【初月無料キャンペーン中】gooドクター

【医学】新型コロナウイルスワクチン接種は打つ回数を増やすことで副反応が強くなっていっています。

ファイザー製薬は3回目を打つと、さらに抗体が出来て新型コロナウイルスに対する免疫力が高くなるので3回目のワクチン接種を推奨していますが、3回目は2回目よりさらに強い副反応が出ると、最終的にファイザー製薬ワクチン接種は来年もインフルエンザワクチンのように毎年打つように出来たワクチンではないことに薄々気付き始めています。

3回目のワクチンは打つべきではないと思います。

どう思われますか?打つたびに副反応が強く出るようになっています。これは危険なシグナルでは?

gooドクター

A 回答 (7件)

なんの根拠もなしに、そう言ったことを書く前に、イスラエルがどうなるか注目するのが現実的じゃないですか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2021/08/02 11:31

ファイザー製薬の考え方は、新型コロナウイルスは速いスピードで変異して


いるので最新のワクチン接種を推奨していると思います。この勢いで変異すると、オメガ株まで変異するのも時間の問題です。
ギリシャ語のオメガは最後ですので、次は日本語のカタカナでア型になるかもしれません。
その頃には、毎日最新のワクチン接種をするかもしれません。
    • good
    • 1

いずれにしろ、結論を焦ることは禁物。



日本の場合、まずは2回接種率を向上させることが優先。
その上で、更に強めに感染防止をかけたいときに検討すればいい。
その頃にはイスラエルの結果も出ているはずなので、有難く使わせてもらえばよい。

>最終的にファイザー製薬ワクチン接種は来年もインフルエンザワクチンのように毎年打つように出来たワクチンではないことに

コントロールできるようになったらそういう事を考える価値はあり。

>これは危険なシグナルでは?
感染防止優先に振っている状態なので、過小評価には注意が必要と思う。
いずれにしろ、冷静な科学的評価が重要。
    • good
    • 0

>どう思われますか?


無知蒙昧な質問者だと思いますね。
    • good
    • 1

私も3回目は打つべきではないと思いますが、理由は違います。


1回で30~60%、2回で94~95%の大きな効果があるのだから、残り5%程度のわずかな差を埋める必要はないと思うからです。
3回目を2人打っても、2人あわせて効果は10%ですが、
その2回分のワクチンをまだ打っていない人に打てばその人は94%の抗体を持てます。その方が人道的にも社会的にも良いはずですし、その方が当然収束へも近付きます。
ただし、ワクチンの効果は永久ではありませんので、今後抗体の持ち具合を見て毎年接種になる可能性はあると思います(それだけ期間があいていることに対して「3回目」と呼ぶかどうかは別)。

副反応は、身体が頑張って免疫を作っている証です。
まだまだ調査段階ではありますが、実際、副反応が出やすい若年層の方が抗体が多く作られているようです。
抗体を作るのは容易なことではないので、副反応が出るのでしょう。若年層の方がしっかりワクチンに反応してしっかり抗体を作るから副反応も大きいようです。
    • good
    • 0

「打つたびに副反応が強く出る」という確かな裏付け(根拠)はどこにあるのでしょうか。



新型コロナウイルスのワクチン接種では、1回めよりも2回めのほうが副反応が出にくくなっています(65歳以上の高齢者接種ではそういう結果が多いんです)。

実際、私は1回めの接種後は腕に筋肉痛のような痛みが2日ほど出ましたし、微熱も少しだけ出ました。
でも2回めの接種では1日だけ腕に少しの痛みが感じられただけで、あとは何の副反応もありませんでした。

新型コロナウイルスワクチンの接種では、半年くらいで免役効果は下がって来るようですから、私は当面は年に1回か2回の接種が繰り返し必要になると見ています。
    • good
    • 0

>打つたびに副反応が強く出るようになっています。


こう断定するのは 大きな間違い
1回目より、2回目の方が副反応が出なかった人も 多数いますからね
決めつけるのは 辞めましょうね
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング