色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

米軍に制式化されて量産され、実戦投入された戦車のうち、運用に必要な人数が最も多いのはどの戦車ですか?

gooドクター

A 回答 (1件)

恐らく、ですが・・・1941年運用開始のM3中戦車『Lee(リー)』


https://en.wikipedia.org/wiki/M3_Lee

※計7名。内訳は、
砲塔内:車長、37mm砲手、装填手の3名
スポンソン:75mm砲手、装填手の2名
車内:操縦手、通信手兼機関銃手の2名

※ちなみに。
 同型ですが、英国パターンのターレットを使用した『Grant(グラント)』は、通信手が車長兼任、機関銃手は操縦手兼任で計6名。
 ソ連向けのレンドリース車は、米軍向けと同じ『Lee』という名称でしたが、砲塔装填手を省いた6名乗車でした。
 グラントは、英国のスタッフが渡米し、設計段階から英国仕様を並行して開発した結果ですが、ソ連向けレンドリース車両は、乗員を減らし『わざと』戦闘能力を落したと思われます。

・・・英国には8名(MarkⅠシリーズ)、ドイツには18名(A7Vの最小運用人数。最大で26名)などという戦車がありますが、戦車の採用がモーレツに遅れた米軍は(一次大戦中は、米軍は遂に戦車を持ちませんでした)、『戦車』というものの設計手法が確立してから採用が始まったので、英国やドイツほどの『ビックリ戦車』はありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング