【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

Unfortunately for busy students,
their is no shortcut to becoming an expert.

こちらの訳はなんとなく、「不幸なことに忙しい生徒たちがショートカットしてエキスパートになることはできない」とわかりますが、
文法的なところがわかりません。
toの後にbecomingとingが来るのはなぜですか?
またtheir is noのところもよくわかりません。

教えていただけたら幸いです。

A 回答 (2件)

their ではなく there です。


この文のtoは「~への」の意味の前置詞で、前置詞の後には名詞(動名詞を含む)が続くことになっているのでbecoming (動名詞)となります。

Unfortunately for busy students,
忙しい学生には不幸なことだが、

there is no shortcut to becoming an expert.
エキスパートになる近道はない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

お礼日時:2021/08/03 08:19

「不幸なことに多忙な生徒たちにとっては、エキスパートとなることへの近道などまったく存在しないのだ」




この to は不定詞ではなく前置詞なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

お礼日時:2021/08/03 08:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング