【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

言語類型論におけるあたらしい仮説です。どうでしょう?

1. 日本文と英文とは 構文ないし文型として 互いに対極を成すという見方を採ります。


2. 初めから 《文》を扱います。文は 話し手の思想をあらわすものである。

3. 思想は 問いと答えとから成る。話者は ひとつの文の中で自問自答する。

4. 問いは 主題( T )として提示される。答えは 主題を問いとし それに答える論述( P )である。答えが さらにあたらしい問いになるという意味でも 論述も 論述主題である。

5. すなわち 文は 主題( T1 / T2 /・・・)をつらね これらを最後に論述( P )が承けてひとつの思想をしめくくる。:

   T1 + T2 + … + Tn=P。

6. これは 日本文および朝鮮文にならって 三項形式に還元される。:

   T1  + T2  + T3=P。

 ⇒ 日本文にしたがって 次のような類型として捉える。

   A ハ B ガ C ナリ。/ C スル。――(α)類型とする。





7. さて 議論を端折りますが 世に言う能格( ergative )言語(バスク語など)では おおむね初めのふたつの主題提示( T1 + T2 ) を この日本文の類型と同じようにおこなうことが ひとつの特徴です。 

8. つまりそのあと 論述主題( T3=P )にあっては 次のようにすでに述語動詞の担う意味内容から見て その主体(主格)および対象(賓格)を わざわざあらためて示します。ていねいに あらわすかたちを採る。
つまり この《 主格 ‐ 述格 ‐ 賓格 》を 英文にならって S - V - O なる形式で表わすこととしますと 次のような仕組みに成っています。

〇 能格言語の文の構成:

  T1  + T2  + T3=P。

  A ハ B ガ C ナリ。/ C スル。――日本文としての(α)類型

  A-a  B-b   C= [ S′ - V - O′ ]。――能格言語の構文


  ・ A-a / B-b: 小文字のほうは 日本語のハ格やガ格に相当する格活用

  ・  S′ / O′: プライム( ′ )なるシルシは 人称接辞を示す。(つまり 
      むろん主題としての A や B を承けてそれらを示す接辞としての代名
      詞である)。

  ・ 賓格: 主格(主体)に対する賓客(客体)を示す格で おおよそ対格
     (ヲ格)か与格(ニ格)かである。

  ・ 述格: 論述主題( T3=P )に当たる《 C= [ S′ - V - O′ ] 》の述語動
     詞( -V- )の格である。つまり 主題提示〔における主格 S 〕に対応
     する論述提示〔における述格 V )。

 

 9. A-a や B-b なる主題提示を承けたあとの論述提示としての C= [ S′-V-O′ ]の中の S′ や O′ はたとえば こうである。

  英語‐ハ    彼‐ガ    話す。  :  (α)類型

  英語(A)-a  彼(B)-b   B′‐話す‐A′: 任意に(μ)類型とする。

               [ he-speaks-it ]


  ・ C= [ S′-V-O′ ] ⇒[ B′‐話す‐A′ ] ⇒ [ he-speaks-it ]という形である。


10. したがって 大胆不敵な推測としては 英文は ここから C= [ S′-V-O′ ]⇒[ B′‐話す‐A′ ] ⇒ [ he-speaks-it ]の部分が突出し 独立した。
つまり この論述主題の提示の部分([ he-speaks-it ])だけでそのまま ひとつの文(思想)を表わすかたちに成ったのだと。むろん 代名詞( he や it )は 元の名詞に戻す。

10-1. つまり 言語一般における論述主題( T3 = P )が 日本文などで 論述主題《 Cナリ。/Cスル。》という形になったそのあと 能格言語の文にあっては C= [ S′-V-O′ ]という形式を採る。
そしてさらに そのあと この論述主題の部分が そのまま文の全体に広がり しかもその言わば線形のような論理のみで文を形成するというように展開した。のではないか?

  C= [ S′-V-O′ ]

  ⇒ He speaks English. : (ω)文型とする。

  
 ・ つまり T1 + T2  ⇒ A ハ B ガ という二つの主題提示を無くした。
   つまり  T3=P。 ⇒ C= [ S′-V-O′ ] という論述主題だけで 文が独立
   した。





11. かさねて言いかえると 英文は 主題(つまり T1⇒Aや T2⇒B)の提示を省くようになったということである。日本文や能格言語文では 主題提示を保っており その主題提示層とそして論述主題( T3=P ⇒ C= 「 S′-V-O′ ])が形作る線形論理層との二層から成る構文である。

11-1. すなわち 英文は 次の図式の中の[線形論理層]のみから成るのだと。つまり二層から成る日本文( α 類型)では 《英語ハ》のハ格は――[主題提示層]において中心主題( T1=A )を提示しますという役目を担うほかに――[線形論理層]においては  論述動詞( T3=P ⇒ Cスル ⇒ 話す) につらなる意味連絡としては ヲ格(対格)をも担う。《英語ハ(=英語二ツイテイエバ)[主題提示層] / (ここで断層があって 線形的な意味連絡の層に移る⇒) 英語(O)ヲー彼(S)ガ―話す(V)[線形論理層]》。


 (α)類型の文: 英語ハ        彼ガ          話す。

  ___________________________________

 [主題提示層]:中心主題(T1=A)・・・関係主題(T2=B)・・・論述主題
          
 [線形論理層]:ヲ格(英語‐ヲ)・・・・ガ格(彼‐ガ)・・・・・述格(話す)
         対格(O)―――――― 主格(S)―――――― 述格(V)


 ・ ハ格は 中心主題格(~~二ツイテイエバ)とそしてたとえばここではヲ格
  (対格 O )とのふたつの役割りを同時に担うかたちである

 ・ 英文は [主題提示層]をほぼ無くしたのだ。

  原形 : T1  + T2  + T3=P。
   α 類型: A ハ B ガ C ナリ。/ C スル。

  日本文: 時ハ 〔時ガ〕 金ナリ。

  仏文 : (第一主題 T1=Aハ が残っている)
Le temps,  c'est                 de l'argent.
時(Aハ) / それ(B=Aガ)(=S)‐C‐ナリ(=V)。金(C)(=Compliment)

  英文 :・・・・ Time   is  money.
  (ω類型):   S ‐  V ‐ Compliment


12. 重ねて述べるなら 英文は 主題提示層を無しで済まそうとしたのではないか? 《 A ハ B ガ C ナリ。/ C スル。――(α)類型 》の構文を 《 S - V - O 》文型へと進化させた。それ以上の進化がないとすれば 最終的な(ω)言語類型として(ω)文型である。



13. 中国文は しかし これらの構文や文型の決まりにはいっさい目もくれず 文法無しの文法でやりくりしている。言いかえると (α)構文における主題提示の部分もあれば 線形論理の S-V-O なる(ω)文型をも同時に堂々と許容している。



14. (α)構文と(ω)文型との中間に 能格言語の(μ)構造文があり 一般にこの(μ)形式文と英文の(ω)文型とのあいだにいろんな進化形態が 諸言語において見られるようである。


☆ 以上を問います。ご見解をどうぞ。

質問者からの補足コメント

  • 15. 英文にも 主題の提示があり得るという補足です。

    ☆ 11-1.で 次のように。

      仏文 : Le temps,  c'est  de l'argent.
         The time, it-is some money.

       英文 : Time   is  money.
     (ω類型): S ‐  V ‐ Compliment
     (一解):  Time, it-is money.


    15-1.  つまり be-動詞の is は 主語をすでに持っていますから 実質的に it-is という形式です。ならば Time は 主題を提示しているような恰好になっています。

    16. たとえば:

    ■ Regret, I had a few.
    ☆ といった文例は 主題が提示されたようなかたちです。語の倒置――その意味合いは 取り立て――に過ぎないのかどうか。

      補足日時:2021/07/24 21:54
gooドクター

A 回答 (4件)

本当の=は左右同じ答えになるはず。



ところが
小学生が

順に=で結ぶだけ

途中で順に+やーしても
みな
=で結ぶ。

だからどんどん
辻褄あわず、

いつのまにやら
=が
有名無実になる生徒がいた。

中国文は本当は句読点・送り仮名・一二点・返り点・助詞・助動詞ない
漢字だけが並んだ言語ですね。英語とも相通じる。

そういえば別質問コーナー開設中。

「お茶する」
について
何か
助詞抜けないかとね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ ~~~~
本当の=は左右同じ答えになるはず。

ところが
小学生が

順に=で結ぶだけ

途中で順に+やーしても
みな
=で結ぶ。

だからどんどん
辻褄あわず、

いつのまにやら
=が
有名無実になる生徒がいた。
~~~
☆ 分かんないなぁ。


★ 中国文は本当は句読点・送り仮名・一二点・返り点・助詞・助動詞ない
漢字だけが並んだ言語ですね。英語とも相通じる。
☆ 英文と通じない場合もある。

・ 我去。≒ I go.
・ 我去北京。≠ I go to Beijing.


★ そういえば別質問コーナー開設中。
☆ そうなんですか。



★ ~~~
「お茶する」
について
何か
助詞抜けないかとね。
~~~
☆ いや これはすでに一つの動詞になっているかと思います。買い物すると同じように。

お礼日時:2021/07/26 11:37

全部に答える暇はない。




>☆ 〔あっ!/困った!〕火事(B)〔ガ それ(C)〕だ!

文を対象にすると言っておきながら、二文になっている。


>☆ 〔あっ!/困った!/問題(A)‐ハ〕火事(B)〔ガ それ(C)〕だ!
>☆ 〔ぢゃあ/うん/それ(A)‐ハ われわれ(B)ガ〕逃げろ(C)〔ナリ〕!

そもそも日本語ならざるものを提示されても困る。


>◆ John kissed a girl.(Theme-Rheme 語順)
>☆ 文脈によるでしょうが ひとまづ S-V-O.文型。

SVOであることと、Theme-Rheme 構造であることは矛盾しない。
両立している。


>◆ The girl was kissed by John.(Theme-Rheme 語順)
>☆ 主題(Topic/Theme)というより 取り立て〔の主役・話題〕。

取り立てというなら、
The girl, John kissed.
のような話題化構文がふさわしい。


>◆ JOHN kissed the girl.(Rheme-Theme 語順)
>☆ 論述(Rheme)が 取り立てられた。主題へ昇格したかどうか?

「論述(Rheme)が主題へ」?
多分、定義がぐちゃぐちゃ。



我々は全てを知ることはできない。
過去にどのような研究があったのかを全て知ることはできないし、その必要も無い。

しかし、新しい仮説を提示しようとするのであれば、過去にどのような研究がなされてきたか、知ろうとする努力は必要である。
それが先人に対する礼儀というものである。

また、その努力によって、21世紀になって改めて相対性理論を発見してしまうような、無駄な努力をしないで済む。
先人の肩に乗ってより遠くを見渡すことができるのである。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>☆ 〔あっ!/困った!〕火事(B)〔ガ それ(C)〕だ!
★ 文を対象にすると言っておきながら、二文になっている。

>☆ 〔あっ!/困った!/問題(A)‐ハ〕火事(B)〔ガ それ(C)〕だ!
>☆ 〔ぢゃあ/うん/それ(A)‐ハ われわれ(B)ガ〕逃げろ(C)〔ナリ〕!
★ そもそも日本語ならざるものを提示されても困る。

☆  まとめてお応えします。
・ 〔〈いま あっと言ったの〉(A)‐ハ〕・・・
・ 〔〈いま困った!と思ったの(A)‐ハ〕・・・
・ 〔〈いま問題(A)‐ハ〕・・・
・・・
☆ です。一文です。


>◆ John kissed a girl.(Theme-Rheme 語順)
>☆ 文脈によるでしょうが ひとまづ S-V-O.文型。

★ SVOであることと、Theme-Rheme 構造であることは矛盾しない。
両立している。
☆ 補足コメントの15/16で触れましたが たとえ主題が提示される形式を採った場合にもそれは すでに主題提示層から抜け出してきた線形論理層だけの文型になってしまったあと 語句のあいだで倒置して入れ替えたような形式に過ぎない。ゆえに 別物だ。

つまりその形式でなら 主題提示に倣った話題の取り立てがおこなわれている。と考えたわけです。

次も同じ論点です。:
>◆ The girl was kissed by John.(Theme-Rheme 語順)
>☆ 主題(Topic/Theme)というより 取り立て〔の主役・話題〕。

★ 取り立てというなら、
The girl, John kissed.
のような話題化構文がふさわしい。


>◆ JOHN kissed the girl.(Rheme-Theme 語順)
>☆ 論述(Rheme)が 取り立てられた。主題へ昇格したかどうか?

★ 「論述(Rheme)が主題へ」?
多分、定義がぐちゃぐちゃ。

☆ 《その女‐ハ ジョン‐ガ キスした。》 これが 主題提示文です。



★ 新しい仮説を提示しようとするのであれば、過去にどのような研究がなされてきたか、知ろうとする努力は必要である。
それが先人に対する礼儀というものである。
☆ 言語類型論の概論のようなものは 読んだあとのことです。

既成の理論に満足しないのですから あたらしい仮説を提起します。

お礼日時:2021/07/26 11:22

追記1


T1>T2... のような構造は communicative dynamism という構造としてつとに分析されている。


追記2
重要な基本文献をいくつか忘れていた。
年は取りたくないもの。
Givón, Talmy. 1983. Topic continuity in discourse: A quantitative cross-language study. Amsterdam: Arshdeep Singh.
Lambrecht, Knud. 1994. Information structure and sentence form. Cambridge: Cambridge University Press.
Li, Charles N., Thompson, Sandra A. 1976. Subject and Topic: A New Typology of Languages, in: Li, Charles N. (ed.) Subject and Topic, New York/San Francisco/London: Academic Press, 457–90.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

№1お礼欄よりつづく。

☆ 主題化としては こうなる。:
◇ わたしハ(⇒ニ格・与格) かれガ 100ドル〔ヲ〕くれた。
◇ 100ドルハ(⇒ヲ格・対格) かれガ わたし二 くれた。
☆ つまり 主題提示層と線形論理層との二層が成り立っている。


★ 3.能格言語を単純化して表せば、自動詞文と受動態の文からなる。
機能的分析とは独立して分析することが可能である。
(もちろん、無関係とは言わないが、間接的な関係である)
☆ 日本文の α 類型: A ハ B ガ C ナリ。/ C スル。に沿って把握しうる。

◆ 太郎  走った。
(絶対格)
◇ 太郎(A)〔ハ 太郎(B)ガ〕 走った(C)。

◆ 太郎-ni   馬  買った。
(能格)(絶対格)
☆ 太郎-ni(能格)は ハ格と同じように第一主題(T1)⇒中心主題(A)であると言える。

第二主題となった《馬》は 格標識をつけていない。ただし 絶対格のまま(または 中立格へ移行)であり 主題(T)であることを保っている。

けれどもやはり Bガという〔中心主題にかかわる〕関係主題として言い出されており 主題提示層の一環である。と同時にしかも 線形論理層として論述動詞(買った)の対格(ヲ格)を成す。  

つづく文例も 同じくでは?
◆ John ran.
 (絶対格)
◆ by-John bought a horse.
 (能格)   (絶対格)
◆ John bought horse.
 (絶対格) (部分格)


★ 4.
☆ 参考書を勧めてくださってありがとうございます。

         *

★ (この回答№2)
追記1
T1>T2... のような構造は communicative dynamism という構造としてつとに分析されている。

☆ なるほど。つまり 私見(仮説)から見れば 二層構造であることが ダイナミックなのだと感じます。

主題の提示――これは 或る意味でただの語句の羅列です――をそのような原始的なかたちで受け留めつつ 同時に瞬時に 語句の意味連絡を むろん論理的に読み解いている。というダイナミズム。


――というふうに解説してくれているとすれば この仮説を提起する意味はなくなります。



★ 追記2
☆ わたしは そこまでは 勉強していません ざんねんながら。

お礼日時:2021/07/24 20:51

文をTopic-Comment, Theme-Rheme の観点から分析する考え方を機能的分析、Functional sentence perspective といい、さほど目新しくはない。


何しろヨーロッパを中心に100年の歴史がある。
格を持ち、語順が自由な言語の分析を中心に発展してきた。
日本語にも適用されているし、様々な知見がすでに得られている。

1.語順は Topic-Comment が多いが、それだけではない。
A:主役は誰ですか?
B:太郎が主役です。(Rheme-Theme 語順)

A:火事だ!(Topicなし)
B:逃げろ!(Topicなし)

A:(ドアを開けてびっくり)人が死んでる!(Topicなし)

There was a man arrested.(Topicなし)


2.英語は語順やアクセント(強勢)、冠詞などで Topic-Comment を表す。つまり、ちゃんとTはある。
John kissed a girl.(Theme-Rheme 語順)
The girl was kissed by John.(Theme-Rheme 語順)

JOHN kissed the girl.(Rheme-Theme 語順)

He gave me $100.(Rheme=$100)
He gave $100 to me.(Rheme=me)


3.能格言語を単純化して表せば、自動詞文と受動態の文からなる。
機能的分析とは独立して分析することが可能である。
(もちろん、無関係とは言わないが、間接的な関係である)

太郎  走った。
(絶対格)
太郎-ni   馬  買った。
(能格)(絶対格)

John ran.
(絶対格)
by-John bought a horse.
(能格)   (絶対格)
John bought horse.
(絶対格) (部分格)


4.次の本・論文をおすすめする。
Vilém Mathesius (1975) A Functional analysis of present day English on a general linguistic basis, Prague: Academia
(残念ながら絶版だが、
『マテジウスの英語入門 対照言語学の方法』
ビレーム・マテジウス (著),千野 栄一 ・山本 富啓 (訳・解説))
Jan Firbas (1992) Functional sentence perspective in written and spoken communication, Cambridge: Cambridge University Press
Kuroda, Shige-Yuki. (1972) The Categorical and the Thetic Judgment: Evidence from Japanese Syntax. Foundations of Language Vol. 9, No. 2, pp. 153-185
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ ~~~
・・・機能的分析、Functional sentence perspective といい、さほど目新しくはない。
・・・
日本語にも適用されているし、様々な知見がすでに得られている。
~~~
☆ その結果・成果から見て 批判点はどうでしょう? 以下は この質問の仮説がなお持ちこたえ得るという観点から述べてゆきます。

★ 1.・・・
◆ A:主役は誰ですか?
☆ 主役(A)ハ誰(B)〔ガ〕〔それ(C=A)〕ですか?

◆ B:太郎が主役です。(Rheme-Theme 語順)
☆ 〔それ(A)ハ〕太郎(B)ガ主役(C)です。


◆ A:火事だ!(Topicなし)
☆ 〔あっ!/困った!/問題(A)‐ハ〕火事(B)〔ガ それ(C)〕だ!

★ B:逃げろ!(Topicなし)
☆ 〔ぢゃあ/うん/それ(A)‐ハ われわれ(B)ガ〕逃げろ(C)〔ナリ〕!

◆ A:(ドアを開けてびっくり)人が死んでる!(Topicなし)
☆ 〔いやぁ/目の前/これ(A)‐ハ〕人(B)ガ 死んでる(C)!

◆ There was a man arrested.(Topicなし)
☆ 形式主語により S'-V-C.。 実質主語により S-V.。


★ 2.英語は語順やアクセント(強勢)、冠詞などで Topic-Comment を表す。つまり、ちゃんとTはある。

◆ John kissed a girl.(Theme-Rheme 語順)
☆ 文脈によるでしょうが ひとまづ S-V-O.文型。

◆ The girl was kissed by John.(Theme-Rheme 語順)
☆ 主題(Topic/Theme)というより 取り立て〔の主役・話題〕。

◆ JOHN kissed the girl.(Rheme-Theme 語順)
☆ 論述(Rheme)が 取り立てられた。主題へ昇格したかどうか?

次の文例でも 同じくでは?
◆ He gave me $100.(Rheme=$100)
◆ He gave $100 to me.(Rheme=me)

☆ 主題化としては こうなる。:

№2お礼欄へつづきます。

お礼日時:2021/07/24 20:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング