私は日本生命の“健康充実宣言”に加入していますが、
“生前給付完全パック”のなかに“がん・急性心筋梗塞・脳卒中と診断されたとき”保険金がおりる“あすりーと”というのがあるんですが、知り合いが保険の見直しをしたときにネットなどで調べてみたら『癌は癌でも早期発見で初期の初期っていうときはでないらしいからやめて別のにした』というのです。
例えば、女性が自分の胸に小さなシコリを見つけて検査したら悪性だったので入院して手術、放射線治療。という場合など、確かに早期発見かもしれないけど乳ガンは乳ガンですよね?そういう場合でも保険金は支払われないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちわ。


 えーと、加入初期の免責期間(90日)についての質問ではないですよね。

 初期がん、いわゆる上皮内ガンと言われるものが、あすりーとでは支払対象外になると思います。N社に限らず、特定疾病保障保険(定期型・終身型)は上皮内ガンの支払はありません。
上皮内ガンとは、粘膜の一番上の上皮内に留まっていて、一番下を構成している基底膜が破壊されていない状態を言います。
 ご質問の、乳ガンの診断であれば問題なく支払われると思います。

 がんの心配なら、やはりがん保険を考える事をお勧めします。今年の1月からこの分野が本格的に解放されたので、色々な会社から色々ながん保険が出てます。最大手のアメリカンファミリーのがん保険が上皮内ガン不担保、65歳以降診断給付金等半減、などあまり宜しくない特徴があったので、1月以降は改善された商品が多数増えました。
1月以降は診断給付金複数払い、というがん保険が増えました。(1月以前にもあったのですが急に。)2年経過後の再発・転移に備えられるといのがポイントです。(会社により支払要件は異なります。)例えば、上皮内ガンで診断給付金をもらった後に何年か先(何十年か先でもいいんですが)に再発した場合に、軽い上皮内ガンで給付金が終わってる場合はその後本当に必要な時、欲しい時に診断給付金がないという状況が考えられます。一回こっきりよりも複数回払の方がお勧めできます。現在加入のN生命では一回こっきりですから他社の方がいいでしょう。(ちなみに保険料もN生命高いです。私共ではN生命の保険も取り扱ってますが、がん保険は勧めません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

がんについては再発って事も考えて保険に入らないとだめですよね?
自分に何かあったときに出来るだけ家族に迷惑をかけないようにと、すすめられるままによく考えもせずに入ってしまったもので・・・
この機会に保険を見直して見ようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 21:02

こんばんは!


結構充実宣言というのは、パック商品です。
終身保険に「あすりーと」「フォワード」「ナイスケア」の特約をつけて死亡保障が1000万円になるものをそう呼びます。

さて、ご質問の「あすりーと」ですが、免責は下記の通りです。

1.上皮内ガンおよび皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん
(上皮内ガンとは、子宮ガン0期・非浸潤ガン・食道上皮内ガン・など病変が上皮内ガンに限定しているものをいいます。)
2.責任開始日から90日の間に診断確定された乳房の悪性新生物(乳がん)

この場合は支払われません。

多分ご質問の乳がんについては2のことだと思われます。

契約して(申込書に記入押印・一回目の保険料・審査または告知いづれか遅い方)から90日以上経った場合には支払われますのでご心配なく・・・

他の保険でその部分も支払われるものがあれば、そちらの方がいいのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

早期発見でもちゃんと支払われるのですね?
安心しました。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 20:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家内が保険に入った直後に癌(ガン)になってしまった!

生命保険に入った直後に子宮体ガンになってしまい、全摘出手術をしました。以下の内容で保険は出るのでしょうか?また、保険会社に落ち度は無いと思われますか?
まず、告知に関してですが、不妊の治療の通院をしていることと、流産を3年前に経験しているので、その事を保険のセールスの人に相談したところ、
(1)流産に関しては、3年前でその後それに関しての後遺症も無くそれに関して治療もしていないので、告知する必要は無い。
(2)不妊の治療に関しても子供を作る為の治療で、それは美容整形と同じで病気で体が悪くて通院治療をしているわけではないので、これも告知する必要は無い。
と言うアドバイスでしたので、そのことは告知せず契約しました。
ところが今回、契約をして一ヶ月後に子宮体ガンがあることがわかり前述の結果になってしまいました。
そこで、セールスの女性に相談すると、入って一ヵ月後になった場合、調査が厳しいので保険が出ることはおろか、契約解除となって5年間は保険は入れない可能性が大きいですよと言われました。
また、今回請求しなければ、告知義務違反は2年なのでそれ以降にガンが再発しても保険が降りるので今回はやり過ごして請求しない方が良いですよと言うのです。また、数年後再発をしたときに、また、セールスレディの言うことを信じて、その時に告知義務違反だとか言われて出なかったとしたら大変です。
今、出ないと言うことなら、いくら2年以上経って肺ガンなどになった場合、いくら別の部位でも関連性を言われて(転移など)出ないと思うのですが?
請求されるとセールスレディに入ったボーナスを返さなければならないとか、契約時告知しなくて良いということをアドバイスしたのがばれてしまうとまずいとか、そういうことももしや有るのではと思ってしまいます。
どなたか本当に困ってますので、アドバイスお願いします。

生命保険に入った直後に子宮体ガンになってしまい、全摘出手術をしました。以下の内容で保険は出るのでしょうか?また、保険会社に落ち度は無いと思われますか?
まず、告知に関してですが、不妊の治療の通院をしていることと、流産を3年前に経験しているので、その事を保険のセールスの人に相談したところ、
(1)流産に関しては、3年前でその後それに関しての後遺症も無くそれに関して治療もしていないので、告知する必要は無い。
(2)不妊の治療に関しても子供を作る為の治療で、それは美容整形と同じで病気で...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくおねがいします。
まず、はじめに保険開始から90日間にがんなどの腫瘍になった場合は、たとえ告知のときに本人、また営業マンが知らなくても給付金はおりません。
 1の件ですが、営業マンの落ち度です。法令違反にあたります。病気経過5年以内のものは、告知をする義務が生じます。また、がんなどの重要な病気は、10年未満において
告知の義務が生じます。
 2の件も例え病気でなくても医療機関に治療をしてる場合は、加入時点での告知が義務付けられています。
 ですから、今回の件は、会社というより営業マンに重大な問題があります。
 がんになって現時点で請求せず、2年後に違う病気で請求しても足跡が残っていますので、むりです。
 ただし、3年を超えてしまえば保険会社は、たとえ告知義務違反をしていても解約、解除をすることができないと定められています。が、引き受け経過2年を超えたものに対して部位担保割り増しが掛かる可能性があります。また、その部分だけ支払われないとか、発生した日から数年間は、その部分だけ支払われない。とかになることが考えられます。
 はっきりいってその担当者は、金融機関から解雇処分を
うけます。しかし、そのような人が生命保険会社にいること自体間違いです。人の命のリスクを正当な評価と代償を
引き受けているわけですから。

はじめまして、よろしくおねがいします。
まず、はじめに保険開始から90日間にがんなどの腫瘍になった場合は、たとえ告知のときに本人、また営業マンが知らなくても給付金はおりません。
 1の件ですが、営業マンの落ち度です。法令違反にあたります。病気経過5年以内のものは、告知をする義務が生じます。また、がんなどの重要な病気は、10年未満において
告知の義務が生じます。
 2の件も例え病気でなくても医療機関に治療をしてる場合は、加入時点での告知が義務付けられています。
 ですから、今回の...続きを読む

Q日本生命の10年前のがん保険「あすりーと」知っている方お願いします。

がん保険の更新時期が来たので見直しを考えています。

現在32歳。未婚。
日本生命の10年前のがん保険で1000万円の保障。
年34,610円の保険料が更新後、年49,840円になります。
3大疾病になった場合に1000万円が一括で支払われ、
非課税だと言われたように記憶しています。

現在の各社がん保険とは違い、入院給付金・手術給付金等の保障内容ではなく一括支払いだったように思うのですが・・・。
なにぶん10年前に加入したので記憶が曖昧です。
(設計書失くしてしまいました。)

がん家系のため、がん保険は重要だと考えていますので、
更新するべきか、別会社のがん保険に加入するかで悩んでいます。
更新しない場合は、どのような保障が良いのかもアドバイス頂けたらと思います。
よろしくお願いします。

※定期付終身保険にも入っていますが、そちらも見直そうと考えています。

Aベストアンサー

設計書は、保険口座を開設のうえ、ニッセイのホームページ内で見ることができますよ。
がん家系なら、「あすりーと」の更新を続けることをお勧めします。
私の身近な人(男性、当時34歳)で、難治がんである消化管間質腫瘍に罹り、「あすりーと」より保険金2千万円をもらいました。
この病気の唯一の薬は、当時消化管間質腫瘍には未承認でした。
この薬を病院より処方してもらうなら、混合診療禁止ルールのため、健康保険が使えなかったのです。
仕方なく、この薬を個人輸入していましたが、購入代が月額30万円も掛かってしまいました。
さらに保険適用されていない「自家がんワクチン」も併用しているので、益々医療費が嵩みました。
日本は、未承認の抗ガン剤が少なくありません。
もしも、貴方ががんに罹り、未承認の抗ガン剤を使用することが最良だったとき、多額の現金が必要になります。
がん保険では、一度に多額の保険金は得られませんが、「あすりーと」ならば得られます。
あなたも「もしも」のために「あすりーと」に入りましたよね。
「もしも」のために継続することをお勧めします。
なお、この「あすりーと」は超初期のがんでは、保険金が出ないのでご注意下さい。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/iryou/saisin/sa262501.htm

設計書は、保険口座を開設のうえ、ニッセイのホームページ内で見ることができますよ。
がん家系なら、「あすりーと」の更新を続けることをお勧めします。
私の身近な人(男性、当時34歳)で、難治がんである消化管間質腫瘍に罹り、「あすりーと」より保険金2千万円をもらいました。
この病気の唯一の薬は、当時消化管間質腫瘍には未承認でした。
この薬を病院より処方してもらうなら、混合診療禁止ルールのため、健康保険が使えなかったのです。
仕方なく、この薬を個人輸入していましたが、購入代が月額3...続きを読む

Qガン付き医療保険加入後すぐガンとの診断。

ガン特約付きの医療保険に何気なく加入してまだ90日経過していません。
責任開始日は8/1~です。。。
保険加入後に何となく病院へ行ったら病気が見つかり
紹介状を貰って大学病院で手術をしました。
すぐに、保険会社へ電話をし診断書待ちです。
そしてその後、何気なく受けた子宮ガン検診で
2度の細胞診でIIIa中度異形成→IV上皮内ガンと診断され
今は、組織診の結果待ちです。
1泊の入院で円錐切除手術をします。

この時点で私の医療保険は無効ですよね?
2度目の細胞診でガンと診断されてたら
もし、組織診の結果が高度異異形成とかでも・・・。

この保険が無効になるのは仕方ないので諦めていますが
無効になる場合
現在、診断書待ちの外科手術の給付金ももちろん
円錐切除手術も払われないですよね?

全くの無知でおかしな質問をしているかもしれませんが
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

めんどくさいので、適当に普通とはちょっと違うソニー損保のSUREを例に回答してみますね。
SUREは医療保険にガン特約が付いているのではなく、ガン保険に傷害および疾病危険担保特約というのが付いてます。

医療保険(特約も含み)は基本的に罹患ベースで判定していきますので、
不填補期間というのはありません。しかし保障開始以前に罹患したものについては保証しません。
ガン保険(特約も含み)は罹患ベースと確定診断ベースの二つの判定方法を取る保険に分かれています。
確定診断ベースの保険には不填補期間が設定されます。罹患ベースの保険には不填補期間はありません。
どちらが優れているというより、どちらにも利点もあれば問題もあります。
SUREの主契約であるガン保険は確定診断ベースなので不填補期間が90日と設定されています。

と、此処までは、質問者には関係ないですかね。
いやいや、関係はありますのです。

ガン保険で不填補期間中にガンと診断されたら、保険は無効になりますので、告知に問題のなさそうな質問者の場合、保険料が全額返戻で契約そのものが無かった事になります。
●がん保険普通保険約款
●第6章保険契約の無効、失効および解除
●第17条(責任開始期前のがん診断確定による保険契約の無効)
のところ。

それでガンと診断される前の治療について
●傷害および疾病危険担保特約条項
●第14条(この特約条項が付帯された保険契約との関係)
要するに、がん保険普通保険約款の第17条を適用された場合、特約も自動的に無効になります。

が、
●第15条(この特約条項が付帯された保険契約の無効の特則)
この特則で、無効判定の原因となったガン発覚以前のガンに関係ない疾病によるにつては、保険金を払うと規定されています。

支払い対象になる可能性はある。
しかしながら5月1日からの責任開始(保障開始)として、手術したものが、責任開始以前に罹患していたのか?いないのか?という問題は残ります。
質問者さんの手術や疾病内容が判りませんので、それについての判定はできませんし、妄想もできません。

円錐切除手術については、ガンと診断されたら円錐切除手術についての費用も補償対象外です。ガンじゃなければ支払い対象です。
但し、その他の診断内容も影響してきますから、質問から解る範囲内での回答であることは、再度、言い逃れしておきます。

更に
この回答は、あくまでも適当にソニー損保のSUREを例にした回答なので、
他社の医療保険・ガン保険には流用できません。

めんどくさいので、適当に普通とはちょっと違うソニー損保のSUREを例に回答してみますね。
SUREは医療保険にガン特約が付いているのではなく、ガン保険に傷害および疾病危険担保特約というのが付いてます。

医療保険(特約も含み)は基本的に罹患ベースで判定していきますので、
不填補期間というのはありません。しかし保障開始以前に罹患したものについては保証しません。
ガン保険(特約も含み)は罹患ベースと確定診断ベースの二つの判定方法を取る保険に分かれています。
確定診断ベースの保険には不...続きを読む

Q医療保険のガン特約とガン保険の医療特約

こんばんは。
今年30歳になる会社員です。
妻一人、子供は一人は欲しいと考えています。

医療保険の加入を考えて半年近く経過します。
医療保険に加入しようと決めて保険会社もプランもほぼ決めたころに
ガン保険の存在が大きくなり、いろいろ考えたのですが、
件名にあるとおり、特約をつけることで保障がほぼ同等になるのです。
どう加入するのがよいのか決めかねてしまいました。

現在まで終身保障で60歳払い済みの医療保険に加入しようと考えています。
自分の特約に対する認識を少し書きますので、
こんな利点、欠点があるとか、こんな基準を持って
望まなくては決められないなど、
どなたか補足してくださる方、お教えください。

●特約の利点
・安い
・保険証書ひとつにいろいろな組み合わせを作り
 保障を大きくできる。

●特約の欠点
・特約の中でのバリエーションが少ない。
 ガン特約ならこの金額の保障と決められていることが多いように思う。
 →主契約は自由度が高いので、必要性によって主契約を
  医療にするか、ガンにするかを決めればよい?!
・定期の特約の場合、更新されると保険料が跳ね上がる。
 (要確認)
・保険会社が破綻した場合、主契約ですら満額引き継がれる
 とは限らないのに、特約は引き継がれる保障もない。

●医療保険+ガン特約
医療保険自身はガン保険を主契約にするより高めだが、
ガン特約が安いので合計するとそれほど変わらない?
終身保障でも終身払い、払い済みが選べるものが多そう。

●ガン保険+医療特約
終身保障のものは、終身払いのものが多そう。
月額は確かに安いのですが、ずっと払いつづけるのは年金を
当てにできるかわからないので、一抹の不安がよぎっています。

すみませんが、よろしくお願いします。

こんばんは。
今年30歳になる会社員です。
妻一人、子供は一人は欲しいと考えています。

医療保険の加入を考えて半年近く経過します。
医療保険に加入しようと決めて保険会社もプランもほぼ決めたころに
ガン保険の存在が大きくなり、いろいろ考えたのですが、
件名にあるとおり、特約をつけることで保障がほぼ同等になるのです。
どう加入するのがよいのか決めかねてしまいました。

現在まで終身保障で60歳払い済みの医療保険に加入しようと考えています。
自分の特約に対する認識を少し書きま...続きを読む

Aベストアンサー

>●ガン保険+医療特約
終身保障のものは、終身払いのものが多そう。
月額は確かに安いのですが、ずっと払いつづけるのは年金を
当てにできるかわからないので、一抹の不安がよぎっています。

がん保険が主契約のもので、終身払いだから、決めかねている。
そんな感じですかね?

がんになる確率と、がんも含む入院の確率。
明らかに、後者の方が大きいですよね?

なぜ、がん保険を主契約にしなければならないのか?
そのメリットとはなにか?
保険料が安いというだけなのか。。。
医療特約は終身保障されるのでしょうか?
そのためには終身払いするしかないのでしょうか?

>●特約の利点
・安い
・保険証書ひとつにいろいろな組み合わせを作り
 保障を大きくできる。

この場合、特約の利点は、安い以外ない。
証券が1枚でも2枚でも3枚でも、保障は一緒であり、
利点と呼ぶほどのことではない。
保険会社が1社2社3社というのなら話は別。
それと、保障を大きくしたり変更したりするのは、どんな保険でもほとんど可能。2枚あっても、そのうち1枚だけ大きくすることもできるし、2枚とも大きくすることも出来る。
通販などの、セット商品に加入してしまうと、上記のようなバリエーションの問題は発生する。安さを追求した商品だから、バリエーションを持たせる(それに付随した変更や増額など。)コストを削減した為。そうなると、途中で変更や増額も出来ないし、使い勝手が悪くなる。でも、安い。

究極は、
医療保険とがん保険両方入れば何にも問題はない。
または、バリエーションが選べる保険会社の医療保険を選べばいい。ただし、保険料はセット商品や通販に比べると割高。
私の勝手な憶測だが、バリエーション=保険金額・入院日額の変更や選択のこと思っての回答。
がん初期保障~などの特約のことではない。

保険料との兼ね合いで~とお考えならば、
安い方を選べばよい。

保障を重視で~とお考えならば、がんのバリエーションが多くても、肝心の医療保障のバリエーションがなければ、お話にならない。

最初に書いたように、医療保険の目的は、
「病気や怪我での入院」
であり、がん限りの保障ではない。
「がん」という病気「ひとつだけ」で考えるならば、他の病気・怪我がおざなりになるでしょう。

将来的に、がん以外の病気や交通事故で入院される確率もある。がんになる確率と、がん以外で入院する確率を考えれば、いいのでは?

sarsのように、不意に出てくる病気もありますからね・・・。

>●ガン保険+医療特約
終身保障のものは、終身払いのものが多そう。
月額は確かに安いのですが、ずっと払いつづけるのは年金を
当てにできるかわからないので、一抹の不安がよぎっています。

がん保険が主契約のもので、終身払いだから、決めかねている。
そんな感じですかね?

がんになる確率と、がんも含む入院の確率。
明らかに、後者の方が大きいですよね?

なぜ、がん保険を主契約にしなければならないのか?
そのメリットとはなにか?
保険料が安いというだけなのか。。。
医療特約は...続きを読む

Qガンと診断されたとき500万円の給付金が出るガン保険

いつもお世話になります。

今、ある弁護士さんが書かれた闘病記を
読んでいます。
その著書には「ガン患者とお金」についても
書かれています。
患者さんの共通の悩みはやはり経済的なこと
だと言うものです。
著者は免疫療法を受けますが、そこの院長先生に
『ガンと診断されたとき500万円の給付金が出る
ガン保険に入っていれば十分な免疫療法が受けられる』
と言われたとのことです。

自分がガンになったとき、免疫療法を受けるかどうかは
別にして、せめて経済的なことは悩まないで
治療を受けたいと強く思いました。
そこで上記のようなガン保険を検討しようと思います。

実際に『ガンと診断されたときすぐに500万円の
給付金が出るガン保険』ってありますか?
あるならどこの会社のどんな商品がおすすめですか?
お暇なときに教えていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、kyo-coさん。
うちの父親もがんにかかりましたがやはり最初はお金のことが心配でした。
がん保険はかけていましたので最初の時点で少しだけ安心して手術や入院に向き合えたのを覚えています。
さて、がん保険には各種類の内容の中に「がんと診断されてOOO万円」という診断給付金というのがあります。
たいていの保険は診断給付金と入院保険金、通院保険金がセットで更に各種特約を付ける形のものがほとんどです。
この中で診断給付金を例えば500万円にして行く形となるのですが、診断給付金を上げることで付随する入院給付金などの日額(一日当たりの入院時の保険金額)なども上げなくてはならないパターンがほとんどのはずです。
そうするともちろん全体的な内容の上昇となるので毎月支払う保険料が高額となってきます。
確かに保険でも備えて安心ですが、保険だけで賄うものなのか、貯蓄をしていきいざというときのために使うのかということを再度お考えいただき、用途や心配ない金額だけ補償として備えるという形でも良いかと思います。
保険はちなみにアメリカンファミリーでした。
請求書類など揃ってから支払いまでの期間は2日くらいでした。
現在はアメリカンファミリーを扱う一代理店ですが、贔屓目でなく支払いに関しての評価は高いようです。
ただ、特約など内容がたくさんあったり、セットで販売をしていて保障のつけはずしもできるのでよく話を聞いていただいてからの契約がよいかと思います。
他にも自由診療も対象となる保険など様々な内容があります。
漠然とではなく、どのような内容の保障が自分には必要なのか考えていただき、資料を比べてみてください。
そしてまたわからない部分で質問していただければ自分にあった保険を契約できるかと思います。

はじめまして、kyo-coさん。
うちの父親もがんにかかりましたがやはり最初はお金のことが心配でした。
がん保険はかけていましたので最初の時点で少しだけ安心して手術や入院に向き合えたのを覚えています。
さて、がん保険には各種類の内容の中に「がんと診断されてOOO万円」という診断給付金というのがあります。
たいていの保険は診断給付金と入院保険金、通院保険金がセットで更に各種特約を付ける形のものがほとんどです。
この中で診断給付金を例えば500万円にして行く形となるのですが、診断給...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報