【初月無料キャンペーン中】gooドクター

法テラスの利用について
法テラスの面談相談を利用予定なのですが、どれくらいの情報を得られるのでしょうか? 具体的には、自分が原告側となり、弁護士無しの少額訴訟を起こそうと思っているのですが、用意した訴状や証拠書類などを法テラスの面談相談で確認してもらう事は可能でしょうか? また、相談に行く予定の法テラスがある市と同市の簡易裁判所で親族が働いているのですが、私が相談に行った事が、その親族に知られる可能性はありますか? (法テラスが相談内容を記録に残し、簡易裁判所に報告するなど) 親族には知られずに訴訟を起こしたいです。 なお、訴訟を起こすのは隣県です。裁判所職員は、別県の少額訴訟について、調べない限り情報を得る事は無いと思いますが、どうなのでしょう。(調べる事自体は可能でしょうか?)

gooドクター

A 回答 (4件)

まず,あなたがやって欲しいと思っている「訴状や証拠書類等の確認」というのは,法テラスが意図している相談業務ではないんですよね。


頼まれた弁護士だって,書類は完ぺきに思われたのに口頭弁論での答弁に間違いがあっために責任を問われるなんてことしたくありませんし,そもそも責任も取れません。業務に精通している弁護士であれば,お互いのためにそんな相談には応じない。でも精通していない弁護士であれば,その先の危険性にも考えが及ばずに応じてしまうかもしれないけど(でも結果はすべてあなたの自己責任扱いになる)。
代理を依頼するなら応じる余地はあるけど,そうでないならやらない。そう言われると思います。

そして法テラスには,業務に関して得た情報については守秘義務があります。万が一漏らした情報によってあなたが不利になった場合,これは法テラスと漏らした人の責任問題になりますので漏らしません。
報告なんてしません。どの情報をいつどのように出すかが民事訴訟における攻撃防御の方法なんです。弁護士であればそんなことは知っていて当たり前のことですから漏らしません。法テラス自体だって同じです。

それから裁判記録ですが,結論として出ている「判決」は見ることはできても,係争の過程にある「裁判記録」については閲覧制限がかかっています。他の裁判所の職員なんて,当該係争取り扱い裁判所からしてみればまったくの第三者と変わりません。そんな人には情報は流しません。
    • good
    • 0

法テラスの面談相談を利用予定なのですが、


どれくらいの情報を得られるのでしょうか?
 ↑
正直、たいした役には立ちません。
それは覚悟すべきです。



具体的には、自分が原告側となり、弁護士無しの
少額訴訟を起こそうと思っているのですが、
用意した訴状や証拠書類などを法テラスの面談相談で確認して
もらう事は可能でしょうか?
 ↑
可能だと思いますヨ。



また、相談に行く予定の法テラスがある市と同市の簡易裁判所で親族が働いているのですが、私が相談に行った事が、その親族に知られる可能性はありますか? (法テラスが相談内容を記録に残し、簡易裁判所に報告するなど)
  ↑
弁護士には守秘義務がありますので
無い「はず」です。



親族には知られずに訴訟を起こしたいです。 なお、訴訟を起こすのは隣県です。裁判所職員は、別県の少額訴訟について、調べない限り情報を得る事は無いと思いますが、どうなのでしょう。(調べる事自体は可能でしょうか?)
 ↑
裁判は公開が原則ですから、調べるつもりなら
誰でも可能です。
    • good
    • 0

>用意した訴状や証拠書類などを法テラスの面談相談で確認してもらう事は可能でしょうか?



一応目を通してはくれますよ。

>法テラスが相談内容を記録に残し、簡易裁判所に報告するなど

そんな事したら信頼を失うのでしないと思いますけど。

>裁判所職員は、別県の少額訴訟について、調べない限り情報を得る事は無いと思いますが、どうなのでしょう。

まずその人に少額訴訟を起こしたことを言わなければ、何が訴えられてるかって調べるほど暇人でもないと思います。
⇒窓際族であったとしても隣県とかまではないんじゃないでしょうか。

------------
少額訴訟は迅速で気軽に利用できる制度ですが、「時間をかけて丁寧に審理をしてもらうことができない」というデメリットがあります。 このようなデメリットがあるため、少額訴訟の手続きを行うためには、裁判の当事者の「双方の同意」が必要だとされています。 当事者のどちらかが通常の裁判を希望すると、自動的に通常の裁判に移行します。
------------
ここは大丈夫そうでしょうか?
    • good
    • 0

問題の件について、一般的な法律解釈で裁判等になったら、どう判断されるか?などの一般的な相談ができるだけだと思います。


ですから、どれくらいの情報を得ることができるか?といえば、相談対応してくれた弁護士さんの頭で判断した情報を得ることができるということでしょう。
たぶん、訴状や証拠書類の確認等は、無料相談の範囲外の仕事になると思われます。
なお、弁護士ですから、相談の秘密は守ってもらえると思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング