つまらない質問で恐縮なのですが、食塩を加熱していくと最後には
どうなってしまうのでしょうか。
溶けてしまうのですか?それとも無くなってしまうのでしょうか。
溶けるのであれば何度くらいで溶けるのか教えていただけると
ありがたいです。宜しく御願いします。

A 回答 (3件)

 


 食塩は主として「塩化ナトリウム(NaCl)」からなりますが,市販品には通常「塩化マグネシウム(MgCl2)」や「硫酸マグネシウム(MgSO4)」なども含まれています。以下,塩化ナトリウム(NaCl)について回答しますが,食塩では若干数値が異なるかも知れません。


 通常の化合物は加熱していくと,固体→(融解)→液体 →(沸騰)→気体 と変化します。この時の融解する温度を融点,沸騰する温度を沸点といい,物質に固有の値です。塩化ナトリウム(NaCl)の場合は,理化学辞典第5版によると,融点 801 ℃で沸点 1413 ℃(sesame さんの数値と若干異なります)です。

 つまり,801 ℃で融けて液体になり,1413 ℃で沸騰して気体になります。さらに加熱を続けると,・・・・・どうなるのでしょうか。私には良く判りません。この辺になると,原子核の反応が関係してくるように思いますので,「物理」に質問された方が確かな回答が付くと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

化合物は通常加熱していくと気体になるのですか・・・・
本当に勉強になります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 17:47

なんでも固体は液体を経て気体になります。

(昇華は別)
食塩に関してそういう質問を持つと言うことは
水溶液に溶けることと自身が液体になることを混同
して考えておられるのでしょうか?

もしそうならば・・・
水溶液に溶けるのは固体の食塩が水の力をかりて
イオンに別れて水に溶けるのです。水和とか聞いたことあるでしょうか?
けれども固体だけでは熱を加えない限り溶けません。
801度で液体になります。この場合は熱によって
塩化ナトリウムの結合を切る(弱くする)ことで液体になります。
さらにやれば気体になります。温度はほかのみなさんが
いわれたとおりですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

熱で結合が切れて流動性の物になるということですね。
さらに熱をかけると気体になるのか・・・
そこが難しいですね。

お礼日時:2001/08/27 17:50

食塩(NaCl)は801℃で融けだして液体になり、1485℃で沸騰します。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

溶けるとは知りませんでした。
お返事ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 17:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食塩水の質問です。 3パーセントの食塩水と7.2パーセントの食塩水 3:1の割合で混ぜるの何パ

食塩水の質問です。


3パーセントの食塩水と7.2パーセントの食塩水 3:1の割合で混ぜるの何パーセントの食塩水になりますか


4%の食塩水と5%の食塩水を 何対何で4.6%の食塩水になりますか



答え合わせをしたいのでわかる方ご回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

パーセントの定義がまず不明確です。濃度の定義は重要なので要確認ですよ。
通常は質量パーセント濃度なので、その前提にします。

3%の食塩水は溶液の質量中3%が溶質の質量なので、もし、100gの食塩水なら3gの食塩が溶けていることになります。
同様に100gの7.2%食塩水は7.2gの食塩が溶けています。

それを3:1で混ぜるのですから 食塩の量は 3×3+7.2=16.2g 合わせた食塩水の量は100×3+100=400g
従って質量%濃度は、16.2/400=0.0405=4.05質量%濃度になります。
答え 4.05%

混ぜ合わせた結果4.6%=0.046←溶質の質量/溶液の質量になります。
0.046=(4+5x)/(100+100x) ← 仮に100gの4%溶液を想定して、それに対して5%がx倍必要と考えて式を立てます
分母は溶液の質量、分子は食塩(溶質)の質量になります
↑の式を解くと
0.046(100+100x)=(4+5x)
4.6+4.6x=4+5x
0.6=0.4x
x=1.5
0.4%食塩水1に対して1.5倍の0.5%食塩水を混合すると4.6%食塩水になります
答え 1:1.5 → 2:3の比で混ぜるとよい

パーセントの定義がまず不明確です。濃度の定義は重要なので要確認ですよ。
通常は質量パーセント濃度なので、その前提にします。

3%の食塩水は溶液の質量中3%が溶質の質量なので、もし、100gの食塩水なら3gの食塩が溶けていることになります。
同様に100gの7.2%食塩水は7.2gの食塩が溶けています。

それを3:1で混ぜるのですから 食塩の量は 3×3+7.2=16.2g 合わせた食塩水の量は100×3+100=400g
従って質量%濃度は、16.2/400=0.0405=4.05質量%濃度になります。
答え 4.05%

混ぜ合わせた結果4.6%=0.04...続きを読む

Q塩分濃度2%の食塩水200gと 塩分濃度5%の食塩水300gを混ぜ合わせると何%の食塩水が出来るか。

塩分濃度2%の食塩水200gと
塩分濃度5%の食塩水300gを混ぜ合わせると何%の食塩水が出来るか。

という問題があって 解くと
答えが3.8%の食塩水になりました

合ってますでしょうか?
確認お願いします(。> <。)

Aベストアンサー

合ってます。

塩分濃度2%の食塩水200g:塩は4g
塩分濃度5%の食塩水300g:塩は15g

合計で塩が19g溶けている食塩水500g だから
19/500=0.038=3.8%

Q固体の食塩を加熱しても燃焼(酸化)しないのはなぜ?

固体の食塩を強い火力で加熱すると、砂糖などの有機物や、鉄のようには燃焼(酸化)せず、融解して液体になります。
なぜ食塩は加熱によって酸化しないのでしょうか(酸化ナトリウムと塩素分子にならないのはどうしてでしょう)。

おなじように、水を加熱し酸化させて過酸化水素水、酸素を加熱し酸化(?)させてオゾンというのも聞いたことがありません。
これらについても補足的にご説明していただければと思います。

質問者は中学理科の知識は十分にありますが、高校化学は全くといっていいほど忘れてしまっています。
「イオン化エネルギー」とかが関係しているのでしょうか…??

Aベストアンサー

なぜ塩化ナトリウムの方が安定..

全ての原子は、貴ガスの電子配置に憧れるから。
貴ガスのエネルギー準位が最も低く安定するから。
貴ガスは、これで自己満足して居り、1原子で1分子の様
に振る舞います。

但し、何故、貴ガスのエネルギー準位が低いのか、と問わ
れても、それは誰も知りません。そう謂う性質のあるもの
だとしか謂えません。

御質問例の場合、ナトリウム族原子とハロゲン族原子が化
合し、双方がアルゴンの電子配置みたいに成り、双方が満
足するんです。

ハロゲン族。元素周期律表の第17族の原子群。
塩素は、第17族周期3の原子。
ナトリウム族(同表第1族)原子と結合し、塩の類似品を
作るので「塩を作るもの」と謂う意味のギリシャ語から、
ハロゲンと呼ばれます。その化合物の一つが「食塩」の主
成分即ち、塩化ナトリウムです。

尚、燃焼も含めた「酸化」と謂う現象は、簡単に謂えば、
結合する相手から無理矢理に電子を奪い、自分のモノにす
る反応です。
酸素分子の場合、双方が互いに相手から2ヶの電子を奪い
互いにネオン型電子配置に成り、双方が満足するんです。

だから、皆が満足出来ぬオゾンや過酸化水素は不安定なん
です。

これ以上は長くなるので割愛します。

なぜ塩化ナトリウムの方が安定..

全ての原子は、貴ガスの電子配置に憧れるから。
貴ガスのエネルギー準位が最も低く安定するから。
貴ガスは、これで自己満足して居り、1原子で1分子の様
に振る舞います。

但し、何故、貴ガスのエネルギー準位が低いのか、と問わ
れても、それは誰も知りません。そう謂う性質のあるもの
だとしか謂えません。

御質問例の場合、ナトリウム族原子とハロゲン族原子が化
合し、双方がアルゴンの電子配置みたいに成り、双方が満
足するんです。

ハロゲン族。元...続きを読む

Qある溶液(例えば水)に可溶性不揮発性物質(例えば塩化ナトリウム)が溶け

ある溶液(例えば水)に可溶性不揮発性物質(例えば塩化ナトリウム)が溶けていると、沸点にどのような影響を与えるか。

砂や炭のような不溶物質の影響はどうか。

これら2つの沸騰溶液のすぐ上の蒸気の温度はどうなっているか。

Aベストアンサー

架台の丸投げは禁止ですよ。
可溶性物質に関しては「沸点上昇」をキーワードに検索すること。
非可溶性物質が沈んでいるときは何の変化もありません。

Q「食塩水にアルミニウム」と「食塩水に亜鉛」

「食塩水にアルミニウム」と「食塩水に亜鉛」
化学電池ではなくて、ビーカーに食塩水を入れてアルミニウムだけを入れるとアルミニウムは溶けますか?また食塩水に亜鉛だけ入れた場合も亜鉛は溶けますか?そのとき気体は発生するのでしょうか。水素が発生するのでしょうか。化学反応式も示してもらえるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です
何度もすいません。勘違いしていました
正しくは「水素は若干発生します。」
酸と反応したときほど激しくはありませんがボルタ電池の自己放電という形で説明されています。

本当に失礼しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報