【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

大学三年の男です。長く、嫌な内容になります。
今から6年前の高校受験の一週間前。私は二人暮らしだった母親を自殺で亡くしました。(父親は長年単身赴任だった)私はその後悲しみを表に決して出さず、受験を駆け抜け、高校時代を駆け抜け今に至ります。父親が忙しく思春期の数年は母親との二人暮らし。死をほのめかす言動、行動などはあり、それでも急なその死を私はやはり受け止めきれなかったのです。当時私は勉強のストレスで反抗期で、母親の異変に薄々気付きつつも、ひどいことを言ったり、支えてやれなかったりしました。母親は厳しくも優しすぎて脆い面があって、私が幼少の頃から一人で背負いすぎてしまうところがあり、精神を病んでしまったのだと今ならわかります。母親が死んだとき、私は後悔と寂しさと自責にさいなまれながらも、「あの世に幸せな人生を歩んで老衰で死んでから、土産話をしながらアホ面で泣きながら謝る」ことを私ができる供養として、残された息子としての役割として必死で生きています。
あれから6年。人間的にも成長し、前に進んでいる。そんな自分を理想としてはいましたが、結局一進一退を繰り返す情けない状況です。高校から張り付けたように、何事もないように笑顔で振る舞い、人がいないところで苦しみ泣き続ける。身内も身内だからこそ母親の話はしにくく、共有する人がいない。母親の最後を知っているのも、状況を見ていたのも私だけ。私の現在の人間としての核も母親の死がきっかけでした。
だからでしょうか。私は元来人と話すのが好きな人間で、今も多くの人に人と話したり、交流したりするのですが、中身のない内容になってしまう。気を抜くと異常な孤独感と不安感にさいなまれたり、周りに人がたくさんいるのに、誰にも本音を話せない。怖いんです。否定されるのが。昔あまりにも辛くてある大人に本音をぶちまけたら、「親が先に死ぬのは当然だ。珍しくもない。自殺も何人いると思ってる?」といわれました。年が近い人にも一度だけぶちまけたら受け入れられなかったのか距離をおかれました。それ以来人にこの事実を話すのは辞め、元来の明るく積極的な人間として今を生き現在に至ります。でも寂しいんです。怖いんです。結局私の核は母親の死から未だに立ち直れていないところがある。その死を受け入れ前に進みたい。でも忘れたくない。背負いたい。でも背負いきれない。悲しみを誰かと共有したかった。受け入れる居場所がほしかった。寂しいから人とはなし、交流するが、余計に怖くなる。他の人にも大なり小なり苦労や苦悩はあることはわかっています。私より苦労している人も世にはたくさんいる。それを表に出さないだけで。私も辛いとき身内からお前だけじゃないんだと叱咤激励され歯を食い縛り今に至るのですが。それでも大学に入り、同級生や年が近い人たちと交流すると孤独がつのるんです。他人に自身の苦悩をわかってもらおうとなんて甘えているし、そもそも私の苦労なんて取るに足りないものだったことも分かっています。それでも。それでも楽しそうにしている皆のなかにいると、共有できなくて。

私はこの弱さと孤独をどう克服すればいいでしょうか?どうすれば強い人間になれるでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • あれから当たり前の日々が当たり前でなかったこと、何より「失うこと」が非常に怖くなり、私は何より家族大好き人間であったため、祖母や父のもとを離れることができません。父と祖母も普段は口にしませんが、同じように孤独にさいなまれています。私の勝手なエゴですが家族を失うこと、近くにいないことに恐ろしい不安を感じるようにもなってしまいました。母親の死の真相を知るのは父と祖母だけで、その二人以外の前ではもはや別人のようにキャラを演じてしまう。これでは親離れもできず、恋愛もできない。恋愛は相手を尊重しなければならないから、自身のつらさにばかり目を向ける人間には一生できないことは分かっています。しかしこんなことばっか言ってたら男としての魅力は皆無と言っても等しいため、何とかしなきゃなのですが…

      補足日時:2021/07/28 23:31
gooドクター

A 回答 (1件)

あなたは少し自分に責任を感じ過ぎてる感があると思いますよ。


2人で暮らしていたのだからそうなる気持ちは解りますが、
まだ中学生です。あなたのせいではありません。
もう少し許して上げて下さい。

本当の意味で本音を話せる人が世の中の人にどれだけいるのかわかりませんが、そう多くいるとは思えません。
みんな自分だけの自分と、他人といる時の自分、違うモノを持っている人は多いですよ。
なんならあっちの友達といる時、こっちの友達といる時、相手によって違う自分の時もあります。
明るく話好きなあなたも、孤独が怖くて本音を言えないあなたも、どっちも本当のあなたです。
それは異常ではありませんよ。

15~20歳くらいの多感な時期であったのも1つの要因ではあるのでしょう。
内容もとても重いモノであります。
しかし悪い方向に考え込み過ぎずに少し楽になりましょう。自分を許しましょう

どうしても誰かに話したいけど、離れて行くのが怖いのなら、近くじゃない人にぶちまけるのも手だと思います。
私の場合は参加しようと思いませんでしたが、
自殺遺族の話を聞いてくれる団体やそういう人達が集まって話しをする会なども世の中にあります。
そういう所に相談するなり、参加してみるのも良いかもしれません。
同じようなツラさや悩みを持つ人達相手なら引かれる可能性も少ないでしょうし、
元々近しい人達でもありませんし。
1度調べてみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅れて申し訳ありません。暖かい回答ありがとうございました。本当に本音を話せる人はそういない…たしかにそうで、かくいう私もいないからこそネット上に書き込むこととなりました。当たり前ではありますが他人は人の気など気にもせず、平気で人の心に土足で上がり、何気ない周囲の発言一つ一つで傷つくことが増え、一人では抱えきれなくなっていたのです。本当にありがとうございました。遺族の会、一度戸を叩いてみようかとおもいます

お礼日時:2021/08/06 21:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング