gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

「知る」 「分かる」 の違いを教えてください。

A 回答 (7件)

知るというのは、0の状態から知識を得て1になることです。



分かるというのは、色んな情報があって不明瞭な状態が、はっきりと見えるようになることです。
真実がAだとして、AとBとCがごっちゃになった状態から、AとBとCは違うものだとか、BCは不要な情報だというのを分けられるようになるから分かるのです。
    • good
    • 1

知る、これだけの意味と言われれば、コピペ丸投げ、状態の記憶、なぜそうなのか等は一切理解していなくても知っているに該当。


分かる、知ったうえで、他人に対して、なぜ・・が説明可能な知識を得た。
    • good
    • 1

あまり区別して使っていないようですが、皆さんお回答の通りです。


「知る」を「しる」と読むのは、「知る」からです。
掛け算の九九を知っていても10*10は「分かり」ません。掛け算の仕組みや計算方法が「分かれ」ば、答えが出ます。
そういう違いでしょうか。「分かり」ますか。
    • good
    • 1

「知る」⇒知識を得る



「分かる」⇒理解する
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます> <

お礼日時:2021/08/02 23:31

「知る」は、知識や情報の入手などです。


「知っている」は、既にそれがある状態です。

「わかる」は、主に理解です。
「わかった」の場合は、承知した(了解した)という意味にも使います。

「知らない」と「わからない」は、同じ意味で使うこともあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!!^^

お礼日時:2021/08/02 19:28

昔、中学校の先生が、



知る
分かる
教える
の順番で、勉強をすれば学力が定着すると教えてくれました。

知る→内容を把握する
分かる→内容を理解する
教える→理解した内容を人に教える

質問者様の質問と回答がずれていて
申し訳ありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答してくださってありがとうございます!

お礼日時:2021/08/02 18:49

「知る」は表面的なことを知っていることで、


「分かる」は、深いところまで分かっていることだと思います。

「知り合い」とか「顔見知り」というのは、
顔とか、名前とかは知っているのですが、
その人の性格とか、好き嫌いなどまでは知らないかもしれません。

「私は彼のことを知っている」ではなく、
「私は彼のことを分かっている」という場合は、
彼と知り合いだと言いたいのではなく、
彼の性格などまで含めて分かっている状態だと
言いたいのだと思います。

つまり、
表面的なところを「知る」、
深いところまで「分かる」
という違いがあると思いました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!( ´∀` )b

お礼日時:2021/08/02 18:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング