色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

初の昭和生まれの国会議員は、いつ頃初当選したのでしょうか?教えてください。

gooドクター

A 回答 (1件)

第二次大戦後初の第22回衆議院総選挙は1946(昭和21)年4月10日に行われました。

昭和元年が1926年12月25日から31日までの1週間で、1946年の4月にはまだ19歳なので当然被選挙権はありません。

続く第23回は翌1947年4月なので、まだ被選挙権はありません。
昭和元年(1926年12月25日)生まれの人が被選挙権を得るのは第25回総選挙のときからです。1952年(昭和27年)10月1日に行われました。
このときなら昭和元年生まれの人は25歳以上です。

 もっと簡単に調べる方法を思いつきましたが、ウィキペディアで昭和元年生まれの有名人を検索したところ

12月26日 - 藤森昭一、内閣官房副長官、昭和天皇崩御時の宮内庁長官、のち日本赤十字社社長(+ 2016年)
12月26日 - メリー喜多川、実業家・芸能プロモーター(ジャニーズ事務所の名誉会長)
12月28日 - 篠原正記、俳優・スーツアクター (+ 2018年)

藤森昭一氏はいわゆる官僚なので国会議員ではありません。

昭和2年(1927年)生まれの有名人を検索してみました。
4月20日生まれの塚本三郎氏が1958年5月に行われた第28回総選挙で当選しています。彼は31歳になったばかりでした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%9A%E6%9C%AC …

長年政治家を努めていたので、50歳以上の人は彼のことを覚えていると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
中々、平成生まれの国会議員が出てこないのでちょっと心配でしたが昭和生まれの国会議員も昭和30年代に入ってから初の国会議員になった話しを聞くと安心しました。

お礼日時:2021/08/03 19:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング