プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

川端康成の小説を読んでいてよく、「踊り子」や「芸者」という職業? が登場しますが、具体的にどのようなことをしているのですか? 芸などをして、食っていけるものなのでしょうか?

A 回答 (3件)

踊り子、地方巡業の旅芸人。

テレビなどの娯楽がない時代ですから、それなりにやっていけたでしょう。
芸者。一箇所で働くホステスさんみたいなもの。お座敷芸をして、お酌もして、その後も。
    • good
    • 0

伊豆の踊子に出てくる「踊り子」は旅芸人一座に所属する女の子で、芝居や歌謡ショーなどをする旅役者です。



芸者は見番や芸妓組合に所属する芸能者でお座敷などで遊芸や接待をする女性のことです。男性だと幇間(ほうかん、たいこ)になります。
    • good
    • 0

踊り子は見たことありません。


作品の中に出てくる芸者と同じかどうかはわかりませんが、芸者さんは見たことあります。
芸者さん知りませんか?
舞妓さん知りませんか?
ああいう人達の事と考えてもいいんじゃないかな?と思います。

料亭などのお座敷に呼ばれて三味線弾いたり、小唄を唄ったり、日舞のような踊りを披露したり、場に花を添える方達の事だと思われます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング