明確な知識てのもあれば
何となくな知識
明確な経験てのもあれば
何となくの経験

思える瞬間を何となくでも経験されたなら
(*’ω’ノノ゙☆パチパチですよ

映画や小説などで知識としては頭に入ってても

実生活で思うことって
お題の内容以外にも、沢山ありますもんね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

思える瞬間が、なんて云ったけど、単なる思い付きのレベルですからね。

わしやさんは、知識が豊富だから、色々と幅広く考えますね。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/19 19:29

その瞬間ってどういう瞬間でしょうか



瞬間で済むなら私も何度も体験しました

私は死に向かってダイエット中です。?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さして深刻に考えることもない私なので、その瞬間がどのような状況だったかは分かりません。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/19 19:13

経験は知識を凌駕したんですね


(  ̄▽ ̄)にっこり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そんな大袈裟なものではないのですが、、、
何となく、、ですね。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/19 12:14

汽笛さん こんにちは。

――わたしのほうが 若い!?



▲ (パウロ:コリント前書 15:19-55 ) ~~~
http://bible.salterrae.net/kougo/html/1corintian …

15:19 もしわたしたちが、この世の生活でキリストにあって単なる望みをいだいているだけだとすれば、わたしたちは、すべての人の中で最もあわれむべき存在となる。

15:20 しかし事実、キリストは眠っている者の初穂として、死人の中からよみがえったのである。 15:21 それは、死がひとりの人によってきたのだから、死人の復活もまた、ひとりの人によってこなければならない。 15:22 アダムにあってすべての人が死んでいるのと同じように、キリストにあってすべての人が生かされるのである。

・・・

15:44 肉のからだでまかれ、霊のからだによみがえるのである。肉のからだがあるのだから、霊のからだもあるわけである。 ・・・15:54 この朽ちるものが朽ちないものを着、この死ぬものが死なないものを着るとき、聖書に書いてある言葉が成就するのである。

15:55 「死は勝利にのまれてしまった。
死よ、おまえの勝利は、どこにあるのか。
死よ、おまえのとげは、どこにあるのか」。(ホセア書 13:14 )
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


☆ 死の棘とは ヤマシサ反応を起こしているのにそれを強行するときのヤバイ意志行為です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

質問にこの回答をどう絡ませれば良いのか?

相変わらず難しいですね。

(6月に一つ歳を加えました)

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/19 12:13

私は、別の感じを持っています。



「人間の完成形が、死であり、人間は、己を完成させるために、
 生きている。」

 と、思っています。

日々、あくせく生きているのも、結局は、死んで、
己を完成させるためだ、と割り切っています。

「生きると云う事は、死との闘いなのだ!」と思ってしまうと、
人間は必ず死ぬので、「勝算の無い戦い」をしていることに
なってしまう。

個人的には、それは無理です。
私は、勝算の無い戦いは、しない主義です。

人間は、自己完結をするために、死ぬまで、あくせく生きる、
生き物だと思っています。

若くして亡くなる方もいらっしゃる。
天寿を全うされる方もいらっしゃる。

でも、死という現象が、その方の「完成形」であれば、
皆等しく「天寿を全うした。」と考えられる、みたいなことを、
漠然と思っています。

まあ、正しいとか、正しくないとか、ではなくて、
「気の持ちよう」でしょうが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

気の持ちよう。

そうですね。

有り難うございました。

お礼日時:2021/07/19 12:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング