色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

貧乏人は善、金持ちは悪という思想の洗脳は、第二次世界大戦後に日本国際教育支援協会が行った集団洗脳の一環でしょうか。
また、昔も今も、貧乏人は平等を欲し、金持ちは自由を欲しものです。
各々の個性があっていいと思いますが、前者は強引に強制しようとします。
貧乏人がお互いの個性を認め合えず、自分と他人との不平等に憤り、平等を強制しようとするのはなぜでしょうか。



質問とは関係ないですが、ヤングマガジンのアルキメデスの大戦、面白いですね。

「貧乏人は善、金持ちは悪という思想の洗脳は」の質問画像
gooドクター

A 回答 (4件)

貧乏人は善、金持ちは悪という思想の洗脳は、


第二次世界大戦後に日本国際教育支援協会が
行った集団洗脳の一環でしょうか。
 ↑
GHQが、対日心理攻撃を行うとき、
共産主義者の野坂参三、鹿地亘などを
利用したからです。



また、昔も今も、貧乏人は平等を欲し、
金持ちは自由を欲しものです。
各々の個性があっていいと思いますが、
前者は強引に強制しようとします。
  ↑
自由にしておけば格差が拡大します。
だから、平等を図るタメには、
自由を制約し、強引に強制
せざるを得なくなるのです。



貧乏人がお互いの個性を認め合えず、
自分と他人との不平等に憤り、
平等を強制しようとするのはなぜでしょうか。
 ↑
平等を欲するのは、生存本能でしょう。
三歳の子ですら、平等を訴えます。
お菓子の分け前が少ないと怒ります。

資本論は、その本能に理屈を与えて
くれました。
お前等は、資本家に搾取されているのだ。

これで不平等に憤る理論的根拠が
出来た訳です。
    • good
    • 0

>貧乏人は善、金持ちは悪という思想の洗脳は、第二次世界大戦後よりもはるか以前に、澁澤栄一が嘆いています。

    • good
    • 0

そんなものは戦前からありますよ。


他人の成功を妬み嫉むというのはDNAに刻み込まれた日本人の国民性であり、数千年脈々と受け継がれています。
「貧乏人は善、金持ちは悪という思想の洗脳は」の回答画像2
    • good
    • 0

単に僻み妬みの類だと思いますが大概の人は他人の事など気にしないと思います。

一部の人が成功したYoutuberや仮想通貨なので若くして財を成した人々に対して騒いでいるだけだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング