パソコンを使った広告関連の地域振興事業をしようと準備しています。ある程度のお金が動くことが見込めるので、会社にしておきたいと思うのですが、先立つお金がまったくありません。各種助成金などをうけたりしてなんとか企業したいと考えているのですが、分からないことがいっぱいで困っています。詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

○あまりにも漠然としているので申し訳ないのですが、私のような人が使える助成金というのがあるのでしょうか。
○助成金の場合、返済はどれくらいの期間でするのでしょうか、もしくは融資と違うから返済しなくてもいいのでしょうか、あるいは売上のいくらかをずっと支払うのでしょうか?
○助成金関連の詳しいサイトがありましたら教えてください。

いろいろ質問ばかりで申し訳ないですがよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

会社にする場合、株式会社は資本金1000万円、有限会社300万円が必要ですが、合資会社と合名会社は資本金の規制がありませんから、少額で設立できます。



また、助成金は返済の必要が有りません。
助成金については、条件がいろいろ有ります。
下記のページが参考になります。

公的資金検索システム
http://ksdb.cal.co.jp/kensaku/index.cgi

各種助成金・資金調達
http://www.businessp.co.jp/jyosei/jyosei.htm

ビジネスプランの起業お役立ち情報
http://www.businessp.co.jp/

開業相談
http://www.urayasu-cci.or.jp/soudan/kaigyou.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり助成金は返済の必要がないのですね。
詳しく分かりそうなページを紹介してくださって有難うございます。さっそく拝見してきます!有難うございました。

お礼日時:2001/08/27 13:15

下記の中小企業庁のHPに様々な施策情報が掲載されてます。

「施策ガイド」をご覧下さい。

また、助成金は基本的に返済の必要はありません。
一方、融資という場合は返済の必要があります。

もし、従業員を雇う予定でしたら、「中小企業雇用創出人材確保助成金」などが使えるのではないかと思います。
助成金じゃないとしたら、国民生活金融公庫の「新規開業者特別貸付」や、その他中小企業創造活動促進法がらみの各種の融資制度など多数あります。
「地域振興事業」を押せば色々と使えるものは出てくることと思います。

とりあえず、お近くの「地域中小企業支援センター」や「都道府県等中小企業支援センター」で、窓口相談されることをお勧めします。
税理士や中小企業診断士などの専門家の先生が無料で気軽に相談に乗ってくださいます。

参考URL:http://www.chusho.meti.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無料で相談にのっていただけるんですね。てっきり高額な相談費用をとられるのでは?と思っていました。一度相談してみることにします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 13:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公的資金注入

国民の半数以上の人がりそなへの公的資金注入に反対しています。

自分の口座がある金融機関が破綻するのと、公的資金投入となる今回のようにどちらがいいと思いますか?
それでも公的資金注入に反対しますか?

Aベストアンサー

私もTVで公的資金注入に反対が40%?くらいいるを見て??と思いましたが、、、思い出して見れば1000万円保証ありましたもんね。普通預金は全額OKだし。
 ですから、破綻銀行に預金が1000万円以下で、サブの銀行に取りあえず分を用意してあれば、「反対」するのは可能ですよね。メガバンクだから潰れない、という雰囲気を作るより、”潰れる”ものは、”潰れる”と言う方向のほうが、融資などで直接関係してない人々は、長い目で見たら、そう方が、自分達のため、と考えても、「無理」はないです。(現実は、、難しいような)
 潰しても、同じ以上のお金がかかると、分かっていればですが。質問者さんの質問で、りそなの預金者が、どれだけ「反対」か知りたくなりました。全額保証される部類の人達が。
 私は、自分の口座がなくても、あっても僅かですが、公的資金注入に賛成です。ただし、行為に対して、それなりの責任を取って、全体(日本)のモラルが引き締まる方向であるならですが。

Q助成金、補助金のセミナー

助成金、補助金について学びたいと思っていますが、種類が多すぎよく分からないのでセミナーなどに参加しようと思っていますがネットで少し調べてみましたが助成金、補助金などのセミナーがあまりなく、どのようなセミナーに参加すればいいのか分かりません。どなたかいいアドバイスをいただけませんでしょうか。ちなみに東京でのセミナーを希望してます。

Aベストアンサー

厚生労働省系の助成金などは社会保険労務士、中小企業庁系の助成金は中小企業診断士、その他これらの助成金を含めたコンサルタントを行うコンサルタント会社などがあります。メールマガジンなどに登録すると案内が届いたりしますから、探してみてはいかがでしょうか?

私も経営者の一人として興味のある分野です。メールマガジンでの情報などから診断士のセミナーを受けたことがあります。紹介によりコンサルタント会社のセミナーも受けたことがあります。

あなたがご自身の会社のために勉強するのならば、会社が所属する法人会・商工会などでもセミナーを行っている場合もあります。

Q公的資金注入によって

金融相も代わり公的資金が注入される可能性もあると思いますが、公的資金が注入されると、直接、間接的に注入される金融機関の抱える債務超過会社はどうなるのでしょうか。誰か教えてください。

Aベストアンサー

公的資金を注入するといっても、あげる訳ではなく、
貸すわけでから、貸したお金を回収するために
指導をするのは当然です。
優先株で指導できるなら、それで良いし、
通常株で議決権を得ても良いし、
ようするに、どのような計画をたて、誰が責任を取るのか
明確にする事で国民が納得できるものかどうかが問題です。
債務超過会社がどうなるかについては買いオペが意味するものは
調整インフレですので、借金が減ります。
月の所得が100万で返済額が120万の場合、
2倍のインフラで物価上昇と共に所得が200万になります。
しかし、借金は120万のままなので、
実質、借金が半分になります。

Q補助金や助成金って・・・。

私は29歳なのですが・・・。昔からの夢で、どうしてもペットショップを開業したいのです。
でもかなりの資金がいるし、いきなり会社を辞めて動くにも動けません。なので国の募集している、補助金などを見たのですが、独身女性にもそんなことができるのでしょうか・・・。私の開業したいお店は住んでいる付近では珍しいお店になるとは思うのですが。
こんな夢は叶わないのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

どの地域にも「中小企業振興公社」なるものが
あると思いますよ。
これから起業する方にはかなり役立つ情報が得られると思いますので
お住まいの地域の振興公社HPをじっくりご覧になってはいかがでしょうか?
とりあえず、ヤフーの検査結果URLを貼っておきます
(途中で切れていたらご自身で検索されてみてくださいね( ̄▽ ̄;A

参考URL:http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%C3%E6%BE%AE%B4%EB%B6%C8%BF%B6%B6%BD

Q公的資金注入

国が公的資金を注入すると、多額の不良債権を抱える企業はどうなるのでしょうか。
公的資金を注入しない場合と、する場合でどう違うのか
誰か教えてください。

Aベストアンサー

公的資金が投入される企業は一般的に破産する可能性があると見られている銀行です。

預金者全員の預金額を一億円と仮定して、預金者から見れば銀行に一億円の資本を銀行は保有していると考えます。しかし、実際銀行にはそんなにお金はなく、直接預金者に払い戻せる金額はわずかに残してあるだけで、あとは企業への融資に使ってしまっているのです。だから、銀行は預金者に対して「預金を下ろすに来ればいつでも払い戻しますよ。」と言っておきながら、実際に預金者全員が預金を下ろしに来れば、銀行は払いきれないのです。もともとそんなお金は常時銀行に置いていないわけですから・・。預金者全員が預金を下ろそうとした歴史的な例は世界恐慌後の「取り付け騒ぎ」でしょう。

しかし、それでも預金者は「あの銀行なら潰れないだろう」という一定の信用のもとで預金しています。つまり、銀行の経営は「信用」によって保たれているのと同じなのです。

この「信用」がなくなってしまった銀行はどんな末路をたどるのか。それは預金者の立場から考えればハッキリします。つまり、自分がもしその銀行の預金者であるとすると、その銀行は潰れるかもしれない。なら、早く預金を下ろさないと自分の預金がパーになってしまう。みんなそう考えるでしょう。ですからみんなその銀行に預金を下ろしに来る。そうすると「取り付け騒ぎ」になって、なおさら銀行の経営は悪化する、そうすると信用がなくなる。というように破綻への道まっしぐらになってしまうのです。だから銀行にとって「信用」は命と言っても過言ではありません。


そこで、経営が危ういとされている銀行数社に公的資金を投入されると、その資金を不良債権処理につかうなどしてその銀行の経営は少しは改善された、と思わせるのが狙いだろうと思います。つまり「信用」を保たせるためのパフォーマンス的な部分もあるのです。だから公的資金を注入された銀行のほうがされていない銀行よりは「信用」があるのです。

結論的に言えば、公的資金投入は「この銀行は潰れないですよ~という合図」で、こうすることによって最悪の事態(取り付け騒ぎ)を防ごうというわけです。

公的資金が投入される企業は一般的に破産する可能性があると見られている銀行です。

預金者全員の預金額を一億円と仮定して、預金者から見れば銀行に一億円の資本を銀行は保有していると考えます。しかし、実際銀行にはそんなにお金はなく、直接預金者に払い戻せる金額はわずかに残してあるだけで、あとは企業への融資に使ってしまっているのです。だから、銀行は預金者に対して「預金を下ろすに来ればいつでも払い戻しますよ。」と言っておきながら、実際に預金者全員が預金を下ろしに来れば、銀行は払いきれ...続きを読む

Q公的な創業支援金、助成金について伺いたいと思います

起業準備中で、公的な
創業支援金、助成金について、調べています。

例えば、
公益財団法人東京都中小企業振興公社
には助成金があるようです。

この他、
国(厚生労働省)、東京都、区、公社
などの創業支援金、助成金があったら、
ご教授いただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

独立行政法人中小企業基盤整備機構のサイトをご参照下さい。
なお、融資制度は沢山ありますが、返済の必要のない助成金制度は少ないように思います。

http://j-net21.smrj.go.jp/raise/index.html

Q98年、99年の日本の公的資金注入について

98年に21の銀行へ公的資金1.8兆円を注入。
99年に32の銀行へ公的資金8.6兆円を注入。

なぜ、98年と99年の2回に分けて公的資金を注入することになったのでしょうか?

単純に、98年の1.8兆円では銀行再建には効果が得られなかったので、仕方なく99年に追加で公的資金を注入したのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.mmjp.or.jp/tokuchan/bouble.html

このサイトの一番下の記述をご覧下さい。
「1999年 地価の低落幅拡大、依然として地価の低落が続く、政府史上最高の緊急経済対策を決定・・・」
とあります。
99年も厳しい状況が続き金融不安を取り除くための注入です。

Q全国の助成金・補助金を検索できるサイトを探しています。

全国の助成金・補助金を検索できるサイトを探しています。教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

助成金なうと言うサイトがあります。
地域だけでなく、規模や募集時期などでも検索できるので、大変便利ですよ♪
http://joseikin-now.com/

QJAL公的資金注入について

JAL公的資金注入の報道が本日流れていますが
公的資金注入された場合、株はどうなりますか?
少々の株を持ってますが、心配で・・・
何方か教えてください

Aベストアンサー

エルピーダは、株価が上がってます。もっとも、半導体セクター全般ですが、、、。
注入を国土交通大臣がすぐにOKしなかったので、不透明感で売られていると思います。
株主優待なんて、なくなるか大幅縮小でしょうね。それどころじゃありませんから。

Q助成金について

助成金について色々調べています。
能力開発給付金の中にある事業内職業能力開発計画を提出するとありますが、
「事業内職業能力開発計画」とは、どんな物なんですか?

また、問合せはどちらにすればよろしいですか?

Aベストアンサー

職業に必要な知識、技能・技術を習得させるための社内の年間訓練計画を基に、1訓練コース10時間以上の教育訓練を行うことです。
具体的には、訓練の対象者・訓練内容・期間など具体的な計画書です。

訓練内容については、下記のページをご覧ください。
http://www.linos.co.jp/kyouiku/kaihatsu.html

参考urlをご覧ください。
こちらに行けば、書式が用意されています。
電話で依頼すれば、郵送してもらえると思いました。

参考URL:http://www.ehdo.go.jp/loc/1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報