教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

コロナワクチン、有名な3社(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ)ありますよね。
この3つって、たしかメッセンジャーアールエヌエーという同じ製法で作られたと記憶しているのですが、何故同じ手法で作られているのに、有効性や副反応が異なるのでしょうか?
副反応は、人それぞれかもしれませんが、「モデルナアーム」なんかはモデルナの特徴ですよね。

皆さんはどうお思いですか?という意図で聞いているので、「聞くサイト間違えてる」という回答は控えていただきたいです。

※昨日私がした質問に「ワクチン反対派だろ」という回答がありました。ワクチン反対派は、こんな質問はしません。実際に、私がワクチン接種を完了しています。このような誹謗中傷がましい発言もお控えください。

A 回答 (5件)

同じ手法であっても、製法が異なれば別のものになります。


例えば、同じ茶葉でも、発酵の程度が違えば、紅茶の茶葉になったり、緑茶の茶葉になったりします。それをお茶にする際の抽出という手法は同じでも、出来上がったものは紅茶と緑茶という異なったものになります。
さらにいうなら、製剤という過程も必要であり、それによって成分の安定化を図るわけですから、メーカーによって持っているノウハウが違うので、成分にも違いがあります。例えば、紅茶であれば、砂糖の有無、レモンを入れるか、ミルクを入れるかなどの違いもあります。
なので、出来上がったものは全く違います。有効性や副反応が異なるのは紅茶と緑茶の味が違うのと同様に、当たり前のことです。
    • good
    • 1

森内 浩幸 教授によるとアストラゼネカのワクチンは血栓症が起こりやすく


40代以下の年齢層にはデメリットのほうが多いと言ってます
またファイザーとモデルナですが
mRNAの量がファイザーよりモデルナの方が3倍あるので
副反応を気にするのならファイザー接種がいいとのことです
効き目はほぼ同じなので状況により選ぶ方がいいかと思います
    • good
    • 0

医療関係者ではありませんので 詳しくは分かりませんが、


メーカーに依って 成分の配合割合などに 多少の違いがあるのでは。
    • good
    • 0

そうなるんだろうな、と思います



違う製薬会社が違う研究所で違う機材と人材を使って似ていてもちがう経路や手法で開発しているんで
自動車の性能が似てるのに違うのと似たようなもんかな、と思います
    • good
    • 0

先ずアストラゼネカのワクチンはRNAでは無くウイルスベクターワクチンです。



同じRNAでも若干の違いは出ます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング