【初月無料キャンペーン中】gooドクター

切れる輪ゴム類
変な質問です‪…
今の家に来て10ヶ月です
キッチンに輪ゴムの束を引っ掛けてあります
洗面台に、シリコン?のヘアゴムを袋のまま入れてあります
どちらも百均製品なので質は悪いかもですが…すぐ切れてしまうのです
昔から百均ゴム使ってきたので大差はないと思うんですけど
お部屋環境でゴムが切れやすくなるとかありますか?
劣化する年月は経ってないんです
前のうちはエアコン付けっぱの生活で、今は暑い時だけつける感じの習慣になりました
室内気温が上がって劣化したのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 皆さんありがとうございました!(´▽`)

      補足日時:2021/07/30 14:26
gooドクター

A 回答 (3件)

輪ゴムは、油に弱いです。



油を吸うと膨潤して脆くなり
切れやすくなります。

サラダ油などがつきやすい
環境にありませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

油こしのかん?みたいなのあるじゃないですか?
それ使うと垂れるのでキッチンペーパーを巻き付けてそれをとめるゴムが毎回切れていたのです
油のせいです)ね!納得しました!
でもなんで前の家は平気だったんだろ
毎回コムが切れていたのでストレスでした
ありがとうございました

お礼日時:2021/07/30 14:26

輪ゴムは、日光(紫外線)、油分(皮脂、機械油、整髪料)、水分(水中、濡れやすい場所・物)、酸・アルカリ(洗剤、塗料)等に弱く化学変化を来しやすく、劣化し切れやすくなります。



以上から、密封し冷暗所に保管して下さい。
陽も当たらず、高温にならず、湿気の少ない環境が保管に適しています。
ワンポイントとしては片栗粉をまぶして保管することで、ゴム同士や保管場所の油分に直接触れにくく長持ちします。

シリコンゴムは生ゴムに比べて耐久性はありますが、伸縮性で劣り、また高温・多湿には強いので涼しいところや乾いた環境でなくても温度や湿度の上では大丈夫ですが、紫外線や油分、化学薬品などでは生ゴムよりは耐久性はありますが劣化します。
    • good
    • 0

輪ゴムは化学合成品で、石油などからできていて、


一部の薬剤には揮発性もあります。
長持ちさせたいなら、密閉できる容器に入れましょう。

容器内で化学物質が充満すると、それ以上の劣化が
防げます。
ですから、ジップロック等ならなるべく空気を追い
出して封じてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング