プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

>販社がメーカーから仕入れる値段が小売り価格の70%です。

本当ですか?
どう思いますか?

質問者からの補足コメント

  • 新車です。すいません。

      補足日時:2021/07/22 10:46
  • タバコの仕入価格、30年前の話ですが90%以上ときいたことあります。
    当時、200円でひとつ売っても20円の利益。
    在庫もそれなりに持つと割りあわないと思ってましたが、自販機もあるし、一日1000個売れば2万円ですからね。
    ばあさんが、一日2万円も稼げば凄いですよね。

      補足日時:2021/07/24 03:51
  • 自転車の仕入価格も厳しいそうですね。
    ただ、売った分、修理があるからやっていけるみたいですね。

      補足日時:2021/07/24 03:56

A 回答 (12件中1~10件)

まあ、そのくらいかもしれませんね。



一般的にメーカーというのは、自社で販売せずに代理店とかを育成する感じになりますので、ABCランクとか卸価格が違っていたりすると思います。

それ以外には、”販売報奨金制度” なるものがあると思います。

例えば、一次店とかであるAという会社に対して、「昨年度の販売量が○○くらいでした。 今年の7・8・9月期にその110%売上を達成すれば、○○○○万円差し上げますよ」 みたいに独自の契約を交わす感じ。

一般的なケースだと、ほかのメーカーの商品も市場に出回るので、いろいろなメーカーのものを販売し、販売店は赤字になるとかあるので、「うちの商品だけ売っていれば、1年間で○億円差し上げますよ」 みたいに販売店をコントロールしてしまう感じ。

自働車の場合ですと、「新車販売で6月登録した車両にはメーカーから報奨金出ますので、安くできます」 とかシークレット販売会とかに車を買いそうな人が呼ばれるとかあります。

私の経験では、4月とかに新車を見に行き、「値引き○○万円くらい希望」 と伝えたら大笑いされ、「そんな値引きは無理です」 と言われました。

5月には電話があり、「前におっしゃっていたお車ですか、買いませんか」 と言われ、6月に登録した車にはメーカーが報奨金としてカウントするので、安く売れます」 と言っていました。

そこで、「でも新車を注文すると在庫がないので6月に登録できませんよね?」 と訊いたら、倉庫にあらかじめ空発注で売れ線を何台も仕入れてあるのでファクトリーオプションは無理ですが、ディーラーオプションはすべて付け替え等できますと言われていました。

倉庫に案内され「これ全部今から売り切りますので、1台選んでください」 と言われました。

自働車専門の雑誌によく「○○の車種は新発売され、値引き5万円引き出せればよい方で納車は○ヶ月待ち」 とか書いてあるのですが、とあるディーラーは何台もありました。

当時責任者の話では、「チマチマお客さまから言われて発注していると絶対に報奨金とかもらえませんので、先に売れ線とか調べて発注し、全部売り切ります。 そこに普通の人の注文と混ぜ込むので、大丈夫なのですが、実際に登録して問題ないとメーカーが判断して初めて報奨金にカウントされるので、6月中に登録できれば良いのですが、さすがにギリギリとかは避けたいので、」 なんて感じで注意もあるそうです。

たぶんメーカーの視点では、「お客さんが買わない時期なので」 とかそれに合わせていると年間の売上目標に到達できないので、営業マンが売りにくい時期とかにニンジン作戦でお金で釣るみたいになるのだと思います。

私の場合、4年前に福岡トヨタでTバリュー認定中古車で30プリウスを買いました。

ある日突発性難聴になり、同じ病気を経験した人が「音の静かなハイブリッドカーに乗るのもお勧め」 と言っていたので、体のことなので時間かかってタイムアウトエラーにでもなるとあとでたらればになりそうなので即日買い付けに行きました。 新車とかだと納車待ちとか時間の無駄になります。

たまたま2月だったので、即金で買うので今だと2月の報奨金出たりして安くなると思うと言っていたらほんとに安く買えました。

車の営業している人がよく言うのですが、車を買う買う言って結局買わないようなお客さんが多いので、いつ買うとか正確に想像ができないらしい。

その点「今すぐ買いたい、月極駐車場利用なので車両入れ替えもできますし、即金で支払います」 というお客さんだと1台売れるとか計算しやすい。

新車・中古車どちらでも3月になれば卒業記念とか、入社祝いで自然と売れ出すのですが、2月にわざわざ買う人は少ないので、どちらかといえば珍しい感じ。

自働車の場合だと、BMWとか販売ノルマに厳しいとか言われていて、ノルマ到達しないと、「○○さんのとこだと自腹で社員さんが買っていますよ」 とか圧力かかるみたいですよ。

後はディーラーでも、県内に複数あるとかあるので、「あそこは値引きもデカいらしい」 とかそんなお店もあります。

>タバコの仕入価格、30年前の話ですが90%以上ときいたことあります。

タバコや、お酒は、免許制度ですので、その地区に一定の販売店がそばにあると新規参入が無理ですし、既存の廃業されるお店から免許を買い取ります。

福岡市内でいえば昔ちんちん電車が走っていて、乗り降り場が自宅前にできるとタバコ売るおばちゃんとか自宅改造して、ぼろ儲けだったそうです。

今では、福岡県は全国一のバス稼働台数になって都内とかの電車ではないバスが異常に走っている県になります。

それで、「福岡ではバスが異常に走っていて、運転も荒いので走りにくい」 とか東京の人とかが言っている感じ。

元々福岡で育った人でも、「こっちでは運転するけど、福岡では無理」 と都内で暮らしている友人が言うのですが、片側2車線道路で第一通行帯をバスが走ると、バス停とかで停まるとかいろいろあるので、ある程度バスを見て行先等わからないと走りづらい感じがあります。

よく東京の人が、「福岡だとバス停で乗る人が絶対に並ばないですよね」 と言われるのですが、福岡だと1つのバス停にいろいろな行先のバスが停まるので、きたバスの行先を見てから乗り込むという感じで、事前に並んでいると違うバスが来た時に後ろの人の邪魔になるとかある。

今では福岡は全国一稼働しているバスの数が多い県になっていますが、ちんちん電車が市内を走っていた時には、タバコ売って家が建ったと言う人も結構いました。

タバコを吸う人とかって、どこで買っても値段が同じだと、電車降りた時とかに1個買うとかあるので、独占販売だとかなりの数が1日に売れる感じでした。

ただ、ちんちん電車が消えて、廃業された人も多い。
    • good
    • 0

№10のお礼への返事ですが、



あまり細かいことを書くと守秘義務違反として扱われてしまいます。

ですから、メーカーである複数の自動車会社のシステムにも関わっていましたし、販社のシステムにも関わっていました。どこと特定せずに書いてます。

また、大手電機メーカーでしたから、その自動車会社にも電装部品を納品しています。いろいろなかたちで関わっていたということです。

なお、販社の決算月が近くなると、電装部品を納めている部署から、「そちらの部署で車を購入しようとしている営業はいないか?」という要請がきて、数人紹介すると、最初から30万円引き以上(ただし軽自動車を除く)の見積書が届き、安く購入できたものです。
    • good
    • 0

№7の追記ですが、



憶測で回答されている方がとても多いですね。

先にも書いた通り、数社の自動車メーカーとお付き合いがありました。

私自身、メーカーの在庫管理、出荷履歴や販社の販売システムに関する仕事をしておりましたので、仕入れ価格まで全部見れてしまいます。

その事実に基づいて、「仕入れ価格は普通自動車で定価の60%、軽自動車で70%程度でした。」と回答しています。


また、私の勤めていた大手電機メーカーの企画に配属されていましたから、自社製品の価格の設定という仕事もしていました。

電気製品の原価なんて、本当に安いものですよ。それに対し、クルマは単価が高いため、仕入れ価格を高く設定(60~70%)しても、販社として十分な利益が出せるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

申し訳ございません。
>数社の自動車メーカーとお付き合いがありました。
どういう意味?
サブディーラーという会社でしょうか?
サブディーラーは、直接メーカーからの仕入れでしょうか?
ディーラーでも、他のメーカーから仕入れることできるのでしょうか?

お礼日時:2021/07/24 14:00

70%は完全デマです。



ディーラーはメーカーからの仕入れ原価にメーカー利益を上乗せした価格で供給されます。
つまり200万の車であれば、180万で仕入れることになります。
従がって約90%です。

ただし、販売店ごとにインセンティブがあり、予定販売台数、いわゆるノルマ達成で、メーカーから販売奨励金(バックマージン)が支払われる仕組みです。

仕入率を低くすると各社が値引き販売することを避けるために、仕入率を高めて、販売奨励金を払う仕組みがあります。

ただ、販売奨励金目的で割高のディーラーオプションをカスタマイズ販売する傾向や、未販売車を登録して新古車に回すなんてことが増えたのも確かで、短期ローン販売や保険販売、備品販売等も展開して収益アップを図っています。
    • good
    • 0

昭和40年~50年頃はそうでしたよ。


今は驚く程条件悪いですよ。
9割くらいと思って差し支え無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も、そう認識していました。
結局、値引合戦。中古車の価格が破壊してますよね。

でも、70%という回答が多いのですが、どうなんでしょうね。

お礼日時:2021/07/24 03:44

数社の自動車メーカーとお付き合いがありましたが、販社がメーカーから仕入れる価格は普通自動車で定価の60%、軽自動車で70%程度でした。



ですから、今のような軽自動車をすべての国内メーカーが扱っている時代では、若干安くなっているかもしれませんね。
    • good
    • 0

いえ、そんなに高くないです。


仕入れ価格というのはおおよそ30~40%です(最近は40%くらいになっているかな)。たぶん、それを逆に勘違いしたのでしょう。
7割で仕入れていたら、店の固定費用や人件費でつぶれてしまいます。
    • good
    • 1

新車でも70前後です。



車種によっても違います、軽などは3割も利益が無いこともありますし、
    • good
    • 0

おはようございます。



んー。多少の上下はあるでしょうけど、概ね合っていると思
いますよ@ゲーム業界。
    • good
    • 0

かなり昔の話ですが。


商売人の一応の常識?売値の3割が利益、が目安だったらしい。
これを逆に見れば質問の通りですね。
絵でも最近は、薄利多売の傾向が強いかもしれません。
本当、というほどのものではありません。
諸売にしようか・・・なんて思ったとき、売値の3割の利益が見込めないと、かなりしんどいですよ・・・という程度であれば、本当、と言えるのかも?。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング