色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

高気圧と低気圧の間だから天気が悪くなると思っていましたが、そうではないのですか?

gooドクター

A 回答 (2件)

高気圧とは「下降気流」のあるところです。

下降気流があるから「風圧」で気圧が高くなる。大気の温度は高いところほど低いので、下降気流は「温度が高くなる方への空気の移動」なので雲ができにくい。なので晴れます。

高気圧で下降した空気は、どこかで「上昇気流」になります。
通常は「太陽熱で暖められた地表面(あるいは海面)」近くの大気が暖められて上昇気流ができ、それが「低気圧」になります。(空気が軽くなるので気圧も下がる)
上昇気流は、空気が「温度が低くなる方に移動」するので、上空に行くと雲を発生します。つまり天気が悪く、さらに雲が発達すれば「雨」になります。

上昇気流は主に「低気圧」ですが、上記のように「下降気流がどこかで上昇気流になる(そうしないと地表近くの空気の行き場がない)」とか「局所的に暖められた地点での局所的な上昇気流」(夕立やゲリラ豪雨、竜巻など)もあり、そういった局所的な上昇気流でも雲ができて雨が降ります。

なので、低気圧がなくとも、上記のような局所的な上昇気流や「気圧の谷」での上昇気流で雲ができて天気が悪くなることはよくあります。
ただし、「高気圧」のすぐ近くではそれが起こりにくいので、「高気圧から離れたところ」でそういったことが起こることが多いです。
ただし、それがどこかを正確に言い当てることは難しいでしょう。


>高気圧と低気圧の間だから天気が悪くなる

それって、何の論理性もありませんね。
「どこでも雨」みたいな話ですか?
天気が悪くなるのは、根拠のある必然性によります。ただ、それを予測・予想する、言い当てるのが難しいだけ。
    • good
    • 0

高気圧から離れた所は天気が崩れやすい


ではありません
検索すればぞろぞろ出て来ます
天気はそこまで単純でもない
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング