今秋をめどに車の購入を考えている者です。最近の車は燃費がかなり良くなり、いろんな車の燃費の欄を見比べているのですが、その時に10・15モードというのを良く見ます。自動車の燃費を調べる時の基準条件みたいなものであるとは理解しているのですが、いったいどのような条件なのか詳しく知りたいので教えてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

グラフがあった方が分かりやすいかと思いまして、URLを貼っておきました。


参考にどうぞ。

で、補足なのですが、10・15モードは、通常に乗っている人には、まずこの数値を出すのは不可能に近いです。
同じ走行パターンで走っても、この数値はでないらしいです。

10・15で走らせる専門家がいて、その人が走行した場合に出る数値だと聞いています。
エンジンブレーキやらアクセルワークとかでこの数値を出しているようですね。

私も試しましたが、無理でした。
(試すなって?)

ではでは。

参考URL:http://www.eccj.or.jp/databook/1998/p96.html
    • good
    • 0

初めまして!



昔(16~17年前)学生時代(自動車短大)に実習でやりました!
みんなで「大笑い」しながら・・・
いわく
 「こんな走り方、しね~よ!」
 「追突されるぞ!追突!!」
 「(警察の取り締まりのまねで)はい前の車、さっさと走ってください」
 「エンストするゾ~~~ッ!」
などなど、それはもう「笑うしかない」代物で、「決して公道では試してはいけません」
というレベルのものでした。
当時、実験車はセドリック(330型)で前輪を固定し、車の目の前に機材
(これがまたショボイのなんのってもう!)をおいて(フィルムの上に隙間が
 あり、その間を光で追う/フィルムの縦が速度、横が距離/フィルムは左に
 巻き込んでゆく/フィルムの上を隙間が蛇行する/それに速度&ギヤを合わせる
 ・・・シフトポイント指定! (^^;)
でっ、たしか何分間かで(ぴったりと!)やるという代物でした。

10モードは、たしか40km/hで、加減速は少なく(10種類のモード)
15モードは、50km/h(記憶が定かでない)で、15種類のモードで
あったはず・・・当然、交差点での停止もやったはず・・・

市街地では、到底「不可能」な運転でそんなことしたら、間違いなく
「事故の元」ですし「社会の迷惑」になります。
「けっして公道では、試してはいけません!」

ところで、今の車ってあんなに「遅く走れる」のかなぁ?
あれはあれで、「かなり高度な運転技術」じゃないかなぁ・・・
    • good
    • 0

質問の趣旨にそれますが、参考までに。



今年、新車に買い換えましたが、
10・15モードが13.0Kmで、私の実燃費は普通に走って、8.5kmです。
高速、停止の少ない郊外では15Km以上を記録しました。

前の車は、10・10モードが10.0Kmで、実燃費は7.0Kmでした。
高速でもやっと10Km。

goukunさんのおっしゃるとおりですね。
    • good
    • 0

下記URLを参照してください。



参考URL:http://www.jari.or.jp/ja/kuruma/kuruma46/shashi4 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJC08モードについて。10・15モードに変わる燃費の指標のようですが

JC08モードについて。10・15モードに変わる燃費の指標のようですが 「JC」とは何の略なのでしょうか?調べましたが何の略称かは分かりませんでした。

Aベストアンサー

J-Japan
C-Chassis
08-2008年
と聞いた事があります。

Q燃費を良くするには?ハイオク車にレギュラ-は?

燃費を良くするにはどうしたらいいのですか?今は町乗りがおもです。やはりオイルやガソリン添加剤など使うといいのですか?あとハイオク車にレギュラ-を入れていても大丈夫なのですか?車はレガシィ-とグロリアです。

Aベストアンサー

燃費に関しては燃料やオイルの問題ももちろんありますが、一番大きな要因は運転のしかたにつきますね、ラフなアクセルワークを極力避けてATであればシフトポイント(ギアが切り替わるポイントでアクセルの踏み方やエンジン回転数、車速によって決まります)を十分把握しシフトポイント付近で一旦軽くアクセルを戻すなどの操作をして早めに高いギアに入れたりロックアップ状態にすることでかなり変わります。私の現在乗っている車種(トヨタのスポーツツインカムエンジンで3S-GEというお世辞にも燃費の良いエンジンではありません)でもATミッションの特性をよく理解しアクセルワークに気を使いながら乗れば町のりでリッター8キロ近く走りますが、まったく無頓着にアクセルワークをすると6キロ以下に落ちます。

プレミアムガソリン仕様の車にレギュラーガソリンを入れるのはあまり感心しません。それが直接エンジン不調の原因になることは少ないのですが、プレミアムガソリンを指定しているエンジンではレギュラーガソリンで運転された場合ノッキングによるエンジンへのダメージを避けるため点火時期を遅延したりターボ車の場合ブースト圧の制限をしたりというように、エンジンの持つ能力自体を制限してしまいます。特に点火時期の遅延は直接燃費の悪化につながります。

実際、私もプレミアムガソリンが高価なのでレギュラーガソリンを使用したことがあるのですが、レスポンスの悪化ははっきり体感できますし、リッターあたりの価格の差と同程度の燃費の悪化(高速道路を一定クルーズする場合などはレギュラーでも大差ないが、市街地走行ではレギュラーのほうが確実にリッターあたりの走行距離は短くなりました)もあり、燃料を安価なものに変えることによる経済的な利点はありませんでした。このときアルコール系の燃料も試したのですが、発熱量がガソリンより低い(オクタン価は高いのでノッキング等の発生はなし)ので結局、走行距離あたりの燃料代には大差がありませんでした。

マニュアルでもATでもその車の性質をよく理解して運転してやる事でリッターあたり1キロぐらいの差は簡単に出てきてしまうものです。もちろんオイルや燃料・それに添加する添加剤の類もまったく無益であるとは言いませんし、場合によっては大きな効果がある場合もありますが、割合から見て一部ではと言うべき程度であることをお断りしておきます。

燃費に関しては燃料やオイルの問題ももちろんありますが、一番大きな要因は運転のしかたにつきますね、ラフなアクセルワークを極力避けてATであればシフトポイント(ギアが切り替わるポイントでアクセルの踏み方やエンジン回転数、車速によって決まります)を十分把握しシフトポイント付近で一旦軽くアクセルを戻すなどの操作をして早めに高いギアに入れたりロックアップ状態にすることでかなり変わります。私の現在乗っている車種(トヨタのスポーツツインカムエンジンで3S-GEというお世辞にも燃費の良いエ...続きを読む

Q燃費を良くする運転方法

燃費を良くする運転方法
燃費表示が24Km/Lの車(Fits)を運転していますが実際には14Km/Lしか走れていません。運転の仕方に問題があるのではないかといわれますが、どうしたら表示の燃費に近づけるでしょうか。運転の達人で表示燃費に近い走りを実現している方からの回答を期待しています。ちなみに、私の日常運転は通勤・帰宅に40分、信号で5回ぐらいストップ、平均時速70Kぐらいで平地を走っています。体重は50K,荷物はほとんど載せていません。

Aベストアンサー

車メーカーが公表している燃費は、そもそも巡航速度を一定にして一番燃費の良いキロ数で無風状態のときの参考燃費です。

ストップ&ゴーの多い街乗りでは、必ず燃費が落ちます。
運転の仕方によって若干の改善は出来ます。
発進時は、ブレーキを戻しアクセルを踏まずともゆっくり動き出すクリープ現象を利用する。
そして本当にじわじわゆっくりアクセルを踏む。
信号が赤に変わりそうなときは、アクセルを素早く離す。
アクセルを踏んでいなければガスは使いません。
急発進急停車などの急のつく運転は燃費を落とします。

余計な荷物を全て降ろす。
ガソリンを入れるとき満タンにしない、3分の1くらいをキープ。
これである程度は燃費が改善します。

あとは、エンジン内を綺麗にするクリーナーなどを時々使用して汚れや燃えカスをエンジン内の爆発と共に燃やしてしまえばそういった部分でのロスもなくなり若干燃費の改善もされます。
エアコンやワイパー、CDラジオ等電装品を点けても燃費は悪くなります。
タイヤの空気圧も若干高めの方が転がり抵抗が少なくなるので燃費が向上します。

これらの事はほぼ全ての自動車で共通して使える基本の小燃費運転術です。

車メーカーが公表している燃費は、そもそも巡航速度を一定にして一番燃費の良いキロ数で無風状態のときの参考燃費です。

ストップ&ゴーの多い街乗りでは、必ず燃費が落ちます。
運転の仕方によって若干の改善は出来ます。
発進時は、ブレーキを戻しアクセルを踏まずともゆっくり動き出すクリープ現象を利用する。
そして本当にじわじわゆっくりアクセルを踏む。
信号が赤に変わりそうなときは、アクセルを素早く離す。
アクセルを踏んでいなければガスは使いません。
急発進急停車などの急のつく運転は燃費を落...続きを読む

QMT車のほうが燃費が悪い車の理由

ホンダのシビックはATとMTがありますが、
なぜ、MT車のほうが燃費が悪く、AT車のほうが燃費がいいのでしょうか?
今までの常識では、MT車は、トルクコンバーターを使用しないため、AT車に比べて燃費がいいといったことだったと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

シビックのサイトを見てみました。

ATが5速あることと、ロックアップ機構が付いていること、
ATの方がギア比が小さい(同じエンジンの回転数でATの方がたくさんタイヤが回転する)から
ATの方が燃費が良くなっているのだと思います。

Q新車の燃費を良くする方法は?

よく新車を買った後は、エンジンを良くするためなのか詳しくわかりませんが、最初の1000Km位までは、長距離により早めに超えたほうがエンジンの持ちが良くなり燃費も良くなる、と聞いた事があるのですが。添加剤などを使わず、新車の性能を最大限に活かせる乗り方があれば教ええてください。

Aベストアンサー

私は今はベンツのS500Lに乗っています。燃費は6キロくらいです。高速に行けば8キロくらいになります。なぜベンツに乗っているのかといいますと,その値段は高いですがその分安全であり,機動性が国産車とは比べ物にならないからです。過去にベンツのS320に乗っていて一度大きな事故をしました。全損で相手の車もくの字になるくらいの事故でした。国産車に乗っていたら死んでいたかもしれません。しかし,ベンツはその車内はピクリともしていませんでした。安全はお金で買うものだとつくづく思い知らされました。ちなみに私は整備士2級を持っています。ご質問の件ですが,昔の車でしたら馴らし運転は必要でした。しかし,今の車は製造技術が発達し,ほとんど必要性はありません。馴らし運転は貴方のその車の運転に慣れる意味で必要でしょう。慣れればその車のエンジンの極限まで回してエンジン本来の性能を引き出させてください。エンジンの性能を設計基準にさせることで,燃費もそのエンジンに見合ったものとなります。さらに燃費は車の重量を落とすことで高くなります。よって,重量を抑えるために満タンにはしない方がいいと思います。タイヤもころがり抵抗を抑えるために軽くする必要があります。ホイールもアルミかマグネシュームにするとか,車の外装もいらわずにそのままの状態で使用してくださいね,空気抵抗が増えますから,加速・スピードを求められるのでしたら燃費は考える余地はありません。燃費の向上を求められるのでしたら,お嬢さんが運転されるような走りをされる以外にはないと思います。添加剤も以前私も試しましたが,効果はありませんでした。また,エンジンの稼動抵抗を抑えるのでしたら硫化モリブデンをエンジンオイルに混ぜられたらいいと思います。いずれにしても,走りと燃費は反比例しますから,貴方の満足される方を選択されるのみです。

私は今はベンツのS500Lに乗っています。燃費は6キロくらいです。高速に行けば8キロくらいになります。なぜベンツに乗っているのかといいますと,その値段は高いですがその分安全であり,機動性が国産車とは比べ物にならないからです。過去にベンツのS320に乗っていて一度大きな事故をしました。全損で相手の車もくの字になるくらいの事故でした。国産車に乗っていたら死んでいたかもしれません。しかし,ベンツはその車内はピクリともしていませんでした。安全はお金で買うものだとつくづく思い知らされました。ちな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報