【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

高校二年生です。
塾にて、自分が行こうと思っている大学よりレベルが上の大学(難関大学)に受かるための特訓講座が夏休み後に毎週あります。
私はその大学も行きたいと思っていますが、特訓を受けて周りのレベルが高い中で自分が浮いてしまうのではないか、自分にはできないのではないかと思ってしまい、間違えたり分からないことに不安を感じ、その講座に申し込むか躊躇しています。

しかし、いろいろと頑張ってきた自分なら乗り越えられるかもしれない。少しでもやりたい、頑張りたいと思った気持ちをそのまま進めたい。
といった、自分の気持ちを尊重して申し込みたいと思うようになりました(しかしなお躊躇してます)
また、申し込まなかった時後悔するのではないか、とも考えるようになりました。
私は周りのレベルが高くなれば、自分もそれに合わせ頑張りたいと思っています。

私が最終的に聞きたいのは、とりあえずやってみる。厳しかろうが、辛くてもやってみる。どう思いますか?
こういうことは塾の先生に聞くべきだとは思いますが
、あえてこうした場で聞きたいです。
よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (7件)

とにかく「人事を尽くして天命を待つ」をしてみたら。

受験ほど平等な競争は他にないですから。学力だけで勝負できる受験は、子どもの個性を伸ばすことにつながります。

私が「人事を尽くして天命を待つ」
ということわざが好きな理由のひとつは

やるだけのことをやり尽くせば
結果がどうなろうとも悔いが残らないもの。
このことわざは、それをあらわしているように感じるからです。

我に「悔いなし」

以前見た、ドキュメンタリー番組で
こんな話がありました。ふたりの男が、雪山登山をしますが、そのうちのひとりが、ガケから落ちて動けなくなってしまいます。

そこで、もうひとりの男が、助けに行くのですが、そのままふたりとも道に迷ってしまいます。

雪山で右も左も分からず、どうにもならない状況なのですが

「こんなところで死にたくない」
「絶対に帰る!」

と、骨折して動けない仲間を背負いながら
いっしょうけんめい山を降りようとします。

しかし、深い雪にはまりこんだり
穴に落ちたりして、なかなか進めません。

次第に体力がなくなっていき、そのうち歩くこともできなくなりますが、
それでも斜面を転がり落ちながら少しでも下にいこうとします。

そして最後には、広い場所に転がりついて完全に動けなくなります。

「もう、やれるだけのことはやった」

あとは雪に囲まれたまま、あお向けになって空を眺めているしかありません。

ここまで担いできた仲間となすすべもなく時間がたつのを待つのみ、
しかしそこに、空から捜索にきていたヘリコプターに発見されて助かります。

「人事を尽くして天命を待つ」とはこういうことではないかと思います。

この男たちは最初、「こんなところで死ぬのはイヤだ」みたいな感じで、必死になっていましたが、

最終的には、「やれるだけのことはやった」
という心境に変化しています。やるだけのことはやった、
最終的にヘリコプターが来てくれるかどうかは自分たちではどうしようもできないことですが、少しでも発見されやすい場所に移動するのは自分たちでできることです。

そして、力のかぎり動いたからこそ「できるだけのことをやったのだから
これで助からなかったらしょうがない」という覚悟ができたのだと思います。

うまくいく、いかないは最終的には運しだい、つまり天命という部分もありますが結果はなんであれ、悔いを残さないという点でも、「やれるだけのことはやる」、
つまり、人事を尽くすというのは大事な意味があるんじゃないかと思います。

もうひとつ、「人事を尽くして天命を待つ」、これを実行する意味として、

しっかりと出来ることをやれば、それが自信になって、あわてない、
というのがあると思います。

「あわてない」

どんなことでも、やっていることが中途半端だと「出来るかな? 大丈夫かな?」と、オロオロしがちです。

しかし、たいていの場合、不安にかられた行動というのはロクなことがありません。

それ以上やっても無意味なのにあせって無茶な練習をしてケガをしたとか、
心配しすぎて眠れなくなって試験の当日寝不足で失敗したとか、

恋愛でも、そのままでうまくいくのに不安だから相手の浮気をかんぐりすぎて嫌われたとか。

不安が原因で失敗した例は、私の場合いくらでもあげられます。

まあとにかく、そういった失敗をしないため、

「しっかりと勉強したのだから、大丈夫」「これだけきっちり練習して
うまくいかなかったら、もうしょうがない」というところまで、やれることをやるのは自信をつける意味でも大事だと思います。

それでも大丈夫かな? というときに

「人事を尽くして天命を待つ」

ということわざを思い出すといいでしょう。
    • good
    • 1

いいと思います。

高2だし。
とりあえずやってみて、ついていけるかどうか判断すればいいかと思います。
まぁ、間違えることを恐れなくてもいいでしょう。人間は失敗しないと身につきません。
    • good
    • 1

少し偉そうな事を言ってしまいますけど勉強やそれを含んだ教育って何の為にあると思います?意味が無いようで社会に出てから役に立つ事もあって社会に出てから失敗したり間違った選択を少しでもしないようにする為の練習でもありますから小さな恥でも{今回悩まれている事ですね。

}貴方の将来に必要な財産となる事は間違いないです。やらなかったら目先の不安は消えますがせっかく得る事ができるものも消えてしまいます
    • good
    • 1

自分の金でやるといいです。


そうすれば、
「ほんとにやりたいこと」しかやらないだろうから。
    • good
    • 1

とりあえずやってみたら実力がわかるので良いと思います。

レベルアップしてみて下さい。頑張ってくださいね。
    • good
    • 1

とりあえず死んで見るは間違いだが、とりあえずやってみるは、大抵の事で正しい。

なぜなら、人間は愚かで、やってみて失敗しなければ、何も学べないからだ。
    • good
    • 1

「とりあえずやってみる」いいと思いますよ。



最終的にはランクを下げた大学を受験するとしても、
レベルが高い授業を受けることに損にはなりません。

むしろ、高2ならまだまだ準備に余裕のある期間です。
レベルの高い大学を目標に、頑張ってください。
応援しています。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング