プロが教えるわが家の防犯対策術!

最近、タイトルに書きましたような「~していただきありがとうございます」という表現をよく耳にするのですが、これは正しい用法なのでしょうか。

敬語を使わない表現(なんと言うか忘れてしまいました)に直すと「(店に)来てもらってありがとう。」ですよね。
「ありがとう」が他人へ感謝を伝える言葉であるならば、「来てもらって」の主語は店(店員)ですからそこが合わないと思ってしまうのです。
ですから「来てくれてありがとう」を丁寧にした「ご来店下さりありがとうございます。」の方がふさわしいと思うのですが、いかがでしょうか。
(「来てもらえてありがたい」でも理解できるんです。でも店内放送では使えませんね(笑))

敬語がちゃんと使えないと言われる若い世代の中で育ちましたので私の感覚が変なのかもしれませんが、ずっと気になっていたので投稿しました。
お暇なときで結構ですので回答よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

頼もしい限りです。


以前、あなたと同じ疑問を某新聞に質した読者がいて、紙上で取り上げられ、校閲部(?)や高名な国語学者の御託宣で、どちらの側から表現するかの差で、どちらでもいいとという結論になったらしいことを、間接的に耳にしました。その記事を調べていないので、あまりいい加減な批判は慎まねばなりませんが、日頃考えていることを記します。
「お客様が来店してくださる」も「お客様に来店していただく」もそれぞれに正しいことは言うまでもありません。
問題はその後に「ありがとうございます」が続くこと、「ありがとう【ございます】」であって「ありがとう【存じます】」ではないことです。
さらに、一番重要なのは、「いただく」の主語は発言している人だ、ということです。

「ありがたい」とは、ほとんどありえないようなすばらしいことを言います。

「店の者がお客様に来店していただいた、その店の者の行為がありがたい」
「お客様が来店してくださった、そのお客様の行為がありがたい」

どちらでしょうか?

質問者さんの挙げられた対比例も的確ですね。
繰り返しになりますが、
「いろいろ教えてもらってありがとう」
「いろいろ教えてくれてありがとう」
この二つがどちらも正しいと言う人とは、平行線でしょう(前者は「いろいろ教えてもらって[私は]感謝しているよ」のように言うべきだと思います)。
しかし、この御質問に接して、思わず膝をたたきました。「同じ事を考えている(若い?)人がいるんだ」と。
今後とも、よろしくお願いします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そして、同じ感覚をお持ちの方にお会いできて大変うれしく思います。こちらこそよろしくお願いします。
(ちなみに私は22歳です。高校生の元気さがうらやましいです(笑))

garamondさんのご回答は私の言いたいことをまとめてくださったようでした。
「ありがとう存じます」「感謝しています」と、「ありがとうございます」はこう違うのですね。

sunasearchさんの「いただく」についての説明を受け、「くださる」を調べてみました。

(3)(補助動詞)
動詞の連用形に「お」の付いた形、動作性の漢語に「ご(御)」の付いた形、動詞の連用形に「て(で)」の付いた形などに付いて、動作をする人に対して、その動作を受ける者の立場から敬意を表す。
「御高著をお送り―・り有り難うございます」

この箇所にあてはまるのだろうと思ったのですが、先ほどの「いただく」との使い分けについてどう定義すればよいのだろうと考えています。

新聞ではどちらも正しいと結論が出たと言うことで、もはや好みの問題なのかもしれませんが、もう少し考えてみたいと思います。
なんだか楽しくなってきました。

お礼日時:2005/03/05 23:59

 まず、次のことを理解すれば、理論的に説明出来るでしょう。



   常体    敬体
 ~てもらう  ~て頂く(謙譲語)
 ~てやる   ~て上げる・差し上げる(謙譲語)
 ~てくれる  ~て下さる(尊敬語)

 という事から考えて「ご来店下さり、ありがとうございます」というkarina3242さんの語感は正しいと思います。でも最近やたらと「頂く」を使いたがりますね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

jun102さん、はじめまして。
ご回答ありがとうございます。

常体と敬体ということばをずっと思い出せずにもやもやとしていましたので大変助かりました。
もう忘れないようにしなければ・・・。

jun102さんやhe-goshite-さんがおっしゃるように、本当に最近は「いただく」が多用されていますね。
基本に返って、ただ批判するだけでなく正しく敬語を使えるように頑張りたいと思います。

お礼日時:2005/03/08 00:49

「お・・・いただく」の場合、敬意の対象が、話し手と聞き手のどちらにも解釈できるというのが問題なのだと思います。

どちらとして解釈するかは、確かに感覚によりますね。

そこで、敬意の対象が曖昧なのが問題なので、「いただいて」のところを「いただきまして」とすれば、曖昧さが減るのではないでしょうか?

「ます」は話し手から、聞き手への丁寧語ですので、これを加えることで、「いただく」の敬意の方向も「話し手から聞き手」の方向に解釈される可能性が高くなるような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sunasearchさん、再びのご回答ありがとうございます。うれしいです。

そうですね!「いただきまして」に置き換えてみると、感じ方がぐっと変わります。
これは「ます」の敬意の対象がポイントなのですね。納得しました!

わかりやすいご回答に感謝しています。
これからもよろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/03/08 00:32

No.2回答者さんの回答(の「有難うございます」と「有難う存じます」の使い分け)を拝見して,目からうろこが落ちる思いをしております。



私は,「ありがとうございます」は,「在り難い(ことで)ございます」のことだから,
お客様が「来てくださった」こと,でも,お客様から「来ていただいた」こと,でも,ともに「在り難い(めったにない)ことだ」という意味を感謝を表すことばとしているのだから,この場合はあとに続く感謝の気持ちを表す言葉として組み合わせても,許容の範囲ではないか,と思っていました。

それよりも,いまどき流行っている,本来明らかに「くださる」(または「なさる」)を用いるべきところに「いただく」を使う文が気になります。不快感さえ覚えます。
「いただく」を使いさえすれば丁寧な表現になると思っているかのような言葉遣いです。

例えば,私があるプロバイダから受け取ったメールの文面では,
「○月○日は○○様(私の名前です)が××(プロバイダの名前です)にご入会いただいてから、ちょうど○周年目にあたります。云々」となっていました。
(ここは「ご入会くださってから」あるいは「ご入会なさってから」にすべきですよね)(「ご入会いただいてから」にするなら,○○様と××の位置があべこべですよね!)

質問者さんの本旨もここにあるのではないかと思い,ひとこと書きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

その通りです!私が気になっているのは後に「ありがとうございます」がつく場合の「いただく」、「くださる」の用法だけではなく、he-goshite-さんがおっしゃるような文もなのです。
言葉が全然足りませんでした。

実は質問を投稿した後、買い物に出かけたのですが、店内放送で「更に!ポイントカードを五枚集めていただいたお客様にはプレゼントをさしあげます!」といった文句が流れていました。
これもhe-goshite-さんがお受け取りになったメールと同じく「変だなあ」という感じがします。
これだと動作主の○○様(he-goshite-さんがお受け取りになったメール)、客(私が聞いた店内放送)が下げられているようです。

他の方のお礼でも書きましたように、いまだにどんな場合での「いただく」がよくないと感じるのかはっきりとわからないです。
もしおわかりであれば、ぜひ教えてください。

それにしても、日本語は奥が深いですね。
私は四月から日本語教育を副専攻にする予定なので、日本語に対する興味が更に増しました。

お礼日時:2005/03/06 00:26

(イ)(「お…いただく」の形で動詞の連用形、「御(ご)…いただく」の形でサ変動詞の語幹を受けて)他人にその動作をしてもらう意を表す。



(a)

その動作が動作者の意志に基づく場合。
「わざわざお越し―・いて恐縮です」「御心配―・きましたがもう元気になりました」


来店するという動作に対して、感謝しているという意味になり、問題はないようです。

参考URL:http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%A4%A4 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
お返事が遅れてすみません。
さて、sunasearchさんが引用なさった「わざわざお越しいただいて恐縮です」、「ご心配頂きましたがもう元気になりました」の二文に関して、私は違和感を覚えませんでした。
何と言うか、今回の「ご来店いただきありがとうございます。」とは種類が違うもののように思えてしまうのです。
しかし残念ながらそれがなぜかがわかりません。
確かに条件はこの箇所のそれに合致しているのに・・・。

理屈でなく感覚が頼りであることがより判断を難しくしています。
もう少し、どのような場合に変だと思うのかを考えてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/05 23:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本日はご来店いただきましてありがとうございます。

これを間違いだとするサイトが結構あるようですが、その理由を見ると、明らかな勘違いがあるようです。
たとえば、ある質問で紹介されている以下2つのサイト。
≪最近多い誤用敬語≫http://keigo.livedoor.biz/archives/292251.html
【「いただく」は自分の行為に対して使う謙譲語なので、本来は相手の行為には使いません。】だそうですが、そもそも「ご来店いただく」は相手の行為ではない、ということを理解していません。
「来店」は相手の行為ですが、その「来店」という相手の行為を「いただく」のは自分の行為であり、謙譲語を使うのが当然なんですけどね。敬語に対する理解不足なのでしょう。
≪言ってはいけない日本語≫https://books.google.co.jp/books?id=q05RlG5NHjsC&pg=PA46&lpg=PA46&dq=#v=onepage&q&f=false
【「いただく」も「くださる」も相手の行為に対する尊敬語だと勘違いしている人が多い】と書かれていますが、勘違いしているのは、むしろ著者のほうでしょう。理由は1と同じですので繰り返しませんが。

ただ、これら2つのサイトは、「本日はご来店いただきましてありがとうございます」に関して、「あきらかな間違いではありません」「あきらかな間違いではない」と明言しています。
ところが、これらのサイトを参考にしつつも、「間違いだ」と主張する方も中にはおられるようです。
「好ましくない」と言いたいなら、個人的趣味の問題として理解できますが、「間違い」かどうか、という問題とは分けて考える必要があるんですけどね。
それはさておきますが、間違いだ、あるいは好ましくないとする理由として、「相手が来店したという行為ではなく相手が来店した事実に対して礼を言っているから」と述べる方もあるようです。
たしかに、「相手が来店した という事実」を「わたしがいただいたこと(そうした状況になっていること)」に対して「ありがとうございます」とお礼を言っているわけで、こうした構図は一応理解しておられるようです。
しかし、この構図が間違いだ(好ましくない)とするなら、次の例文についてはどう解釈なさっているんですかね。
前置きが長くなり恐縮ですが、質問は次のとおりです。

【質問】
『こんなにたくさんお菓子をいただきましてありがとうございます。』

これは、「相手がくれた」という行為ではなく、「相手がくれたもの」に対してお礼を言っている構図ですが、これは間違った、あるいは好ましくない表現なのでしょうか。
『こんなにたくさんお菓子をくださいましてありがとうございます。』
『こんなにたくさんお菓子をくださりありがとうございます。』
のように言い換えるのが正しい、あるいは好ましいのでしょうか。
自分がもらったたくさんの「お菓子そのもの」に対して感謝したければ、「いただきまして(いただき)ありがとうございます」と言えば良いし、「お菓子をくれたという相手の行為」に感謝したければ、「くださいまして(くださり)ありがとうございます」と言えば良い。
どちらが正しいとか間違っている(好ましいとか好ましくない)とかいう問題ではない。
このように思うのですが、みなさんのご見解をお聞かせください。

これを間違いだとするサイトが結構あるようですが、その理由を見ると、明らかな勘違いがあるようです。
たとえば、ある質問で紹介されている以下2つのサイト。
≪最近多い誤用敬語≫http://keigo.livedoor.biz/archives/292251.html
【「いただく」は自分の行為に対して使う謙譲語なので、本来は相手の行為には使いません。】だそうですが、そもそも「ご来店いただく」は相手の行為ではない、ということを理解していません。
「来店」は相手の行為ですが、その「来店」という相手の行為を「いただく」のは自分...続きを読む

Aベストアンサー

●No.7への補足コメントについて。
>常日頃から不特定多数の顧客に対して来店依頼をしていると解釈すれば、「こちらの働きかけによる」と言えそうな気もしますが、いかがでしょう。

そう、その働きかけがいやなんです。
店の働きかけによって客が来た。つまり店が客に手間を取らせた・迷惑をかけたことになります。
迷惑をかけたのなら「ありがとう」ではなく「すみません」だろうと、そんなふうに思うのです。
それに客側の意識として。客は店に呼ばれたから行くわけではないですよね。買い物のために、自分の意思で行くのであって。
それを店の視点で、私(店)が呼んだからあなた(客)は来たんだという前提で話をされるとなんかこう、イラっとしてしまいます。

でも実際のところ店としては客を呼び付けたつもりは無いでしょうから謝る必要は無い。謝られてもうっとうしいですし。
それにNo.14さんの回答にあるように、『「すいません」ではなく「ありがとう」と言うべき』というのが近頃の風潮だと思います。
であれば、「くださる」を使っておけば済む話だと思うのです。呼び付けたのではない、謝るのでもないのであれば。
逆になんでわざわざ「いただく」を使うのかなあと思います。


話は変わって。何が好ましくないのか改めて考えてみました。

(1)「いただく」の乱用が嫌い
そもそも「いただく」が嫌いという話。
(1-1)~させていただくの乱用
 「いたします」でいいのになんでもかんでも「させていただきます」で済ませる。
(1-2)ご飯をいただく
 「食べる」でいいのに「いただく」と言う。ご飯をもらったのか?と思ってしまう。(間違いだという話ではなく嫌いだという話です。)
(1-3)お客様が来ていただく
 誤用。「相手に~いただく」と「相手が~くださる」の混交で、「相手が~いただく」と言ってしまう。(1-1)と同様になんでもかんでも「いただく」で済ませようとする意識が原因?

この辺も反発の原因になるかなあと。


(2)相手への感謝ではない?
質問文の例文、
『こんなにたくさんお菓子をいただきましてありがとうございます。』
これはつまり、お菓子に感謝しているのであって、相手に感謝してるのではない、とも取れます。
私なんかにはその辺も引っかかる原因なのかもしれません。自分でもひねくれた受け取り方だなとは思いますが。
でも私は特に独創的な人間ではないので、同じように感じる人もそれなりの数いると思います。

この考え方で行くと「店側が来てもらってありがたい」というのは、客に感謝しているのではなく、店が利益を得たことに感謝していることになります。
「ああ今日も客がいっぱい来た。これも日頃の行いが良いおかげだな。ありがたいありがたい。」
これだと客には全く感謝していないことになります。自分の行動をほめているだけ。あるいはせいぜい天や神に感謝するくらい。とにかく客ではない。

くり返しますが、ひねくれた受け取り方だとは思いますし、「いただく」を使っている人がそんなことを考えているとも思いません。
ただ、(1)のように「いただく」の乱用が嫌いなので、そういうことを考えてしまいます。


(3)誰に話しかけている?
「~くださいまして」は「客が」が主語です。なので自分(客)の話題だなと思います。一方で「~いただきまして」だと「店が」が主語です。それだと店の内情の話で自分(客)には関係無いという気分に私ならなります。


何が好ましくないのかと改めて考えて、上記3点が思い付きました。
しかしどれも感覚的な問題・感じ方の問題なので、文法的な誤りのような万人に共通する問題ではないですね。

●No.7への補足コメントについて。
>常日頃から不特定多数の顧客に対して来店依頼をしていると解釈すれば、「こちらの働きかけによる」と言えそうな気もしますが、いかがでしょう。

そう、その働きかけがいやなんです。
店の働きかけによって客が来た。つまり店が客に手間を取らせた・迷惑をかけたことになります。
迷惑をかけたのなら「ありがとう」ではなく「すみません」だろうと、そんなふうに思うのです。
それに客側の意識として。客は店に呼ばれたから行くわけではないですよね。買い物のために、自分の意...続きを読む

Q【接客用語】この接客用語って間違っていますか?

飲食店の従業員に接客を教える立場にある者ですが、
接客用語について教えてください。

お客様が帰る際に
「どうもありがとうございます。またお願いします」
または、
「どうもありがとうございます。またお待ちしております」
という接客用語がここの所聞かれるようになりました。

この接客用語は日本語としてあっているのでしょうか?

自分としましては今後
「またの“ご来店”お待ちしております」
に変更したいと思っています。

前記の二つの悪い部分の説明がうまく出来ない為
間違っているのであれば、間違っている意味を教えてください。

Aベストアンサー

「またお願いします」
:店側の一方的な立場からの表現になっている。
何をお願いするかと言えば、「またお金を使ってください」「また儲けさせて下さい」ということしか考えられませんから、
これほど【無粋な表現】もないと私は感じます。

「またお待ちしております」
:「また来店する」のは当然のことだ、というニュアンスが込められていて、【やや強制的な勧誘】という印象は免れないでしょう。
たとえ無意識的といえど、当然という気持ちがあるので「来店」の2文字を省略していることになります。

ご提示の
「またの“ご来店”お待ちしております」
あるいは、
「またのご来店お待ちいたしております」
などが妥当なところではないでしょうか。

「ご来店を」としたほうが丁寧なのはわかるのですが、
「来店」という要素にこだわりすぎている印象を与えるため、
業種によっては店側の利益のために来店を待っている、というニュアンスが醸し出されてしまう場合もあるような気もします。
「ご来店お待ちして~」の方は、来店行為を軽く受けることになるので、「お待ちしている」という点に比重がかかり、全体的にはあっさりしていながら気持ちのこもった挨拶、という印象を与えることができるように思います。
業種によってご検討されるとよいでしょう。
 

「またお願いします」
:店側の一方的な立場からの表現になっている。
何をお願いするかと言えば、「またお金を使ってください」「また儲けさせて下さい」ということしか考えられませんから、
これほど【無粋な表現】もないと私は感じます。

「またお待ちしております」
:「また来店する」のは当然のことだ、というニュアンスが込められていて、【やや強制的な勧誘】という印象は免れないでしょう。
たとえ無意識的といえど、当然という気持ちがあるので「来店」の2文字を省略していることになります。
...続きを読む

Q「~していただきまして、ありがとうございました」

日頃お礼状などを書く際に「~して頂きまして、ありがとうございました」と書いていたのですが、
正しい日本語でしょうか?「~して頂き、ありがとうございました」の方が適切でしょうか?
またその際、「いただき」「頂き」と、ひらがな漢字のどちらにするかいつも悩みます。


少し気になったので教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No.5で回答した者です。
 No.5の〈■補助動詞の表記〉の項に当方の勘違いがありました。
 下記のように修正します。申し訳ない。

■補助動詞の表記
 表記の問題ですから、どちらでも「間違い」ではありません。 
 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。おそらく、本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~ていただく」で使い分けるのでしょう。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/pdf/kunreibesshi_h221130.pdf
================引用開始
・・・かもしれない(間違いかもしれない。)
・・・てあげる(図書を貸してあげる。)
・・・ていく(負担が増えていく。)
・・・ていただく(報告していただく。)
・・・ておく(通知しておく。)
・・・てください(問題点を話してください。)
・・・てくる(寒くなってくる。)
・・・てしまう(書いてしまう。)
・・・てみる(見てみる。)
・・・てよい(連絡してよい。)
・・・にすぎない(調査だけにすぎない。)
・・・について(これについて考慮する。)
================引用終了

 No.5で回答した者です。
 No.5の〈■補助動詞の表記〉の項に当方の勘違いがありました。
 下記のように修正します。申し訳ない。

■補助動詞の表記
 表記の問題ですから、どちらでも「間違い」ではありません。 
 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。おそらく、本動詞の「...続きを読む

Q「~していただく」は尊敬語?

いろんなところで目にする「~していただく」はそもそも尊敬語なのでしょうか?
一般的に尊敬語は動詞に
「お(ご)~になる」
「お(ご)~なさる」
「お(ご)~くださる」
などの言い方がありますが,例えば「理解する」の場合はどうでしょうか?
相手側に「理解してくれましたか?」とたずねる場合「ご理解してくださいましたか?」が正しいと思うのですが,最近は「ご理解していただけ(き)ましたか?」や「ご理解いただけ(き)ましたか?」の方を良く見かけます。この用法は尊敬語として正しいのですか?
また「理解してもらえましたか?」を尊敬語にする場合と区別する必要がありますか?

Aベストアンサー

「いただく」は謙譲語です。尊敬語ではありません。

「理解する」の場合は、
「ご理解いただく」
「理解していただく」
は正しい用法で、
「ご理解していただく」
は誤用です。
「ご理解いただく」は「ご理解をいただく」の省略形と考えます。その「ご理解」は相手方の行為を表す尊敬語。それに「いただく」という謙譲語を用いたもので、正しい用法です。
また「~していただく」は、「理解して」には敬語が使われていません。普通の言い方です。それに「いただく」という謙譲語を付けた言い方です。敬度は落ちますが、間違った言い方というわけではありません。

それに対し
「ご理解していただく」の場合は、
「ご~する」の形が謙譲語にあたります。その「~」に入る「理解」は相手方の行為です。つまり、相手の行為を表すのに(尊敬語を使うべきところなのに)謙譲語を使ってしまっているということです。

「敬語」(菊地康人 講談社学術文庫)ほかを参考にしました。

Q「いつもありがとうございます」という文の使い方

 日本語を勉強中の中国人です。「いつもありがとうございます」という文はどんなシチュエーションで使うのでしょうか。具体的に何のことに対して感謝するまで言わなくても大丈夫でしょうか。使い方を教えていただけませんか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

淡雪さん、こんにちは。

個人 対 個人 の場合には、挨拶で
「お早うございます、こんにちは、こんばんは」を使いますよね。

会社 対 会社、あるいは、会社 対 個人(お客様)の場合は、これに相当する挨拶が、
「いつも(ご愛顧、ご用命、ご指名+いただき)ありがとうございます」なのです。

社交辞令の挨拶なので、
具体的に何かの事柄に対して、
感謝していると言わなくても大丈夫です。「Ni Hao」と同じ感覚です。

似た意味で「いつもお世話になります。」を使う場合もあります。
「いつもお世話になります。」は、会社 対 会社 の限定使用です。

使用例
電話で会話 - 会社 対 会社
「**会社の**様でしょうか? 
いつもお世話になります。(私は)○○会社の淡雪です。
先日、ご相談させていただいた件(用件)についてですが、
今(今から)、(対話に)お時間をいただいてもよろしいでしょうか?」

注意

初対話、初対面で「○○会社の淡雪です。」を使うと無礼になります。
初対話・初対面では
「私は○○会社の淡雪と申します。以後、よろしくお願いいたします。」と言います。
2回目以降の対話に「○○会社の淡雪です。」と言います。

「いつもありがとうございます」を使ってもよいですが、
会社 対 会社 の場合は「いつもお世話になります。」が最適です。


電話で会話 - 会社 対 個人(お客様)
「**様(お客様の氏名)でしょうか? 
いつもありがとうございます。(私は)○○会社の淡雪です。
先日、ご相談させていただいた件(用件)についてですが、
今(今から)、(対話に)お時間をいただいてもよろしいでしょうか?」

お客様に対しては「いつもお世話になります。」は言いません。
「世話をする」=「援助する」と同意ですから不自然な使用法(誤用)になります。

また、初対話・初対面では
「私は○○会社の淡雪と申します。以後、よろしくお願いいたします。」と言いますが、
通常は「以後、よろしくお願いいたします。」を省略してもOKです。

「いつもありがとうございます」、「いつもお世話になります。」は口語形式なので、
対話やメールなどの挨拶用語として使います。
文語形式の契約書、辞令(命令書)などには使用しません。


** 日本語の修正箇所です。 **
具体的に何のこと(事柄)に対して感謝する[と、]まで言わなくても大丈夫でしょうか。

前文の引用を示す格助詞の「と」を足すと自然な日本語になります。
「(引用部分)と、動詞」

*暗く曇った空を見て、明日は雨が降るかな[と、]私は思った。
*無実を主張していた被告は、ついに、裁判で無罪[と]判決が下された。
*私の難病を治してくださった先生(医師)に(対して)、
 「あの人は、神様のような人だ。」[と、]私の両親が感謝を申していました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A9%E8%A9%9E

淡雪さん、こんにちは。

個人 対 個人 の場合には、挨拶で
「お早うございます、こんにちは、こんばんは」を使いますよね。

会社 対 会社、あるいは、会社 対 個人(お客様)の場合は、これに相当する挨拶が、
「いつも(ご愛顧、ご用命、ご指名+いただき)ありがとうございます」なのです。

社交辞令の挨拶なので、
具体的に何かの事柄に対して、
感謝していると言わなくても大丈夫です。「Ni Hao」と同じ感覚です。

似た意味で「いつもお世話になります。」を使う場合もあります。
「いつもお...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「お申し付けください」は間違っていますか。「言う」の尊敬語は「おっしゃ

「お申し付けください」は間違っていますか。「言う」の尊敬語は「おっしゃる」で謙譲語は「申す」であれば、お客さんなどに「ご希望があれば遠慮なくお申し付けください」という言い方は間違っているのでしょうか。

Aベストアンサー

多少複雑ですが、間違いではないようです。
↓を参考にしてみてください。

参考URL:http://ameblo.jp/comkeigo/entry-10097099260.html

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング