色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

戦車不要論者多すぎない?そんなに戦車が要らないならどこの国も廃止してると思うんですけど(名推理)

質問者からの補足コメント

  • プンプン

      補足日時:2021/07/24 14:49
  •   補足日時:2021/07/24 14:50
  •   補足日時:2021/07/24 14:52
  • プンプン

    根拠は補足に載せてるんだよなぁ…

      補足日時:2021/07/24 14:58
  • プンプン

    補足を読んで、どうぞ。

      補足日時:2021/07/24 14:58
  • プンプン

    負け惜しみ乙

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/07/24 14:59
  • プンプン

    対戦車ロケット砲は威力不足だし、アルメアゼルのプロパガンダにまんまとハマってて草

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/07/24 15:00
  • プンプン

    だ☆か☆ら、アメリカで開発中のM8 AGSに日本も便乗すべきだと…
    空挺部隊みたいな軽装備の歩兵相手なら小銃弾防げればそれでええやんけ。
    既存の戦車より安いし。

    何より既存の戦車は
    https://dic.pixiv.net/a/%E9%80%9F%E3%81%95%E3%81 …

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/07/24 15:15
  • プンプン

    諦めんなよ‼︎

    あと、装甲車には火砲付いてないよね…

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/07/24 15:37
  • うれしい

    おっそうだな(適当)

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/07/24 15:44

A 回答 (8件)

とりあえずは主様の意図は伝わりました。

私も売り言葉に買い言葉とはいえ煽るような投稿をしてしまい申し訳ない。

ただ最初の投稿でもう少し詳細を書いて頂きたかったですね。例えば「敵が〇〇という戦術で攻めて来た状況において戦車は〇〇という理由でどの防御手段よりも有効である」とか。

そう書いて戦車の優位性をPRしてくれれば回答者達も「なるほど~一理あるね」となって戦車肯定派が増えたかも知れません。もしかしたら盾と矛のような昔話のように堂々巡りになるかも知れませんが。

とはいえ国防費は湯水の如く使う訳には行きませんし、陸海空のどれを充実させるかはやはり悩みどころでもあると思います。やはり戦車もディフェンスラインとしてある程度は必要だとは思いますが、どうしても最優先という訳にはいかないのかな、と個人的には思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとナス!

お礼日時:2021/07/24 17:13

確かに

この回答への補足あり
    • good
    • 0

軽戦車を動くバリケードとして使うってこと?うーん・・・それってコスパ的にどうなの?装甲車じゃ防げないの?



そもそも敵の空挺部隊がそこまで近づいたらもう王手飛車取りっぽくない?
この回答への補足あり
    • good
    • 0

ダメだこりゃ・・・


そりゃ世界的な需要であれば戦車は必要でしょう。隣国と陸続きの国も多いのですから。だけど国内で新規に導入する理由を聞いてるのです。既存の国内にある戦車ではダメな理由を聞いているのです。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

後付け補足ですか?それは後出しジャンケンと同じですよ?


しかも持論ではなく他人様のチカラを借りて・・・はぁ~
この回答への補足あり
    • good
    • 0

アナタ、社会に出て働いた事ないでしょ?


公費を使って何かを購入もしくは設備投資を行う場合はキチンと必要性と有効性を説明する必要がある。しかしアナタの質問には一切それが無い。ただ必要だ必要だと叫ぶばかり。

しかも異論を唱える者にはブロック。やり方が汚い。まぁこのサイトでブロックなんて何の意味も持ちませんけどね。まぁコレでも見てお勉強して下さい。
「戦車不要論者多すぎない?」の回答画像3
    • good
    • 0

昔のような戦車万能な時代ではないということ


で戦車が登場しないとならない様な状況も滅多に起きていないということ

だから基本路線は装備数を減らす方向、但し不要だとは言ってないので廃止はしてないでしょ
    • good
    • 0

イギリスは戦車を製造中止してます。

もう手で持てる対戦車ロケット砲があるんですよね。

2020年9月27日から11月9日にかけて発生した、アゼルバイジャンとアルメニアの国境紛争であるナゴルノ・カラバフ紛争は、ドローンが多く使われ、SNSを利用した宣伝戦も盛んだったのが特徴的です。

 モニター内に四角のマーカーで囲まれた戦車の映像が映しだされ、次の瞬間、戦車は爆炎に包まれます。ドローンから発射された対戦車ミサイルが、戦車に命中した瞬間です。このような映像が多くSNSへ投稿されたので、戦車は地上を這って逃げ回るだけの単なる標的になり下がり、やはり要らないものだ、と広く印象づけました。

 戦車は「陸戦の王者」といわれますが、王者だけにドローンや対戦車ロケット砲などライバルや強敵も多いのです。王者の座は、もう過去のものになってしまっています。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング