今年もかなりの量の国債が発行されそうですが、
今の日本の国債の残高はどれくらいあるのでしょうか。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 日銀の国債の銘柄別残高です。

(平成13年5月現在)
 総額は計算してないんでわかりません^^;

 後ろのURLはリアルタイム財政赤字カウンタです^^;
 頭痛くなってきます、この数字(--;)

参考URL:http://www.boj.or.jp/seisaku/01/sei0115.htm,http …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
総額とか知りたかったんでちょうど良かったです

お礼日時:2001/08/27 17:10

東洋経済という会社が「統計月報」という本を出版しています。


それによると,2001年5月時点での残高は381兆円です。
この本は便利です。時系列で、ずーっと推移を追えます。
私は仕事で使っています。
    • good
    • 0

 2000年9月末で、361兆円だそうです。

今後益々増え続け、2014年には773.5兆円に膨らむ見込みとのことでした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q紙幣を刷るのにはその量分だけ国債を刷らないと発行出来ないんですか?国債を刷らずに紙幣を刷ることっ

紙幣を刷るのにはその量分だけ国債を刷らないと発行出来ないんですか?

国債を刷らずに紙幣を刷ることって出来るのですか?

Aベストアンサー

もちろん国債とは関係なく紙幣印刷は行われます。 市中で出回って傷ついたり古くなった紙幣の置き換えです。

Qアメリカの国債発行残高について

アメリカにおける国債の発行残高と、国家予算との関係について詳しく教えていただけませんか。具体的な数字など。日本との比較検討の材料にしたいと思っています。

Aベストアンサー

アメリカの政府支出(国家予算)についてはデータが載っている本があります。
「統計月報」(東洋経済)1950円。ちなみに2000年の政府支出は1572.6(10億ドル)となっています。

国債発行残高についてはよく分かりませんが、似たような指標で、連邦総負債残高というのがあります。国債発行残高とどう違うのかは分かりません。額は2001年4月で3324.1(10億ドル)です。これの出所はアメリカ財務省となっています。内閣府政策統括官付参事官(海外経済担当)という所(人?)が「海外経済データ」という本を毎月出していて、これを入手すれば載っています。「経済企画協会(だったかな)」とかいう内閣府の経済関係情報を定期的に入手できる会に入会すれば自動的に送ってくるのですが、単月のみの入手が可能なのかどうかは分かりません。内閣府にお尋ねになってはいかがでしょう。

ちなみに両方の資料ともに時系列でデータが拾えます。

Q国債の発行済み残高とは

 財務省のホームページで国債についてみていると

 1.国債及び借入金現在高 5,571,861億円
 2.政府保証債務現在高    585,776億円

 とあるのですが・・
疑問1: 1と2はそれぞれどういう意味なんでしょうか。
疑問2: ふつう、国債発行済み残高というのはどの値をいうのでしょう

Aベストアンサー

恐らく、参考URLをご覧になったと思いますが。

疑問2
国債及び借入金現在高 5,571,861億円の内訳として、国債 3,963,493 と書かれていますが、これが国債の残高で、国債にもいろいろな種類のあることが判ります。
国債以外が、借入金です。

疑問1
1は国債と借入金を含めた、国の直接の借金です。
2は、特殊法人などの、借金をくにが保証している金額で、これも結果的には、国の債務となります。

 

参考URL:http://www.mof.go.jp/gbb/1306.htm

Q米国債の発行残高

最近の米国債発行残高をご存じ方、お教え下さい。

Aベストアンサー

下記はみずほ銀行NYのレポートの目次です。「悪化する米財政収支」の記事をクリックすると、国債の発行残高は、5.6兆ドルとあります。ただし、イラクの戦費や大型減税で、もっと増えているはず。

参考URL:http://www.mizuho-ri.co.jp/macro/us_keizai.html

Q政府は国債を発行し続けていますが、いつか国債が発行できなくなる(誰も買えなくなる)事態は来るでしょうか?

恐れ入ります。

政府は国債を発行し続けています。
これは、個人向け国債で直接日本国民のお金と交換する以外にも、
銀行・生保に流れることで日本国民の預貯金と結果的に交換している状況だと思います。

満期になる国債(市場から消える国債)と、新規国債の割合を考えると、徐々に市場に出回る国債が増える(日本円を政府が吸い上げ、国債が市場に残る)状態に見えます。

日本国内だけで経済が閉じていると(かつ日本銀行が日本銀行券を払い出さないと)遠からず市場には国債しか存在しなくなると思います。

・私の、上記の認識は正しいですか?
・今日本が破綻しないのは、端的に言うと輸出で稼いでいるからですか?
・日本銀行券の払い出し量が増やされており、インフレが進んでいますか?
・破綻しない、具体的なステップがほかにあるのでしょうか?


破綻する・破綻しない・ハイパーインフレになるなどは良く聞きますが、具体的な国債と日本銀行券の流れが見えません。

どなたか、説明(もしくは、参考図書・参考URLへのリンク)をしていただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします。

恐れ入ります。

政府は国債を発行し続けています。
これは、個人向け国債で直接日本国民のお金と交換する以外にも、
銀行・生保に流れることで日本国民の預貯金と結果的に交換している状況だと思います。

満期になる国債(市場から消える国債)と、新規国債の割合を考えると、徐々に市場に出回る国債が増える(日本円を政府が吸い上げ、国債が市場に残る)状態に見えます。

日本国内だけで経済が閉じていると(かつ日本銀行が日本銀行券を払い出さないと)遠からず市場には国債しか存在しなくなると思...続きを読む

Aベストアンサー

>値動きが問題なのではなく、資産の増減が、問題なのではないのですか?

この指摘は少し意味がわかりません。

>私の認識

国債というものが「あらかじめ存在するお金」を金庫から引っ張り出す手段に過ぎない
ということを先ず理解してください。金を調達するにしても
そのお金はあらかじめ存在するお金なのですから増えようがありません。
「金庫から出されること」を「流通量が増える」と仰っているのであれば
ご心配なさらず。国が頑張って国債発行してカネを金庫から引きずり出しても
それが経済活性化に繋がらず金庫に戻ってしまうような状況が続いていたから
ずっといたちごっこで国債の発行が続いていたんです。国債発行のせいで
インフレが起こる、つまりカネが一箇所に滞留せずいい具合に
回ってる状況であると考えられますから、税収も増え、そもそも
国債を発行する必要がなくなります。刑期に関係なく存在する利払い費は
ダイレクトに金庫に戻りますから影響しません。

>株を買ったお金は、株を売った人のところに行くのだと・・・

国債も同じで、自由市場で取引されていますが、私が言いたいのはそういうことではない。
株がどれだけ売買されても、それはあらかじめ存在するお金の持ち主が
コロコロ変わるというだけで、存在する金の量は変わりません。
にもかかわらず、株価は変動、つまり現金の量にかかわらず
勝手に増えたり減ったりします。要するに、実体の無い資産の増減が起こるわけです。
このような現金の担保のない資産の増加がインフレをもたらすのならば
株価上昇によりインフレが起こる、若しくは起こらない代わりに
現金が上昇分減少せねばならない。しかし、もちろんそのようなことはありません。

>国債を発行するのと、「預貯金時だけ使える貨幣」を刷る事の違いがわからないのです。

国債は「預貯金時だけ使える紙幣」ではありません。
何度も言いますが、国債をいくら発行しても現金流通量は増えません。
仮に預金者が大挙してA銀行に全額引き出しに来たとしましょう。
そのとき、A銀行は全額引き出しに応じることが出来るでしょうか?
出来ないでしょう。何故なら預かってる額1億円でもすぐに応じれる
「現金資産」は1億円も無いからです。

>値動きが問題なのではなく、資産の増減が、問題なのではないのですか?

この指摘は少し意味がわかりません。

>私の認識

国債というものが「あらかじめ存在するお金」を金庫から引っ張り出す手段に過ぎない
ということを先ず理解してください。金を調達するにしても
そのお金はあらかじめ存在するお金なのですから増えようがありません。
「金庫から出されること」を「流通量が増える」と仰っているのであれば
ご心配なさらず。国が頑張って国債発行してカネを金庫から引きずり出しても
それが経...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報