【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

海外の科学番組によると次元数は11まであり、5〜11の次元が折り畳まれてするそうです。
疑問がわきました。質問します。
・折り畳まれている5〜11次元を展開する方法としてどういうものが考えられますか。
・それら高次元には時間を俯瞰する超時間的次元も含まれているのでしょうか。
・5〜11次元内の情報をわれわれが認識したり、また高次元内にわれわれが情報を書き込んだりする方法としてどのようなものがあるでしょうか。

A 回答 (3件)

次元の数に制限はありません。

無限です。
現実世界は4次元です。縦・横・高さ・時間ですね。
時間がないと永久に変化しません。というか、「永久」という観念もないですね。
次元数は、ソフトウエア上では簡単に作れます。
int a [10][10][10][10][10][10][10][10][10][10][10][10][10][10][10][10];
これが整数の16次元配列(C言語やjava)です。
折り畳まれている配列も作れますが、あまりわかりやすいものとは思いませんので、折りたたまない方がよいかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
人が認識できない次元についてもプログラミングを導入すればシミュレーションできそうですね。

お礼日時:2021/08/02 12:48

>海外の科学番組によると次元数は11まであり、5〜11の次元が折り畳まれてするそうです。



まず、相対論でも、量子論でも、数式の次元は、数学的には何次元でもいいわけです。ところが、現実は、3次元+時間の、4次元の時空であるわけで、過去の理論では、現実がそうなのだから、受け入れましょう・・・だったわけです。

ところが、例えば、超弦理論だと、波動の振動モードの累積を計算し、光子の質量がゼロになる制約をかけると、空間は、9次元に限定されます。実際は3次元なので、6次元は畳まれいるとみなすしかない・・・

ということです。

>・折り畳まれている5〜11次元を展開する方法としてどういうものが考えられますか。

展開云々の話ではありません。理論と現実の差を言っているだけの段階です。なーんだ、となるかもしれませんが、いままでは数学的に何次元でもよかったものが、理論的には9次元でなければならないことがわかるだけでもすごいことです。問題が、なぜ3次元なの?から、6次元はどうなっなのか?という具体的な課題に高度化したことになります。

・それら高次元には時間を俯瞰する超時間的次元も含まれているのでしょうか。

9次元は空間。時間を加えれば、+1次元です。また、派生理論では、空間を10次元にする理論もあります。

・5〜11次元内の情報をわれわれが認識したり、また高次元内にわれわれが情報を書き込んだりする方法としてどのようなものがあるでしょうか。

この理論は、標準理論のアップグレードであり、内部空間の振動によって、さまざまな素粒子の起源が、より根本原理によって解明されるってことですね。標準理論における未解決問題、重力の統合、階層の説明、超対称性性の解明、パラメータの数字の根本理論からの誘導などが、行われることで、ミクロのの物理現象がより詳細にわかる・・・・ってことです。

現実のマクロのは3次元であることは変わらないですし、3次元からは、高次元を現実として認識は出来ませんから、情報を書きこむ?などの、マクロイメージのことが起こるわけではありません。

あくまで、量子論があつかうミクロ現象としての現象解明や、量子コンピュータや、さまざなデバイスに応用されるということでしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
時間の流れに対するプールサイドのような次元はなく、高次元はみな空間なのですね。
母宇宙群のなごりと、今ある子宇宙群と、生まれつつある孫宇宙群それぞれが3次元を持ち、重ねると9になるのかもと思いました。

お礼日時:2021/07/30 23:20

たとえば、あなたが「水面」という2次元平面に生きている「あめんぼう」だとします。


空を飛んだり、水にもぐったりしないので、「水面」という2次元平面しか認識できません。

そのアメンボウにとって、上から落ちて来たボールが、水面を通過して水中に飛び込んだり、浮き上がって来て水面に浮いた状態で静止する様子をどのように認識するでしょうか。

また、そのアメンボウが地球表面の水面をどこまでも一方向に進んで行くと、いつの間にか元いた場所に戻ってしまいます(地球を一周して)。
自分が生きている「平面」は無限の広がりをもっていると認識しているのに・・・。

そんなことを想像してみてはいかがでしょうか。
自分が認識している次元を超えた次元の現象は、「五感」で正しく認識することはできないのだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
4次元において認識を幾何級数的に拡張させるヒトや機械の場合でもその高次元との関係のできなさは2次元アメンボウと高次元との関係のできなさの相似的反復にとどまるのか疑問に思いました。

お礼日時:2021/07/27 15:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング