お酒好きのおしりトラブル対策とは

変な疑問なのかもしれませんが,

電報って,その昔電話が各家庭についていなかった頃,急ぎ知らせたいことがあるときに使っていたものがそもそも?だと思っています。

結婚式の祝電とか,告別式の弔電とかも,遠くにいてその場に出席できないときに,とりあえず送っていたものだと思っています。

しかしなぜ今この時代になっても,電報は送り続けられているのでしょうか?
結婚式とかでも,職場関係の祝電が多数読まれていたりします。その場に出席していないにしても,毎日顔を合わせている人なのに。

NTTも,いろいろと新商品を出してPRしてますよね。

電報の利用価値って,私が思うに今さほど必要ないように思うのですが他の人にとってはそうでもないのでしょうか。
今後も電報は残っていくのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

会社で、総務担当しています。


個人的には、2回御祝電報を出した事があります。

でも、会社ではかなり(?)使っていますよ。
月平均1.5回は必ずですね。多い時は、4、5通は出します。(他会社に比べるとどうなのかな?)
内容はやっぱり慶弔関係。
お得意様や取引先へ出します。
(場合により、社員もあります。)
特に遠くてすぐにかけつけられない時や、行くほどでもないとか。社長が式に招待されてるけど欠席、でも気持ちは表したい・・・そんな時は便利なものなんだと思います。
結婚祝電報。
お悔やみ電報。取引先様就任祝。授章祝。等など・・・。

ほんと個人的には、あんまり利用価値ないと私も思います。(友達に出したら、喜ばれましたけど)
でも会社的には、便利なものなんだと思います。
その点だけ(会社企業)を考えれば、まだまだ今後も残っていくのかな?と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

企業間のお付き合い・・・
そうですね,電話やメールでもなく,電報がベストな雰囲気ですね。

個人でも,なかなかもらう機会ないから喜ばれるのかな?

ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/03 18:29

電報の99%位が慶弔でしょうね。



こんな例もあります。
台風で学校が休校になった時、1人だけ電話で連絡が取れませんでした。
電話を止められていたのですね。
仕方なく電報を打ちました。(笑)

最近良く聞くのはサラ金の取立て催促ですね。
電話に出ない場合がありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~,相手方が電話止められてるときとかは有効ですね。
それにサラ金の取立てですか・・・

私の思っている以外にも活用法があったのですね。
(でもやっぱりほぼ慶弔ですか)

どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/03/03 15:32

 こんにちは。



 これは、持ちつ持たれつの話ではないでしょうか。
 受け取った方は人脈を誇れる、送った方はお祝い(弔意)代わりになる(議員などですと、売名にもなりますし)ということだと思います。
 結婚式(葬儀)に祝電(弔電)を紹介をするセレモニーがなくならない限り、続くものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

なんとなく意味的にはそういうものかなあと思っていました。
今でもやはり電報はそういったときに最も適したツールなんでしょうかね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/03/03 15:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電報とは???

「電報」そのもののの意味が分かりません。

自分なりに調べましたところ、「電報とは、電信施設を使用して送受する通信文のこと」と書いてありました。
私が知りたいのは、かつて大学の合格発表を(サクラサクなど)など、電報で受け取る場合、受信者は受信機みたいなのが必要になるのですか?
それとも、手紙で配達されるのですか?それだと、時間もかかるし「郵便」になってしまうきがするのですが。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電報=電気で報せる。アメリカのモールスが電信機を発明しそれによって遠くまで情報を送れるようになりました。

最近の電報は、皆さんが回答されているように綺麗な台紙に印刷されております。申し込みも電話やインターネットなどで郵便局に直接行かなくてもよくなり、殆どが慶弔用になってしまいました。

昭和35年(正確では有りません)以前までの通信手段は電報と電話位でテレビも白黒で殆ど普及していない時代でした。電話の普及率も現在とは比較にならない位低かったのと電話料金がひじ用に高かく電報の方が早く、安上がりたったのです。又電話の無いお宅には電報で知らせるしかなかったのです。
A局からB局へモールス信号(トンツー・トンツー)で送られ、それを家庭へ配達されました。
郵便局(現在の特定局でも電信機が有りそこから送りました)には電信依頼紙が備えられていてそれに書きましす。一字○円で濁点も一字に数えられましたので、可能な限り短文で要点のみを送りました。「今無事に着きました、皆さんに報せてください」を「イマフシチャク、ミナニホチセヨ」とか、どうしてもお金が必要になり下宿先の息子が親にお金を送って欲しい時には「カネオクレ」と打ちました。(これには「ノマズニネテイロ」という返事が来たというエピソードがありますが…)
郵便局では届先の一番近い局へ、モールス信号で送ります。受け取った局(それも手書きです)には電報配達人が居て、配達に出ます。玄関をドンドンと叩いて「電報!電報!」と叫んで配達しました。

仰るように現在の電報は、郵便と変わらなくなりました。綺麗な台紙が欲しいがために利用している感があります。私が大学受験のときは、結果は郵便にしますか、電報にしますかと聞かれたものです。

質問者さんはお若い方と推察しますが、当時のことは想像すら出来ないかも知れませんが、私は現在が余りにも便利になりすぎて戸惑いを感じます。

拙い説明を長々と書きました。下記の逓信博物館へ行くと電信機の実物を見ることが出来ます。

参考URL:http://www.teipark.jp/

電報=電気で報せる。アメリカのモールスが電信機を発明しそれによって遠くまで情報を送れるようになりました。

最近の電報は、皆さんが回答されているように綺麗な台紙に印刷されております。申し込みも電話やインターネットなどで郵便局に直接行かなくてもよくなり、殆どが慶弔用になってしまいました。

昭和35年(正確では有りません)以前までの通信手段は電報と電話位でテレビも白黒で殆ど普及していない時代でした。電話の普及率も現在とは比較にならない位低かったのと電話料金がひじ用に高かく電報の...続きを読む

Qwikipediaは本当に寄付を募ってますか?

wikipediaを開くと、ここ最近、募金の広告が隅に出るようになりました

これはみんなにそうなのですか?私とかの一部ですか?

そして、これもやはり詐欺でしょうか?

または本当に維持にお困りなのでしょうか?

Aベストアンサー

(o´∀`o)ノ【本当に寄付を募っている】

日本,アメリカなどのWikipediaで正式に寄付を募っているようだ。

百科事典サイトで『無料』という性質上,サーバー維持費などが想像以上にかかるのだろう。

Wikipediaは情報源としては,信憑性のあるものであるから,募金をしてその活動を支援するのもいいと思う。


■広告について
主に,URLが
 http://ja.wikipedia.org/
 http://ja.wikipedia.org/wiki/メインページ
トップページなどで,サイト上部に以下のようなメッセージが表示される。

ウィキペディア読者の皆さまへ。
私たちは独立性を守るため、一切の広告を掲載しません。
また政府からの援助も受けません。
私たちは平均¥1,500ほどの寄付で成り立っています。
今、あなたの支援が必要です。
もしこのメッセージを読んでくださった皆さまが¥700の寄付をしてくだされば、この募金活動は1時間以内に終わるでしょう。
私たちは小さな非営利組織ですが、世界で5番目に大きなウェブサイトを運営するためのサーバー、スタッフ、活動費といったコストがかかります。
ウィキペディアは特別なものです。
例えるなら、みんなの図書館や公園のような、誰もが考えて学ぶことができる場所です。
もしウィキペディアを便利に感じてくださるのなら、また1年広告なしで運営できるよう1分のお時間をください。 どうもありがとう。

参考URL:http://en.wikipedia.org/

(o´∀`o)ノ【本当に寄付を募っている】

日本,アメリカなどのWikipediaで正式に寄付を募っているようだ。

百科事典サイトで『無料』という性質上,サーバー維持費などが想像以上にかかるのだろう。

Wikipediaは情報源としては,信憑性のあるものであるから,募金をしてその活動を支援するのもいいと思う。


■広告について
主に,URLが
 http://ja.wikipedia.org/
 http://ja.wikipedia.org/wiki/メインページ
トップページなどで,サイト上部に以下のようなメッセージが表示される。

ウィキペディア読者の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報