プロが教えるわが家の防犯対策術!

生体内エネルギーでどうしてATP がよく使われるのか、特定の部分(クエン酸回路での酵素や翻訳の過程など)ではATPではなくGTPなどが使われますがそういったところは逆にATPではダメなのか気になったので質問させて頂きました。 ご教授頂けると嬉しいです。 よろしくお願いします!

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

GTPを使う酵素はたくさんありますよ。

Gタンパク質の活性状態もそうだし、TCA経路に含まれる酵素にGTP加水分解によって生まれます。

ATPがなぜよく使われるかその”なぜ”ってのはそういうものだからとしかいいようがないですが、電子伝達系による好気呼吸でATPはたくさん作られるのでようするに細胞内にたくさんあるから使い勝手がいいように進化したのかもしれません。

ちなみにGTPを使うキナーゼがあった、みたいな話もマイナーですが一応報告されてたりはします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます!
ATPが作られやすくそのように進化したということですかね、
まだまだ解明されてないこと多いなと改めて感じました!

お礼日時:2021/07/26 08:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング