【初月無料キャンペーン中】gooドクター

司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」と「飛ぶが如く」は同じ時代を描いてるみたいですが、内容的にどう違うのですか?読むとしたらどちらがお勧めですか?

A 回答 (2件)

内容的にどう違うのですか?


 ↑
坂の上は、日清、日露戦争を舞台にした
秋山兄弟の小説です。

翔ぶが如くは、西郷隆盛と大久保利通の
友情と対立を扱った小説です。



読むとしたらどちらがお勧めですか?
 ↑
坂の上ですね。
日本はなぜ勝てたのか、という考察は
非常に説得力があります。

翔ぶが如くは、あまり印象に残って
いません。
司馬遼太郎にしても、西郷の人間性は
描くのは難しかったのだろうと
思います。
    • good
    • 1

飛ぶが如くは、西郷隆盛の西南戦争まで。


坂の上の雲は、そのあとの大正時代、日露戦争を描く。
どちらもイマイチ、書ききれてないような。。
順番として、竜馬などの幕末モノを読んだ後、その少し後の時代までということで、飛ぶが如くをお勧め。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング