教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

ブラック業界で知られるアニメ業界ですが、人材が溢れるくらいいたらブラック問題は解消されるのでしょうか?

A 回答 (7件)

解消されないんじゃないの?



基本的にアニメの会社ってそもそも回すのが自転車操業的なんだよな。
恒久的にアニメを作り続けないと存続出来ない体質になっている。
そして元請けになれる程の資本力もない。
99%くらいは下請けしか存在しないし、そもそも企画力が無い会社が「あり過ぎる」ってのが問題なんだよな。需要と供給の関係で言うと、実は供給過多、って言った方が正しいと思う。人材は足りない、って言ってるけど会社の数はチャンネルの数に比するとむしろ多すぎるんだ。分裂しまくりのせいだ、って言い方が出来るだろうけど。
そいつらは単独で自活出来る程の組織ではないんだよなぁ。何故なら「制作物」に関する権利を押さえられない立場の側だから。

だから人材が・・・ってのはあんま関係ないと思う。
今だと例えば出版社とかに制作物を買い叩かれるくらいの企業規模でしかない、ってのがホントのトコなんだよな。自分で企画上げるよりも出版社の発注を安く請ける下請けにならないとそもそも生きていけないんだよ。
でもそういう会社が無くなると、恐らく今あるスタイルの深夜アニメの90%くらいは消えるんじゃないかな?
アニメ観て喜んでる層には悪いけど、根本的に深夜アニメとか成り立ってるのってアニメ業界がブラックだから成り立ってるんだよね。
ブラック環境に感謝しようぜ(笑)。
    • good
    • 0

どのようなブラックなのかを知らないのですが、人材が足りなくて過労になるのなら解消は期待できるかもしれない。

しかし需要が多くて過労になるなら人材が増えたところで仕事量が更に増すので何も変わらないという状況になる。
    • good
    • 0

根本的な問題は解決されないので、答えはNOです。



日本のアニメの大部分はテレビ放映が前提となっています。
予算には上限があるし、スケジュールも非常にタイトです。
それなのに求められるクオリティは上がっている。

ここ10年ほどの間にチャイナマネーが大量に入ってきましたが、
間に入ってる会社が予算を分散させてしまう。
たとえば10倍の予算をもらったらそれで1本作りゃいいのに8本作っちゃう。
(2本分はもちろん彼らの利益です。苦笑)
結果、現場に回るお金は大して変わらない。

優秀な人材が増えればスポンサーと観客は喜びますが、
ブラックな体質には影響がない。

そんなところです。
    • good
    • 0

働きたいという人材が溢れるくらいいたので、「低賃金でもいい!!」って人たちを簡単に採用できるわけですよ。


そのため「1年間の生活費を貯金したから、(たとえ無給でも)アニメ業界で働く!」っていう方もいました。
そんな人たちがいるから、ブラック問題は解消されませんね。

まあ、1人身なら低賃金でもいいけど、結婚して家族を持つとなると転職しないとダメですね。

京アニはその業界を変えようと頑張っていたのですが、事件を乗り越えて、今後も頑張ってほしいものです。

P.S.
昔、あるアニメスタジオの社名入りの封筒(いかにもセル画が入っていて現在進行中と思える担当者名の記載があるもの)を電車の中で持っていたら、男性2人に「アニメータの方ですか?」と声をかけられたことがあります。やっぱりアニメ業界に興味ある方は多いと実感したものです。
    • good
    • 1

需要に対して供給が多ければ買いたたくのが普通なので


逆ではないでしょうか?
    • good
    • 0

"アニメを1つ作った時に作った側にお金がいくら入ってくるか"


という部分が低賃金の根元だと思います。
業界の慣例が固定化してこの部分の金額をなかなか上げられないのです。

なので制作側の人員が増えたところで、
逆にひとりひとりの取り分が少なくなりそうな気がします。
さらにブラック化。
    • good
    • 0

> 人材が溢れるくらいいたら


その職に就く事さえができなくなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング