経済学を大学で勉強するに当たって、必要な数学の知識とは主に、行列や微積でいいんでしょうか。
受験科目に数学をとっていなくて高校数学の知識は豊かとは言えません、高校数学の復習からはじめた方が良いのでしょうか?
経済学に必要な数学の知識を付けるのにお薦めの本とかはありませんか?
まとまりませんが、どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

本格的に勉強するのなら、やはり高校の数学の教科書に戻って高校2年までの教科書を勉強するのが、ベターだと思います。

しかし、それも億劫でしょう。有り難いことに、経済数学には確かに良書とされるテキストブックが存在します。私が勧めるのは、Alpha C. Chiang による FUNDAMENTAL METHODS OF MATHEMATICAL ECONOMICS です。英語で読むのが良いです。この本は、数学の予備知識がなくても読めるように分かりやすく書いてあって、説明も丁寧で、経済学の応用例もたくさんあります。和訳も出ていますが、
誤訳が有るらしいです。英語では、他にも沢山テキストブックが有ります。調べてみたらいかがでしょうか。
英語が苦手なら、E・ドウリング著の入門・経済数学
上・下が有ります。これはアルファ・チァング(Alpha C. Chiang)のよりも更に易しいです。もし
理系の数学に挑戦する気なら、予備知識のいらないところで、S. ラング著の解析入門と、続解析入門などいかがでしょうか。私は全て読んだ訳ではないので、
偉そうなことは言えないのですが、説明は丁寧だったと思います。
確かに、ANo.#1の方が言ったとおり、学部レベル
の経済学には、あまり難しい数学は使わないのですが、大学時代に比較的難しい数学にチャレンジしておけば、就職するときにも武器になりますし、もし本格的に経済学を勉強しようと思ったときには必要不可欠です。頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまってすみません。
いろいろと本を紹介していただきありがとうございます。

お礼日時:2005/05/04 09:19

 私の大学では、経済数学は、2年次からの選択必修科目になっていました。

内容的には、微積については、高校の微積(数学IIとIIIのやつ)から大学で学ぶ全微分、偏微分くらいまででしたから、高校での復習は、数IIIの微分や、無限級数のとこあたりまでやっておけば、かなり楽になるかと思います。
 まあ、あとは経済学部生の誰もが数学ができないといけないかというと必ずしもそうではありません。それは、選択するコースや科目によるということです。歴史(経済学史)とかをメインにもってくればあまり数学にふれずに卒業することも可能です。
 必要最低限の知識は、二次とか三次の方程式の微分ができることです。それだけやっておけば経済学のおおまかな内容は理解できると思います。
 
 お薦めの本は、テキスト経済数学 水野勝之著 (中央経済社)です。初学者に分かり易く大学で使う微分や行列の一通りの解説がしてあり、それらが実際、どのように経済学で使われているのかをミクロ経済学の説明とともに書かれています。(数学を使うのは、主にミクロ経済学) 学部の経済数学はこれ1冊で十分だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまってすみません。
よいアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2005/05/04 09:21

経済学部出身の者です。

経済学で主に使用する数学的知識は、一次関数、微分(高校程度)と統計学です。マクロ経済学では、あまり微分は使いませんでした。しかし、ミクロ経済分析では、必ず微分が出て来ます。また、統計的手法も分析の道具として使用しますが、行列は使わなかったと思います。私が使ったのは、リグレッション アナリシス(相関関係を統計的アプローチで立証する際に良く使います。)です。名前は、すごく難解に聞こえますが、やれば結構面白い分野です。大学一年のマクロ経済学では、一次関数と微分の基礎(微分の概念さえ理解すれば問題なし)で十分でしょう。ミクロ経済では、マクロよりもう少し高度な部分が出ますが、やってやれない事は無いと言った程度だと思います(2ヶ月程度)。私の場合は、高校で全くと言っていいほど、数学の勉強をしませんでした。一次関数は、簡単でほぼ勉強する必要はありませんでしたが、微分で苦労しました。しかし、大学で数学のクラスを取るのが必須だった為、何とか理解できました。独学で数学をやるよりも、大学で数学のクラスを取る事をお奨めしたいです。大学一年ぐらいでしたら、経済数学より、経済の理論の基礎理解がメインになると思いますので、同時並行的に数学のクラスを取ればよいと思います。因みに、私のいた大学では、経済数学と言うクラスがあり、主に4年生が取るクラスでした。最初は、腰が引けて大丈夫だろうか?と思いましたが、ぜひチャレンジしてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなってすみません。
丁寧なアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2005/05/04 09:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済学部で主に必要な数学の分野

私は推薦入学で関関同立の中の一つの経済学部に入学することになったのですが、高校で数学II・Bを履修していないので、授業についていけるかかなり不安があります。
なので最低限授業内容はしっかりと理解できるようにしたいので、授業内で使う数学の分野を教えていただきたいです。
因みに国際経済を選択しようと思っています。
あとその分野で超基礎(全く知識のない人間でも)から始められる参考書を教えていただけると幸いです。
お手数ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

出てくるのは
1.簡単な微分
微分の基礎的な意味と(X^a)`=aX^(a-1)という公式を覚えていれば十分。
心配ならば一番薄っぺらい問題集を軽く解いておきましょう。

2.関数のグラフ
例 S=P-10 D=100-Pのとき、S=DとなるPとその時のS=Dの時のSDの値を求めよ。
例2 Y=C+100 である。C=0.6Yの時、Yを求めよ。
くらいで十分

3.行列
ちょっとやるかもしれません。やってなくてもその時の講義で理解できると思いますが、ブックオフに行って一番薄い数学Cの問題集を1時間くらいやっておけば予習としては十分だと思います。

これ以上難しい数学的知識を使うときもありますが、その時には教授が説明してくれるかと。
ただし、計算がミスなく速い方が、当然余裕を持って出来ますので有利だとは思います。
あとは経済学の教授が運悪くマル経学者じゃない事を祈るだけですね(w

Q大学一年目の教養って何をするんですか?

ただいま高校生です。大学関係の事にも興味が出て、いろいろと聞いたりしているのですが大学一年目はどこの大学でも教養とか言って、コースとかに関係なくいろんな勉強をすると聞きました。

主に国立大学を想定しているのですが、大学一年目のカリキュラムってどんな感じですか?
聞いた話では90分授業で、心理学やらとらないといけないのがあって、体育もある(!)ようなのですが実際はどうですか?
できるだけいろいろな大学の事を知りたいので幅広い回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

日本海側の某市にある国立大学(文系)に通っていた者です。うちの大学だと,教養科目の履修方法はこんな感じでした。

●基礎教育科目
・英語4単位
・第二外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国朝鮮語から一択)4単位
・健康スポーツ科学3単位(内訳は講義2単位,体育実技1単位)
・情報科学3単位(内訳は講義2単位,演習1単位)

●共通教養科目
・人文科学・社会科学・自然科学分野から各2科目4単位
(ただし,教員免許取得希望者は「日本国憲法」が必修)
・主題ユニットから3科目6単位
(要するに,私の大学では教養科目はテーマ別の科目群(ユニット)として開講されていて,その中の一つのユニットを選びその中から3科目取りなさい,ということ。当然ながら自分の専攻に関連するユニットは選択できない)
・総合科目(要するに学問横断的な学際系科目)1科目2単位

●専門基礎科目(専門への導入科目)
学部・学科ごとに指定された科目・単位数

このほかにこれらの科目の中からの選択科目として10単位必要でした。

要するにわかりやすく言うと,文系だろうが理系だろうが
・英語と第二外国語・体育・パソコンは必修
・教養科目は人文科学・社会科学・自然科学の全区分にまたがって履修しなければならない
ということです。これは,どの大学でも大きくは変わらないでしょう。

ただ,これらの科目を1年生のうちに全部履修しなければならないわけではありません。1年生で履修できる専門科目は少ないので,教養科目が主体になるだけの話です。教養科目といってもつまらない講義だけではありません。中には地場産業等の見学の宿泊旅行に行けたり,木工作を行ったり,スキー合宿を行ったり,そういう授業も(大学によっては)あります。授業時間は1コマ90分で,5コマまであります(ちなみに土日は休み)。

以上,参考になることを祈っております。

日本海側の某市にある国立大学(文系)に通っていた者です。うちの大学だと,教養科目の履修方法はこんな感じでした。

●基礎教育科目
・英語4単位
・第二外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・韓国朝鮮語から一択)4単位
・健康スポーツ科学3単位(内訳は講義2単位,体育実技1単位)
・情報科学3単位(内訳は講義2単位,演習1単位)

●共通教養科目
・人文科学・社会科学・自然科学分野から各2科目4単位
(ただし,教員免許取得希望者は「日本国憲法」が必修)
・主題ユニットから3科目...続きを読む

Qミクロ経済学が大学で必修。数学が全くわからず困っています。

現在私立大学二年です。

一年生の頃は教養科目などでほとんど数学を使う機会がなかったのですが、二年生になり必修科目にミクロ、マクロ経済学がでてきました。
冒頭に微分について軽く触る程度で説明があったのですが、それ以降微分や関数などを使ってどんどん進みだし、微分の計算方法などが解らずに、全く何をやっているのか理解ができないで困っています。

数学については私立専願で受験のための文系の勉強しかしていない為に数学については数I、Aの理解もできていない状態です。

なんとか理解できるようにならないと悔しいので、必要な数学知識を学べるわかりやすい書籍、またはアドバイスなどいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

まず,経済学において微分などの数学がどういった役割を果たすのかということについて理解してから具体的な数学の勉強をするのが良いかなと思います.

たとえばということでいくつか本を紹介します.

(1)経済数学入門―経済学入門シリーズ
   佐々木 宏夫 (著),日経文庫,872円

(2)入門経済数学
   G.C.アーチボルド (著),多賀出版,3990円

上記の(1)は200ページほどの文庫なのでさっと読めると思います.こちらの本で概要をつかみつつ,(2)の本を読み進めるというのも良いかもしれません.ちなみに,(2)の本は数学的に厳密なことは多少省かれているので,必要であれば他の書籍なども参考にすると良いでしょう.

あと,これらの本を読むときは実際に手を動かす(計算してみたり,証明してみたり)する作業も必要でしょう.

Q経済学部で数学はどの程度必要?

私は推薦で慶応大学の経済学部に進学するのですが、経済学部の数学がどの様なものかいまいちわかりません。経済学部では数学を使うコースに入るので数学は結構使うと思います。そして大学のHPで数学のことについて見たのですが微分積分、線形代数と漠然に書かれているだけで詳しいことはわかりませんでした。

高校3年間数学はずっと理系でIII、Cと今は高校の範囲外の微分方程式まで終了しました。学校は1月で終了し大学進学までの2ヶ月の間勉強する際、高校数学をやるのはさすがに飽きると思うので大学の数学の勉強をしたいのですが、何か独学に適した本というのはないでしょうか?

Aベストアンサー

 例えば大学3年生で丸山徹先生のゼミに入りたいとなると、今から真面目に取り組んでおいて損はないと思います。ミクロ経済学の理論に興味があるなら、本格的に数学を使うことになります。

学部サイト
http://www.econ.keio.ac.jp/index-jp.html
から講義要綱をクリックすると、講義の簡単な概要ならびにテキストがわかります。参考にして下さい。

大学の経済学部卒業生には最低限、条件付最適化程度の数学は理解してほしいものです。慶応大学ならその程度の内容は要求される事でしょう。

>微分方程式まで
だいぶ勉強されているようです。いちばん簡単な部類では、
宇沢弘文「好きになる数学入門」岩波書店
の6冊シリーズがありますが、既に学習済みの内容のことでしょう。
1.方程式を解く-代数-、2.図形を考える-幾何-、3.代数で幾何を解く-解析幾何-、4.図形を変換する-線形代数-、5.関数をしらべる-微分法-、6.微分法を応用する-解析-。
東京に御住まいなら区立図書館にあるか、取り寄せ可能なので内容を確認程度に眺めてみるのもいいかもしれません。

微分積分、線形代数で大学向けの数学の本ということなら、
佐竹一郎「線形代数」共立出版
岩切晴二「微分積分学精説」培風館
が優れています。他に読みやすい数学の本では、志賀浩二の数学30講シリーズ全10巻があります。

また、経済数学というタイトルのついた本を探せば経済学で使う数学がどんなものか分かると思います。

大学生向けのものは、
西村和雄「早わかり経済学入門」東洋経済
などです。

真面目にミクロの理論を勉強するなら、集合も勉強することになると思います。頁数が多くなっても構わないのであれば、小山昭雄「経済数学教室」岩波書店の全八巻などもあります。

また、実証研究に興味があるなら、計量経済学などを学ぶ事になりますが、この場合、ある程度の統計学の知識は必要になります。
例えば、宮川公男「基本統計学」有斐閣が分かり易いと思います。

 例えば大学3年生で丸山徹先生のゼミに入りたいとなると、今から真面目に取り組んでおいて損はないと思います。ミクロ経済学の理論に興味があるなら、本格的に数学を使うことになります。

学部サイト
http://www.econ.keio.ac.jp/index-jp.html
から講義要綱をクリックすると、講義の簡単な概要ならびにテキストがわかります。参考にして下さい。

大学の経済学部卒業生には最低限、条件付最適化程度の数学は理解してほしいものです。慶応大学ならその程度の内容は要求される事でしょう。

>微分方程式...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報