【初月無料キャンペーン中】gooドクター

ツイッターは10年前くらい、ツイッターが始まった頃あたりから使っていて、その頃はだいぶ楽しんでいました。毎日ツイートして、仲のいい人もできて、実際にそういう人たちと会ってみたり、かなり楽しんでました。
でもここ数年は面白くないです。ツイッター利用者が増えてきたため、ハードルが低くなり、全体的にレベルが低くなっているのが原因かもしれません。
そして他のSNSでつながった人とツイッターでもつながるようになったのですが、やはり冷めた目でしか見れないのです。
なんか、どこかで拾ってきたようなスピ的な言葉をツイートして、それに対して、そうだよね、がんばろうね、とかいうやり取りを見てると、なんかなーと思ってしまいます。
また、私はこんなことをはじめました!とか、こんなふうに成功しました!とか、自慢気にツイートしているのを見ると、はいはい、とか、何を偉そうに、としか思えません。
なんか、ツイートを見てると、みんなガキにしか見えない(言葉悪くてすいません)です。だから自分もほとんどツイートしなくなって来ているのは仕方ないと思うのですが、その仲間たちがツイッターだけでいろいろ話すこともあり、盛り上がっているのを見ると、置いていかれている感があって、疎外感みたいなのも感じてます。

多分、自分の精神的なものが上がってきているんだと、自分では思っています。すでに体験したこと、理解したことを自慢気にツイートする人がいるので、ため息しか出ません。
かといって、ツイッターをやめる気はありません。

こんな思いに共感してくれる人はいませんか?お前が悪いんだよ、とかいう批判はしないでください。なぜならこれが純粋な気持ちなので。共感できない人はスルーしてください。
とりあえず、ツイッターで苦しんでいることは確かです。

gooドクター

A 回答 (2件)

・今はとても冷めた目で見ている自分がちょっとおかしいのか、と思っていたところです。



この現象は社会のうねりというか、、、
個人的にひっそりと、こそこそと話す場じゃなくなって、
公共的な場での会話に変わったということかと思うかな。
だから、ツイート内容もなんというか、気兼ねなくなんでも言葉選ばず話せたものです。
よくもわるくも、いい言葉も、悪い言葉好きなようにツイートしてましたね。
いまは、違いますよね。
わたしもツイートする時には発言をつねに考えてます。
なにせ、どこで事件に絡んだり、炎上なんてもありますから。

・んー、じゃあツイッターは卒業したという感じですかね。何か他のものを求めているのかな?違和感を感じてるということは、違う世界観になってきたのかな。
同じような感覚を持っている人がいて、嬉しいです。

Twitterを卒業した?というか大きな変化、まるで違うサービスになってしまったので、つかいにくく感じたのではないでしょうかね。
上記でも書きましたが、ほんと自由でしたから。
いまは、世間で話している感覚ですよね。大事になりかねないですからね…

同じような感覚をもっているひとはいるはいますよ。
こうやって大きく変化していくときに、
長く付き合ってきた、Twitterの仲間とはよくはなしましたよ。
この大きな変化についてね。
特に、社会的に大きな影響をもった事とか、
あとは、さまざまな世代がやりはじめたこと。とか。
初めからやっているTwitterの仲間はみんなびっくりしてましたね。
まさか、こんなに変わるとはおもっては誰もいなかったですから。

これは、やはりスマホの登場が一番大きな要因でしょうね。
Twitterをやっていて感じたのですが、
スマホ普及すると比例するように、ユーザー数が急激に増えて、学生や若者、主婦など多様な世代がやりはじめたをひしひし感じましたね。

あなたはこの変化についていけてないのかも…?
なんても思いました。
まあ、でも情報収集としてのツールで考えればとてもいいかと思いますよ。
コミュニケーションツールとして考えるからそのようになるのかも。
コミュニケーションは少々という感じの使い方のほうがいいかもしれせん。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、たしかに今は、ツイッターは情報収集のために見ているだけで、交流はほとんどしていません。地震やコロナについての情報は、やはりツイッターが一番はやいですからね。
やっぱりツイッターの変化についていけない人もいるんですね。なんか安心しました。やはりスマホが普及して変わってきたんでしょうね。

お礼日時:2021/07/25 16:42

わたしも上陸したぐらいからやってますね。


10年以上、11年以上かな。
ぐらいですね。
私が思うに、、、
当時のTwitterと今のTwitterは別物ですよ。
別物として考えた方がいいかと思います。
あの当時は、基本はPCでしかできなかったし、やっているユーザーもPCやネットが好き、やっているひとに限られていました。
一般人といえば一般時ですが、いまのユーザーとは別物です。
学生もいれば、社会人の20代若手、主婦から、おじさん、おばさん。
まさに、老人を抜かした、ほぼ全世代といいってもいいかと思います。
そして、ユーザー数も莫大に増えました。
Twitterとは、ユーザーお互いに使うことにより、そのTwitterの意味合いが変わる機能にもなっていますし、そういった、ユーザー層やユーザー数の大きな変化により、当初のTwitterと現在のTwitterではまるで違うSNSといっていいかと思います。
ほんとまるで違うサービスといっても過言ではないと思います。
わたしも10年以上やっていて、それはとても感じます。

当初は、個人、個人のグループという感じでしたが、
いまは違います。社会ですよね。これは。
社会の声が広がる世界という感じじゃないかな。

なので、わたしが使ってきたうえでの変化は、
以前は個人との会話、もしくは個人のさまざまなつぶやきがメインでありましたが、現在は社会の声、そしてニュース、といった情報収集かな。ま、でも、今でも当時のからの付き合いのユーザーとTwitterで話したりもすることもありますけどね。あくまで、TLがどうのこうのじゃなくて、個人的な趣味の話や日常の話をしてます。
このようにだいぶ使い方が変化しましたね。
こういった、変化があなたは少し違和感があるのかもしれません。
なにせ、Twitterといっても、私が上記でいったように、
過去のTwitterとはまるで違うものとなっているので。
そして、このTwitterが社会的にとても影響力をもったことも大きいでしょうね。
事件にもなりますし、とてもいいこととして機能したこともあったでしょう。
事件ですと、大手ファストフード店のスタッフが職場でイタズラしてそれがばれて事件沙汰になったとか。
いいこととして機能したのは、3.11で助けの声をあげたて、助かったりとか。
社会的に良くも悪くもとても影響力あるツールと変化したのも大きいと思います。
始まった当初とはほんとまるで全く違うサービスとなっていると思いますよ。

って思いますよ。
まるで違うですよ。

プラスさらに変わったのは機能でしょうね。
あの当時から比べるとかなり機能が追加されたりもしましたよね。
そのあたりも大きな変化かと思います。

長い時をへて、このように大きく変化したから、
あなたは違和感を感じているじゃないかと思います。

でも、あなたのいっていることはわたしも多少なりとも感じてはいますけどね☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。こういう話を誰かとしたことがあまりないので、こういうアンサーはとてもためになります。
やはり、ツイッターは以前とは変化していますよね。利用者も変わってきたし、社会的にも大きくなってきている。それだけ昔のコミュニティ的なものは失っているのかもしれませんね。
そんな繋がりが良かったのですが、今はとても冷めた目で見ている自分がちょっとおかしいのか、と思っていたところです。
んー、じゃあツイッターは卒業したという感じですかね。何か他のものを求めているのかな?違和感を感じてるということは、違う世界観になってきたのかな。
同じような感覚を持っている人がいて、嬉しいです。

お礼日時:2021/07/25 13:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング