色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

「セント・アントニウスと白痴のパウロ」という変な伝説があるそうですね。
山本七平が次のように語っています。


「フレンチュのサボナロールの宗教改革のときです。シュルベストラという白痴がいまして、しまいにはその男の言うことしか聞かなくなる。」

質問は、上のことは史実ですか?

gooドクター

A 回答 (1件)

「セント・アントニウスと白痴のパウロ」という伝説として「フレンチュのサボナロールの宗教改革のときです。

シュルベストラという白痴がいまして、しまいにはその男の言うことしか聞かなくなる。」と山本七平が紹介しているのであれば、山本も史実とは見なしていないのでしょう。

「シュルベストラという白痴がいまして、しまいにはその男の言うことしか聞かなくなる」の、文意がそもそも不明です。 
その男=シュルベストラ=白痴ということですか。
「しまいにはその男の言うことしか聞かなくなる」のはだれですか。

フラ・シルヴェストロ・マルフィという方はいたらしいですが、白痴ではないようです。
https://translate.google.com/translate?hl=ja&sl= …

一般的には知られていないことを、ある文脈の中で疑問に感じて質問するのであれば、山本七平の述べている出典の箇所、セント・アントニウスと白痴のパウロという伝説の内容の分かる出典くらい示すものですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2021/08/01 16:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング