プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

身内に、人が亡くなる前に金属が柔らかくなる現象が起こると以前ぽろっと言っていたのを思い出しました。

もう1人、霊をみたり感じたことがあると身内でいったことがありました。けれど、一回くらいしか聞いてないので、あまり言いたくないことなのかもしれないと思い、深く聞いていません。

そういえばもう1人、人魂を見たって言っていました。

そんな経験ある方いますか??
わたしにはまったくそういうことがなく、ちょっとだけ残念です。まぁ怖がりなのでいいんですけどね(^_^;)

もうひとつの質問もぜひ宜しくお願いいたします。

A 回答 (8件)

不思議と云うより


遠隔超能力犯罪被害の経験を

K-POPシャイニー 死神
略奪破壊不法投機攻撃凶悪犯罪加害者

云ってる事 の一番酷い事は

自分の経験思い出を思い返す事 贅沢

韓国朝鮮人超凶悪犯罪加害者
他人容姿欲しがり一方的略奪する事は贅沢じゃない

警察も法律も要らない

自分の記憶を持つ事は贅沢

韓国朝鮮 横断歩道無い 横断橋無い
それで横断幕下げる
K-POPやってることは
韓国朝鮮人の歴史と変わらないです
    • good
    • 0

空飛ぶ円盤



子供のころから、宇宙人とかUFOとかに憧れていました。
少年雑誌によく特集が組まれ、その影響もあったのでしょう。

大きくなって
ある宇宙考古学研究家が
率いる
UFO観測隊が組まれ、
好奇心で入隊。

山の麓を観測地に選び、深夜に
UFOを呼ぶ会が行われました。

ただ2人ほど観測場所が分からないというので
先にその場所に行った連中を追いかける形になった。

そこで他のメンバーの所へ
遅れて辿り着いた瞬間、

山の頂上で
全員揃うのを待っていたかのような形で
突如、大空へ
ジグザグ飛行始めた
大きな光の円が現れ、

一同はびっくり仰天。

まことに残念ながら、グループの中で
過去の観測で出てこぬ時期あり。
写真に撮らねば信じぬということでは
出てこないのではないかという
奇妙な信仰上の盟約が組まれ、
カメラ持ち込み禁止となった。

当時はスマホとか携帯カメラなどという高級カメラなどなく、
みな一眼レフのカメラが幅を占めた時代。

とにかくカメラ禁止で写真撮れず。

まあ現実はUFOの動きに気を盗られ、

写真撮影の余裕0

話は戻す。

ジグザグ飛行を始めたUFOは
山の3倍ほどの上空に
10分ほど停止。
一同空にくぎ付け。

やがて2機に分裂。
そして合体
超スピードで
まぶしい光を放ちながら
山と反対側の空へと
消え去った。

正体は不明。

まあ確認不能なので
未確認飛行物体(UFO)
と呼ぶのでしょうね。

もうこの団体はなく、
年月も30年ほど過ぎたので
団体はありません。

だから記憶の中のお話。

さあ、あなたは
信じますか。
    • good
    • 1

〇幽霊がくれた傘


これは一種の怪談

スーパーマーケットの帰り道。
大雨が降りました。
道が暗く危ないのです。
自転車で来たので傘持たず。

渋々覚悟を決めて
大雨の降る中を
猛スピードで
突っ走って
ノンストップで帰りました。
マンションの
自転車置き場に
ずぶぬれで
辿り着き
自転車を
降りて
びっくり仰天
荷台に誰が
いつどうやって
かけたか
全くわからず、
買った覚えのない
透明の
ビニール傘が
掛けてありました。

返しに行くこと出来ず
今も傘立てに保存されています。

わけわからず「幽霊がくれた傘」
と呼んでいます。

時々さして出かけます。
ちと不気味です。
「ふしぎ体験ありますか?」の回答画像6
    • good
    • 1

あなたに話したかは覚えがないのですが、


同じ話はよくここで述べています。

〇幽霊がくれた傘
〇UFO目撃談
〇金縛り妖怪との戦い。


まあ、これくらいです。

何が知りたいですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます
幽霊とufoが気になりました!!

お礼日時:2021/08/16 07:43

迷い猫がいた。

その猫は私の家の玄関を覗き込み、入りたそうにしていたが人が怖いらしく馴れることはなかった。唯一私だけが頭を撫でさせてくれた。ある日、定位置である玄関外の猫小屋から離れたところにその猫がいて私をじっと見つめた。その時、「ああ、逝くんだな」と漠然と感じた。その後、あの猫の姿は見ていない。

人の魂はもとより動物の魂の火は見たことがない。
「命の火」というものは銀河鉄道999の劇中で見たことがある程度。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

お話ありがとうございます。
なにか通じるものがあったんでしょうね。

そういえば小さい頃、野良犬にかわいそうねって一生懸命話しかけていたら、ずっとついてきて親が追い払う、という出来事を思い出しました。動物も真剣に話しかけたら、何かしら感じてくれるんでしょうか。

お礼日時:2021/08/15 22:48

ございます。


5年前に愛犬が不治の病に罹ってしまった時、発症からちょうど一週間後の朝に私の腕の中で最期の水を飲んで息を引き取ったのですが、ゴクゴクゴクと実に美味しそうに飲んだ直後にフッと頭を垂れたのです。
それで朝の内に罹っていた動物病院に死亡の報告に行ったのですが、医師から言われた言葉は、「恐らく深夜に亡くなっていた筈ですが、最後の瞬間だけ貴方にご挨拶がしたくて覚醒したんでしょう」でした。
確かに苦しむでもなく、声もあげずに一瞬で息を引き取った事が不思議でございました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

お話ありがとうございます
ペットは家族のような存在ですよね
お別れがしたかったんでしょうね。それで覚醒するなんて、とても強い思いですよね。

お医者さんがそのように話すとは、こういったことはもしかしたら珍しくないのかしら?と気になりました。

お礼日時:2021/08/15 23:15

こういう話、あまりしゃべってはいけません。



自身にだけ与えられた”特別なもの”ですから
共有する事はタブーです。

でもまあ、それだとつまらないので・・・・

知っているかもしれませんが、
広島に原爆が投下された日に
NHK広島からNHK大阪に
「被災して放送が継続できなくなったので代行してほしい」
と、放送を通じて依頼があったそうです。
ですが、
NHK広島は原爆の直撃を受けて爆発瞬時に壊滅しており
放送で依頼なんかできる状況ではなかった。

東日本大震災でもいろいろお話がありますね。
大戦争や大災害の際には、
大混乱しているので話が錯綜し
本当はなんでもない事なのでしょうけど
「不思議な話」になる事が多いのかもしれません。

ただ、
説明つかないこと
実際にありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

お話ありがとうございます
話してはいけない…ドキッとしました
たしかにそうなのかもしれません。

少し意味は違いますが、職業柄などでこういった話をしてはいけない方もいそうですね。

しかし怖いのは嫌ですが、不思議くらいの体験はしてみたいような、したくないような。

お礼日時:2021/08/15 22:55

先日、親戚の葬儀に列席しました。


通夜のころから両肩が重くなって、翌日の葬儀でも重いままでしたが
葬儀を終えて翌日、朝起きたら肩の重みはすっかり無くなっていて
ついでに以前からあった肩凝りがウソのように消えていました。
「故人が持っていってくれたんだね」と妻と話し合っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

お話ありがとうございます
ご親戚の方、御愁傷様でした

お葬式や墓参り、不思議な話を聞く気がします。
重くなるのは少し怖いですが、軽くなってよかったです。

お礼日時:2021/08/16 07:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング