gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

この前今更ですが「硫黄島からの手紙」を観ました。当初日本は死を美徳としてたこともあり、この映画予告のコメントにも案の定「戦争を美徳している」というものがありました。これはこの映画を見た後に戦争はなんて美しんだって思ったってことですか?私はあんな残酷な物語を見た後絶対そんな気には思いません。確かに勇敢だ、カッコいいとは思ったけどだからといって映画が戦争を美しく魅せようだとか、そんなふうには思いませんでした。むしろ、なんで残酷なんだ、2度と繰り返してはいけないと思います。
美徳美とかいう人は難癖つけたいだけなのか、それとも本当に戦争が美しいものだと思ってしまったのでしょうか?

A 回答 (2件)

どこが美しいの・・・あれ見て最悪だ、戦争なんて絶対イヤ、って思った人は多そうですが、美化なんて思った人は絶対多くないでしょう。


勇敢? かっこいい? 嘘でしょ。私は、米兵含めあそこで戦っていた兵士達全員が、惨めで可哀想に見えました。
宮崎駿は戦争の兵士を、選択の予知なく、駒に利用され、個人として讃えられることもなく、命を落とし、「あんなに可哀想な奴らはいない」と言っています。あの映画の兵士達はまさにそんな風にしか見えませんでした。

「戦争を美徳している」なんて誰が言ったのか知りませんが、映画観てないとしか思えません。
実際、映画のレビューって観ずにあーだこーだ言ってる人結構いますよ。具体性の無い内容などで、わかるものはすぐわかります。
    • good
    • 1

そう思わせて人を騙し、人の命を利用したのだ。


人権侵害の手法だ。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング