プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

コロナのデルタ株が、感染を拡大し続けていますが、そんな中、高齢者の重症化や死亡例が減り「これワクチン接種のおかげだ!」とこぞって言われていますが、

これって、単にウイルスの毒性が弱まっただけ!という可能性もあるのでは?
ウイルスは、変異を繰り返すたびに、毒性は弱まっていく(自身が生き延びるため)。

ウイルスの弱毒化により、重症者や死者が減っただけなのでは?
ワクチンの効果だ!と決めつけるなんて、ちょっと安易過ぎでは??

質問者からの補足コメント

  • やはり、ワクチン打つ人や推進派って、なんか変…という結論しか出ないのですが、反論ある方いますか?

      補足日時:2021/08/06 16:55
gooドクター

A 回答 (31件中1~10件)

ひとつだけ言えることなんですが!



ウイルスの正確な情報と、ワクチンの正確な情報ってのは

今のところ何もないのが事実ですね

ウイルスが弱毒化した可能性や
ワクチンの効果があった可能性が議論されてるけど!


新型コロナに対して耐性のない人が、初期の新型コロナで沢山死んだから

変異株での死者数は減ってきてる可能性もありそうですね

まだまだ、ウイルスにしてもワクチンにしても
未知な部分が多いから

過信と鵜呑みは危険ですね
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとう

確かにそうですね!
まだまだ分かっていないことばかり!ということが、一番正しいのかもしれませんね。

冷静になれるコメントを、どうもありがとうございました。
少しずつでも、確実に分かってくることが増えてきて、的確な選択を出来るようになってほしいものです。

お礼日時:2021/08/07 16:13

感染力に反比例して弱毒化しているという法則はあったはずなのですが、デルタ株の猛威が世界へ拡大して、間もなくしてそういう見解はなくなっています。



まだ公開されていないけど、自宅や隔離施設や病院で、亡くなっているのはワクチン未接種の人の割合が多そうに思えてます。

ワクチン接種しても感染力は健在だということが先日CDCから発表されている。

ただ接種者の重症化や致死率は確実に激減している事はわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>まだ公開されていないけど、自宅や隔離施設や病院で、亡くなっているのはワクチン未接種の人の割合が多そうに思えてます。
>ただ接種者の重症化や致死率は確実に激減している事はわかります。

憶測でなら、なんとでも言えますよね。
私が知りたいのは、憶測の予測ではなく、真実だけなんです。

ごめんなさいね。

お礼日時:2021/08/07 16:06

毒性が弱まっているということは無いと思いますが、


最近の感染拡大で高齢者が自主的に自粛している可能性と一定のワクチン効果で高齢者の重症化や死亡例が減っていると私は考えています。

ただ、最近ではデルタ株のウィルスも増えており、デルタ株に感染した場合、2回ワクチンを接種していても人に感染させる力は変わらない可能性があると、イギリスの保健当局が明らかにしています。

そのため、今は高齢者の重症化の数が減っていても、国民が自粛せずにデルタ株の感染が広がった場合、再び高齢者の感染者数と重症化数が増加すると予想しています。

要は、ワクチンに多少の効果はあるけど、治験を十分に行っていないワクチンに過度な期待をすんなって話ですね。
(ワクチン接種のメリット・デメリットは五分五分程度と思っておくのが吉?)

※私はワクチン接種する予定はありませんが、ワクチンの効果を全否定するつもりはありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

冷静なコメントを、ありがとうございます。
他にコメントを下さった わしやけど。さん言われるように、まだはっきりと分かっていることは、何もないというのが一番正しいのかもしれませんね。

私も、ワクチンの効果自体否定をしているわけではないのですが、まあ、こんな表現を続けていたら、それは伝わるわけはないですね。

ラムダ株という新しい株が、空港の検疫で見つかったそうですね。
どうなることか。

お返事、本当にありがとうございました。

お礼日時:2021/08/07 16:03

>これって、単にウイルスの毒性が弱まっただけ!という可能性もあるのでは?



ない。バカの言うことは話にならない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バカと天才は、紙一重…

ラムダ株様も、無事入国を果たされたようです!
既存のワクチン、効きますかねえ。

お礼日時:2021/08/07 11:50

>単にウイルスの毒性が弱まっただけ



若年、中高年の重症化率が格段にアップしていますから違うと思います

>ウイルスは、変異を繰り返すたびに、毒性は弱まっていく

「ウイルスの毒性が弱まる」というより「治療法の確立などでウイルスを克服できるようになる」ため、相対的に弱毒化したように感じられるということかと

>ワクチンの効果だ!と決めつけるなんて、ちょっと安易過ぎでは??

いや、ワクチン効果出てますけど
医師や専門家が立証済みですし

ここで目立ちたいのは分かるけど、ただ恥と無知を晒すだけになったね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

効果の方は、正直どうでもいいんだよね。

3回目の接種の話が進んでいるようですが、やっぱり打つんですか?

お礼日時:2021/08/07 11:46

諸般の事情から世間一般では高齢者の重症化や死亡が減っているのはワクチンの効果だと考えられています。

学説で言えば通説です。
それはおかしい、単に毒性が弱まっただけかも知れないと考えられている根拠は何でしょうか?

なお話は少しそれますがウイルスはもちろん考える力なんて持っていません。どのような変異を起こすかは偶然です。今後新しい新型コロナウイルスが出現した場合、論理的に感染力の面では今のデルタ株以上でないと主流にはなりません。逆に言えば今のデルタ株よりはるかに感染力が強いけれども毒性の面では極めて低い、そんな株が誕生する可能性もあり、そこに希望があるかも知れない、と思っています。勿論明確なウイルス干渉が前提ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

効果判定は、結果から。
因果関係判定は、結果無視。

この違いに納得していないだけです。
ワクチンの効果判定など、どのみちワクチンなど打たない&信用していないので、正直どうでもいいです。

ラムダ株様が、無事上陸を果たされたようですね♡
今のデルタ株より、はるかに感染力が強いけれども毒性の面では極めて低い!
そんな株様だといいですネ!
キャハ!

お礼日時:2021/08/07 11:32

変異によって毒性が強まったウイルスは、早期に宿主を動けなくしたり死なせたりする為、感染は広まらずに淘汰されます


結果的に、変異によって弱毒化したウイルスが生き延びるので「ウイルスは変異を繰り返すたびに毒性は弱まっていく」という認識になる側面があります

ワクチンにより重症化や感染者数を抑える事ができれば、強毒化するウイルスの発生が抑えられ、高齢者の重症化や死亡例を減らす一因となる、とも言えるのではないでしょうか
    • good
    • 1
この回答へのお礼

で、結局今のワクチンは、効果あるのですか?
ワクチン接種が進んだ国々で、感染再蔓延してますけど。

お礼日時:2021/08/07 11:34

打たない理由は色々あると思うが今後、子供が生まれる可能性が充分に考えられる年齢にとって、


1年足らずで開発されたワクチンは
長期的にどんなリスクがあるかわかりません。

コロナに感染しても重症化するリスクは非常に低く、ワクチン接種で個人的に得られるメリットは少ないと感じる。現状では打たなくてもいいと判断しました

 
しかし特に10~20代の人は、コロナで亡くなるリスクはほとんどありません。そもそも呼吸器不全のコロナ自体で亡くなる人は2000人くらい
にもかかわらず、長期的な安全性が不明なワクチンを打つようプレッシャーをかけられているのは、とても気の毒です。

海外の臨床試験で、接種していない群の発症者が162人だったのに対し、接種した群の発症者が8人だったことから、有効率95%と宣伝されています。

しかし臨床試験には、各群約1万8000人ずつが参加しており、それを母数にして計算すると、発症者は全体で0・84%しか減っていないのです。

 言い換えると1人の発症を減らすためには、100人以上にワクチンを打たなければいけない計算になる。
しかも、これは海外での臨床試験の結果です。感染者が海外の数十分の1と少ない日本に置き換えれば、数千人に打って、やっと1人の発症者を減らせるくらいの効果であるということになってしまう

河野担当大臣が『不妊や流産になるというのはデマ』と発言して物議をかもしました。
しかし、『科学的にはまだ何とも言えない』というのが正しく、デマと断言する方がデマではないでしょうか?

不妊や流産だけでなく、あらゆる健康への悪影響は、5年、10年経ってみないとわかりません。

副反応に関する報道や議論は短期的なものが多いですが、長期的に健康の影響を考える視点が重要だと考えています

臨床試験では発症予防効果があるとされましたが、感染そのものや死亡を減らす効果は証明されていません。

特に最近の変異種に対する効果は限定的だと思われます。

感染予防効果が証明されていない以上、集団免疫ができるというのはいまのところ期待でしかありません。

日本政府も10代20代の女の子の
子宮頸がんワクチンで安心安全とメディアが煽り
厚労省も積極推奨だったのが
半身不随、車いす、不妊となり訴えられたために

厚労省のHP見るとリスクを考えて打ってくださいってなってる
つまり責任は自分にありますよともはや逃げの姿勢である

考えたら10代の子が未来奪われても政府がこんな対応じゃ・・・・

で今回も死んだら金出すといっているがすでに750人超えてきた
が誰も因果関係は無い、不明と処理されている
わからないって自から言ってるのに
飽きれるしかない
そりゃ金なんか出さないわなw

他にも薬害に関して信用ならない政府のやり方にものすごく疑問がある
し非常に難しい問題であるのに国民感情の火消しのためにワクチンを打たせ
ワクチンは「痛くない」とか大臣はアホかと思います

「接種するかしないかは国民自らの意思に委ねられるものであることを周知すること」と決められており

 ワクチン接種を強要したり、打たないと決めた人を非難したりするのは、予防接種法の趣旨にも反している。

 打つ人も打たない人も、その選択が同様に尊重されなければ
今後もまた同じようなことは起こります
    • good
    • 3

自分で判断すればいい。



ワクチンが危険なのは、治験が短いから。それだけ。
効果があることも、一定のリスクがあることも、科学的・医学的時事実なので、マクロに見れば、感染爆発リスクより、多少の副反応リスクがあっても、たまに人が死んでも、メリットの方が大きい、と言っているだけ。

一方で、個人でみれば、
・ 将来どんなリスクがあるか、まともな治験期間を経てないのでわからない。
・ どんなに副作用が可能性が低くても、起こったら自分事。

なので、自分で判断し、自分の判断を他人に押し付けない・・・ことが重要。よく、自分が打って安全だったことを、アピールしている動画もあるが、あれはバカ。その人と、他人は、違う体。体が違えば事情も違う。

一方で、質問のような、科学や医学をもとにしない、思いつきもナンセンス。確率、感染率、発症率、重症化率、すべて明細に、個人別、世代別、地域別などで分析してのマクロ結果。それも、日本、世界、何千万で。

そういう余計な邪推をすることで、他人の判断を歪めていることに、いい加減気が付かないと。風邪だ、インフルと同じだ・・・に騙されたバカが、今も日本で感染をかき回して、日本はこれから、地獄へまっしぐらです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

少なくとも、地獄へまっしぐらにはならないと思うな…
ワクチン接種を推し進める方が、地獄の奈落の底に…という気がしています…

3回目の追加接種も、検討されるとのこと。
何があっても打つ気はありませんが、ワクチンの影響を受けた人達が…周りでバタバタ……

まあ、それでも国は、すっとぼけるのでしょうけどね…

お礼日時:2021/08/07 11:43

報道されている専門家の意見が正しい。



その他はデマ・・無知が寂しいから騒いでいるだけです。

オオカミがきたぞ! オオカミがきたぞ! と子供が寂しいから

構って欲しいだけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アハハ!
たしかに毎日暇だしな(爆笑)!

ワクチン、3回目接種の話が進んでいるようですよ?
打ちますか?

お礼日時:2021/08/07 11:44
1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング