最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

国民年金の支払い免除申請する時って簡単にできますか?仕事辞めて無職になってしまったので払えません。

gooドクター

A 回答 (5件)

申請方法は、下記サイトの中段の、「2.保険料免除・納付猶予の種類と審査方法」から参照してください。


申請しても、必ず通るとは限りません。

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/2 …

---------------

国民年金の保険料には「全額免除」、「一部納付」、「納付猶予・学生納付特例」がありますが、これらの期間があると、将来の年金支給が減額・支給無しとなります。

前記のサイトの「あり/なし」の表を見てください。

国民年金は、将来の年金支給(支給時は「老齢基礎年金」という名前)は、「半分が税金から」です。

国民年金の保険料が「全額免除」の期間があると、その期間に相当の「老齢基礎年金」は「半分の税金の分」だけ支給です。前記のサイトの「あり/なし」の表の「※2」を参照。

「一部納付」の期間があると、その期間に相当の「半分の税金の分」、プラス、「その一部納付の割合い相当」が支給です。前記のサイトの「あり/なし」の表の「※1」と「※3」を参照。

また、「納付猶予・学生納付特例」の期間があると、その期間に相当の「老齢基礎年金」は支給無しとなります。前記のサイトの「あり/なし」の表の「なし」をを参照。

---

この様な将来の国民年金の年金支給(支給時は「老齢基礎年金」という名前)が満額にならない場合、満額のしたいならば・・・・

国民年金の保険料免除などが10年以内なら、国民年金保険料の追納制度(後払い)を申請しましょう。
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/2 …

この追納制度(後払い)は、だれもしてしてくれないので、自分から申請が必要です。
10年以上の国民年金の保険料免除などは、永久に「老齢基礎年金」が満額になりません。

10年以上の永久に「老齢基礎年金」が満額にならないのを、それでも満額に近づけたいならば・・・
・ 国民年金の加入義務の「60歳過ぎ」に「国民年金の任意加入」をするとか。
・ 国民年金の加入義務の「60歳前」「国民年金基金」に加入するとか。

----

自分の国民年金保険料が「全額免除」「一部納付」「納付猶予・学生納付特例」【未納】かどうかは、毎年の誕生月に来る「ねんきん定期便」にも表示があります。

なお、厚生年金の加入期間の「ねんきん定期便」には、保険料の未納は無く、厚生年金の名前等の表示です。
    • good
    • 1

それほど難しくないと思います。


早い目に役所で相談された方が良いです。
    • good
    • 1

免除というか正当な理由を言えば中断はして頂けます。


また、仕事が見つかり次第、加入される旨を伝えて。
お住まいの地域の年金事務所に連絡してお手続きください。
無断ですと督促がきたり、口座差し押さえとなりますので・・・。
    • good
    • 2

免除はなかなか難しいです


猶予ですね
    • good
    • 1

お住まい地域の担当窓口で確認しましょう。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング