【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

多様性を認めるって何なんでしょうね。
多様性を認めない人も認めないといけませんよね。
人に攻撃的な人も認めるべき。
結局は弱肉強食の自然の法則に近づくのかな。

gooドクター

A 回答 (9件)

一言に弱肉強食と言っても自然界のそれはそんな単純なものではありません。


強者が弱者を食いつくしてしまえば、食料が無くなった強者はやがて滅びます。
また一見弱者に思えるそれも、実は自然界において重大な役割を果たしている事があります。
無秩序に思える自然界にもルールが存在し、そのバランスを崩せば自らも滅びる事を生物達は理解しています。

いずれにせよ人間の浅はかな認識で森羅万象を語る事はできません、それはこの私も含めてです。
    • good
    • 0

例えば「すき家」に牛丼を食べに行った場合、単にタレを掛けただけの牛丼だけではなく、ニンニク味やキムチ味、或いはチーズ味におろしポン酢々、様々な選択肢があり、それが一般社会の中で許容されていると言う事でございます。

    • good
    • 1

この世が競争社会であることは間違いない。


弱肉恐縮とは、何をやっても勝ったものが勝者となる社会で、競争社会とは違う。

「競争」とは、例えば、一定のルール(法)で100m走をやって、一番早いものが勝者というシステムだ。

「弱肉強食」の世界では、他人より早く走り出しても構わないし、走り出す前に背後から競争相手全員をボコボコにしても良いし、走り出してから自分の先を行くものに石礫を投げつけても構わない。それが弱肉強食だ。
    • good
    • 0

法とルールの下に基づいて多様性を認める


って事です
多様性を認めない人を認めない、認めるのも各々の自由
人に攻撃的な人を認めない、認めるのも各々の自由

多様な価値観を許容し住み分けできる位
法とルールの整備が出来てる(事になってる)って話です

今でも弱肉強食ですよ
金持ちの下に金と権力が集まる
インフルエンサーとそこら辺の人の発言では影響力が違う
時代が変わり、法が変われどこの世の本質は弱肉強食です
    • good
    • 1

> 多様性を認めるって何なんでしょうね。



考え方の一例目
『多様性』の定義と種類
国際化が進む中、日本の社会の中でも『多様性(ダイバーシティ:diversity)』がキーワードとして取り上げられるようになった。
人文・社会科学における多様性という用語は、たとえば、グローバリゼーション等により、文化多様性・地域多様性等の概念として用いられる。また、「価値の多様性」等の概念として用いられる場合もある。歴史的にみると、交通・交易等の物理的な要因によって、思想・宗教・民族・人種が入り乱れて存在し、接触・交流が発生した地域には、その結果、さまざまな文化的要因が入り混じって、社会的な変革が発生している。例えば、アメリカ合衆国やオーストラリア等の移民国家や、イギリスのように、広域に渡った植民地から様々な人種・民族が流入してきた結果、この多様性が発生したというケースもある。
ただし、こうして生じた多様性は、単純に人や文化が混じりあった結果として存在しているわけではない。各民族が確固たるアイデンティティを維持しながら相互に尊重する事で、「共生」の考え方が生まれ、大きな社会の変革を促す傾向が歴史上の現象に見て取れる。
なお国家内における諸民族の多様性のみならず、個人の多様性が集団のパフォーマンスを総合的に高める傾向も存在する。例えば、ある組織において、同種同列の人間からのみ構成される集団に在っては、そこに所属する個人の個性や価値観は重視されず、むしろ消失される傾向にあるが、各々の個性や特徴がそれぞれに必要とされる社会では、個人は個人として尊重され得るし、また同時に他者を尊重することが可能となる。
このように多様性とは、人間の中にみられる様々な身体的、あるいは文化的な差異である。具体的には、人種、エスニシティ、性別、年齢、障害の有無、社会経済的ステータス、性的指向、宗教、階級、政治的信条等の面における違いであり、これらの違いを受け入れ、互いの個性を認め活かしあおうとする考え方や姿勢であるといえる。

第二例目
https://soarist.jp/blog/3828

第三例目
https://www.udkya.com/columns/%E5%85%83%E6%B0%97 …

> 多様性を認めない人も認めないといけませんよね。
> 人に攻撃的な人も認めるべき

「認める」は、違うということを認めることであって、その違いを必ず許容するということではないこと、自分の考えや行動がどのようなものでも許容されるということではないことは、理解しないとならないでしょう。

> 結局は弱肉強食の自然の法則に近づくのかな。

文化多様性・地域多様性を認め、共生を目指せるための上位の思考とコントロールを目指しているのですから、弱肉強食とは真逆です。
    • good
    • 1

それぞれの個を指すわけではなく、


考え方を指すわけでもなく、
ある一定数存在する性質のことです。

なので認めないとか考え方は含まれませんし
怒りっぽいなど理性や自制でどうにかなるところも含ませません。
    • good
    • 0

多様性って言っても、


何でもいいわけじゃない。

それくらい理解して。
    • good
    • 0

多様性を認めない人も人に攻撃的な人も全ての人/考え方を認めるのが多様性を認める事だと思います。

だからと言って人を殺すとか危害を加えるとか公序良俗に反するとか何でもかんでも認める許容するのではありません。自ずと認められる事と認められない/許容されない事は存在します。
 多様性を認めて色々な人の様々な考え方を聞く知る事は大切だと思います。宗教に囚われてあの考え方は駄目だとか異端だとか言うのは最悪です。ガリレオ・ガリレイは地動説を糾弾され宗教裁判で弾圧されています。考え方も生物の多様性も重要です。生物の多様性があったので何回も大絶滅を生命は生き抜いて来られたのです。工学に置いても多様性は重要です。押しても駄目なら引いて見なとの逆転の発想が重要です。静止衛星軌道からケーブルを地表に垂らす「宇宙エレーベーター/軌道エレベーター」と地表からパイプを積み上げて高さ100kmの宇宙にまで達する宇宙塔を建設する「宇宙塔マスドライバー」と様々な可能性/多様性を考えるべきなのです。
http://blog.livedoor.jp/satou_hiroshi_4649/archi …
    • good
    • 1

人に攻撃的なのを認めるのは違います


自分の理解できない人のことを放っておくことです
分かりあおうと押し付けるから戦争になります
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング