マンガでよめる痔のこと・薬のこと

HP等に歌詞を載せるのは問題だと思いますが、
洋楽の歌詞の和訳を載せてもいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

著作権者に無断で載せてはいけません。



著作権者は、翻訳権(著作権法第27条)を有しています。著作権者に無断で翻訳してはいけません。(私的使用の場合などを除く(著作権法第43条))

また、翻訳した歌詞は、元の歌詞の二次的著作物となり、翻訳した人と、元の歌詞を作った人の双方の権利が及びます。(著作権法第28条)
したがって、翻訳した歌詞であっても、元が日本語の歌詞と同様、元の歌詞の著作権者の許諾がなければHPに掲載することはできません。
また、翻訳した歌詞をHPに掲載する際には、元の歌詞の著作権者と、翻訳した人(又はその人から著作権の譲渡を受けた人)の双方の許諾が必要となります(当然ながら、本人が翻訳した場合には翻訳した人の許諾は必要ありません)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信有難う御座います。
ダメなんですかね……#1さんとの意見の違いが……

お礼日時:2005/03/04 13:30

和訳に関しては個々の解釈の問題もあり、公式なものがないのであれば、問題ないのでは。



余談ですけど、今、企業で流行っている(?)ISOなる国際規格ですが、日本語の仕様書(基準)がないらしく、解釈で変わりかねない事項もあるとか。
少し前に小耳に挟んだ話なので、今はわかりませんけど。
さらに余談(というより無駄話かな)。
企業でQCと言えば、誰しも品質管理というはずです。
でも、直訳するとquarity controlなので品質制御の方がふさわしいように思えます。
管理ならmanagementの方が正解のような気もします。
個人的にはこの翻訳の間違いが日本企業の反映の礎になった、と勝手に思い込んでいます。

色々書きましたが、和訳は難しい、したがってオリジナリティがあれば問題はない、と言えるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信有難う御座います。
うーん……個人で訳したものならいいのでしょうか……

お礼日時:2005/03/04 13:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング