プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

筋トレや有酸素運動を行う時、毎日行うより、時々休む日を作って取り組んだ方がいいですか?

gooドクター

A 回答 (5件)

次の日に動けなくなるくらいやるなら休日を作ったほうがいい


それ以外は基本毎日がいい
    • good
    • 0

そうですね。

休日を入れた方が健康的にも筋肉も付きやすくいいですよ。
筋トレをすると筋肉にキズが付きます。
そのキズを身体が治すまで約48時間~72時間かかります。
そのキズを治している間は筋トレなどの筋肉を激しく動かす運動は止めて下さい。
そのキズを治そうとする治療を身体自身が止めてしまうからです。
止めてしまうと筋肉が元の筋肉に回復できなくなり...怪我の要因ですし筋肉もつきませんね。

筋トレもそうですが特に有酸素運動は持久性ですのでをやり過ぎてしまいますと活性炭素が溜まり過ぎてしまい身体の全身の老化が早まりますし身体のどこかが発ガン性の発症のリスクが高まります。
そうですね。その筋トレ内容にもよりますが息が荒くなるような大変さでしたら3日に1度か4日に1度の筋トレがいいですね。
有酸素運動も筋トレのウォーミングアップとかクールダウンに使えばいいと思いますから同じ日にやるのが一番いいと思います。
ですから時々休む日を作って取り組んだ方がいいですね。
    • good
    • 1

筋トレは超回復を起こせるほど負荷を掛けてやるなら


基本的には週2~3回
そこまでの負荷を掛けないなら毎日でも問題なし
ただし 歳行ってからは骨密度と肉体疲労に相談してくださいw
ある程度万全でないと普通に怪我します


有酸素運動は物と年齢によります
ダンスなどの全身運動でしたら年令問わず毎日でも構いません
ただし負担が一部に掛かるようなダンスでしたら少し変えましょう
毎日だと若いうちは兎も角 60超えだすと痛みが走るかもしれません
週3~5日の方が良いかと

ウォーキング・ジョギング・ランニングも
若い時や50歳ぐらいまでは
ちゃんと骨が平均的な強さでしたら毎日でも構いません
やはりこれが60歳を超え始めると
骨が丈夫でも膝の負担で歩けなくなります
実際no.2の様な運動で若いうちは動けてたのに…という方が歳を取ってから膝が痛くなり歩くことすらままならなくなったという例が全国各地で起きています
なので 骨密度と年齢次第で 毎日~週3~5日 と変化します
自分の身体に合わせてやってください
因みに 若いうちは兎も角として
ある程度の年齢から人体の修復機能は落ちるので
痛みだしてからでは遅いかもしれません(特に80超えたら多分外で歩けなくなるかも…?)
気をつけてください
    • good
    • 1

学生時代は毎日、2時間以上歩いてました。

通学と犬の散歩の為に。
それ以外に運動部だったので、ジョギングなどもやってました。

時々、休むが意味不明ですが?
そもそもジョギングならともかくウォーキング程度なんか、何も特別な事では無いです。

毎日やっても何も問題無いし、むしろ健康を考えたら1日1万歩というのは至極当然です。

1日は24時間あります。
何も8時間運動やれとは言いません。

たった1時間ですらやらない人が圧倒的に多いんですよ、現代人は。
仕事や勉強は数時間できる癖に、運動をほとんどしない。

太って当然。
    • good
    • 1

本格的に追い込むのなら休む日をつくるべきだと思います。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング