色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

1,海外(特に欧州)の在来線は25m前後の客車・鉄道車両や少し小さめの鉄道車両、2階建て車両といった色々な車両が走っていますが、何故こんなに混在しているのでしょうか?

2,海外含めた客車車両を1両~複数連結及び切り離しする時ですが、どのようにして作業を行うのでしょうか?

3,海外の在来線特急の最高速は200kmとなっている路線もありますが、200kmで走行できる区間は少ないのでしょうか?

質問者からの補足コメント



  • 海外の特急列車の運転席映像ですが200km出している事はあまりない気がします。そういうものでしょうか?

      補足日時:2021/08/07 23:44

A 回答 (6件)

1.運行している国や路線に左右されます。

欧州の場合、大都市近郊であれば電車、ローカル線で国を跨がない(=越境しない)運用であれば気動車で間に合わせますが、長距離列車となれば国を跨ぐ(=越境する=国際列車)運用が殆どになる為、客車の方が都合が良くなります(欧州でもイタリアのように例外的に長距離列車を電車で国を跨ぐ運用をしている国も存在します)。
また、日本の場合はJRはJRの車両、私鉄は私鉄の車両と会社間で直通運転の契約がない限りJRの路線に私鉄の車両が乗入れたりその逆は無いのですが、欧州の場合は運行する列車単位で鉄道会社が国営(=国鉄)・民営があり、1つの路線に複数の鉄道会社が存在する事が珍しくないそうです。
2.いわゆる「分割併合運用」の事ですが、YouTube内で迷列車シリーズで海外の鉄道に詳しい方が動画を上げているのでご参考になるかと。

因みに海外の場合国によっては線路幅が異なる事がある為、標準軌の国や路線が標準軌より広い(=広軌)国や路線(代表例:ロシア・スペイン)に乗り入れるかその逆の場合、客車の下にある台車を乗り入れ先の台車に交換したり、日本では断念したフリーゲージトレインが運用に付いていることがあります。
3.これは日本の鉄道事情と異なっていて、欧州に限っては先述の2.の事情を抱えていない限り在来線も高速新線も標準軌が採用されています。日本でそれに近いのは山形新幹線や秋田新幹線ではないでしょうか。欧州も線形や地形、路線規格の影響を受けなければ在来線でもスピードが出ますが、そうでない所で速度を向上させる為に高速新線が作られる事があります。
    • good
    • 0

1.EUで鉄道が発達したのは、18世紀後半。


イギリスで蒸気機関車が発明され、産業発展に鉄道が不可欠になったから。
様々な規格の鉄道網が敷設されたため、様々な規格の車両が存在するのです。

2.客車を機関車が押して(推進運転)連結します。

3.TGVの動画ではありません。
    • good
    • 0

>海外の特急列車の運転席映像ですが200km出している事はあまりない気がします。

そういうものでしょうか?
特急ではありません。メインはLGV(高速新線)経由のTGV(高速列車)の区間の在来線経由の列車です。フランスでは電気機関車牽引の中長距離列車が激減しているので珍しいからUPされているのでしょう。
    • good
    • 0

> 1,海外(特に欧州)の在来線は25m前後の客車・鉄道車両や少し小さめの鉄道車両、2階建て車両といった色々な車両が走っていますが、何故こんなに混在しているのでしょうか?



ヨーロッパは20ヵ国以上旅行し鉄道もかなり利用していますが、2階建てと通常の車両を混在させている編成は見たことが有りません。
新しい低床の車両数両と古くからある乗り降りに数段のステップを上り下りせねばならない車両数両をつなげる・・・といった編成は見たことがあります。
あと、1等車と2等車で型式が違うというのもよく見ます。
運用上、技術的な問題が無いのであれば見た目のデザインの違いとかは気にせず使うという合理性優先なのでしょう。


> 2,海外含めた客車車両を1両~複数連結及び切り離しする時ですが、どのようにして作業を行うのでしょうか?

編成の組み直しをしているところは見たことがありませんが、ポルトガルのとある終端駅で機関車の付け替えをしているところは見たことがあります。
別段日本の貨物駅などでの機関車の入れ替えと変わりませんでした。


> 3,海外の在来線特急の最高速は200kmとなっている路線もありますが、200kmで走行できる区間は少ないのでしょうか?

ドイツやスイスでInterCityやEuroCityを利用した際、郊外の畑や牧草地が続く平坦な直線でかなりのスピードを出していた記憶があります。
「新幹線みたいだ。こんな車両でこんなに出すんだ」と思ったので少なくとも180km/hは出ていたのではないでしょうか。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2階建てと通常の車両を混在させている編成ではなく車両の規格という意味でございます。申し訳ありません。

お礼日時:2021/08/08 12:11

1 基本的には繋がれば何でも良いと言うことです。


副次的には好きな車両に乗れる事になる。
2階建て車を連結することで1階部分のドアに低いホームから車いすで乗り込めるように1両だけ連結していることもあります。
2 入換機関車を使用して連結解放します。

3 国によって違いますが特急(日本で言う)が走っているような線区なら200km/h(以上)の区間が存在します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フランスの特急?列車走行映像ですが200km出している事はあまりない気がします。そういうものですかね…
https://youtu.be/nopxc6A97ls

お礼日時:2021/08/07 23:47

欧州では高低差が大きく、細かく入り組んだ山岳部も多い為、高速走行を前提とした軌道敷設が困難だから、ではないかと存じます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

https://youtu.be/nopxc6A97ls

海外の特急?列車走行映像ですが200km出している事はあまりない気がします。そういうものですかね。

お礼日時:2021/08/07 23:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング