アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

先日コーチのショルダーバッグ(ベージュ・革)を購入しましたが、すでに傷がついています。
斜めがけをしている時に自然に出来たり、開け閉めの際のひっかいたような傷です。

気にしないようにすればいいのですが、柔らかいバッグの傷は直しようがないのでしょうか。
使っている方は、気にせず使っているのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は米国に長く住んでいました。

コーチと言えば、米国。滞在期間中、「かっこいい!」と思ったのが、大学生の男子でコーチのレザータイプ(ベージュ)の書類バックを持ってたのですが、それがまた、長年使っています!と言った感じのさまざまなタイプの傷がついていました。でも、その中に大学の分厚い教科書を無造作に入れ、さっそうと持って歩く姿は凛々しかった~。で、私も同じ書類ケースバックを買って、がんばって使っています。その人の歴史がバックに表れていてかっこいいと思うから。
    • good
    • 0

私もコーチの皮バックを持っていました。


お財布とセットで購入したのですが、お財布の方が傷はすごかったですね。柔らかいのでしょうがないのだと思っていました。
傷が気になるようでしたらコーチで皮をコーティングしてくれるような皮専用のオイルを購入されたらいかがでしょうか?コーチでなくても革製品の防水撥水用のクリームをぬっていれば多少は違うかも?しれません。

私は傷は気にせずというかあきらめて使ってこれ以上使っていたら恥ずかしいだろうという所まで使ってから処分しましたよ。柔らかい皮はしょうがないのかもしれませんね。あまり参考にならずごめんなさいね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッグの傷(ひっかき)のケア

先日頂いたものなのですが、猫のひっかき傷のように傷がありちょっと目立ちます。でもとてもいいお品なので使いたいのですが、どうにか目立たなくする方法はないものでしょうか??フェラガモの皮製(ブラック)のものです。剥げて皮の元の色が見えているわけではなく極小さく波打ってよれている?線のひっかきです(わかりにくくてすみません)皮といっても光沢が多少あってヌバックのようなスエードものではないです。革製品につかう
無色のワックスをかけましたがあまり効果はありませんでした・・。なにか同じようなカラーのものを塗ったほうがいいのでしょうか?そんなアイテムがあるかもわからないのですが。皮に諦めるしかないのかしら・・・。

Aベストアンサー

フェラガモの皮製バックにひっかき傷が出来てしまったとのことですが、高額商品に修理の未経験かつ自己流の補修はおやめになられた方が安心です。

一般的には、傷をつぶしてつや出しスプレーなどで馴染ませて直すのですが、素人には難しいので、取扱店か購入店に修理に出すのが無難です。もし、失敗して色が変わってしまったら染め直しなども必要になるので注意してください。

基本的に、取扱店と購入店に聞いてみてくださいね。
費用面など、どうしても難しい場合や、修理が不可でしたら、かばん修理の専門店で修理の相談をしてみると良いでしょう。

参考にかばんの修理店を紹介いたします。
http://www.yamazawa-kohboh.co.jp/

参考URL:http://www.yamazawa-kohboh.co.jp/

Qコーチのバッグの皮革部分の手入れ方法

先日、コーチの10246のバッグを買いました。
バッグにはカーフ(産まれて半年以内の子牛の皮)の部分があるのですが
手入れ方法がわからなくて困っています。

使う前に、クリームなど塗った方がいいのでしょうか。
使用後やキズや汚れがついてしまった場合などの手入れ方法も知りたいです。
おすすめのクリームなどがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
コーチに限らず、皮のバッグであれば使う前にクリーム塗ってやったほうがいいです。ただ、やわらかい皮で一箇所にかたまってつかないように。心配なら、底の部分とか目立たないところで試してから塗るといいです。

それから、仕上げに防水スプレーをさっとふっておくとなおいいです。(その場合は皮、布兼用の防水スプレーを選んでおくといいです。防水スプレーの中には布専用のものもあるので)

クリームに関してはそんなに神経質にならなくてもいいです。バッグお買いになったコーチにも売っているかもしれませんし、ハンズやロフトでも皮専用クリームといえばいろいろあります。

お手ごろなところでは、以前イタリアのバッグ屋さんの店員さんが言っていてのが、ニベアのような普通のハンドクリームがお手入れによいということでした。皮も人間の皮膚も基本的には同じものだからっていっていましたよ。
もちろん、この場合も、塗り方はうすーく一箇所にかたまらないように。私はハンドクリームなんで、湿り気が残る程度まで手に伸ばして、それでバッグに塗りこむ、ということを何度かくりかえしてつけています。見た感じはついているかどうかわからない程度に何度も繰り返しやるのがシミにならなくきれいに付けるコツかな。

個人的には皮部分が汚れたときは靴用クリーナーで落とすことがおおいですが、普通のつかいかたしていればそこまで汚れることはあんまりないです。また、皮の場合、ある程度は傷や汚れも風合いのうちというところもありますしね。

普段は外出から帰ったら、ブラシでほこりをはらってやわらかい布でかるく拭いてからしまうといいかも。その場合洋服も同じですがすぐに箱やクロゼットにしまうんではなくて、半日か1日は外にだしておいてそれからしまうようにすれば湿気も抜けていいと思います。

こんにちは
コーチに限らず、皮のバッグであれば使う前にクリーム塗ってやったほうがいいです。ただ、やわらかい皮で一箇所にかたまってつかないように。心配なら、底の部分とか目立たないところで試してから塗るといいです。

それから、仕上げに防水スプレーをさっとふっておくとなおいいです。(その場合は皮、布兼用の防水スプレーを選んでおくといいです。防水スプレーの中には布専用のものもあるので)

クリームに関してはそんなに神経質にならなくてもいいです。バッグお買いになったコーチにも売っ...続きを読む

Qレザーに詳しい人!!かばんの傷をなおしたい。

お気に入りの革のかばんを自転車のカゴで傷つけてしまいました。色はやさしいベージュで傷いたところは白くなっています。色を何とかして目立たなくしたいのですが色がつく靴クリームとかはありますが(薄つきですよね・・。)しっかり色が乗る色補正クリームってありますか?
もしあればメーカー名を教えてください。地方に住んでいますので量販店で手に入るとありがたいです。

Aベストアンサー

以前販売員をしておりました。

ベージュのレザーとのことですが、残念ながら傷は最初よりは目立たなくなると思いますがくっきりと出てしまいます。これが黒でしたらそれ程目立たないのですが・・(^^;

デパートなど鞄をお取り扱いしている所では大抵この手のケア用品を同時にお取り扱いしております。
大抵の革のお手入れ方法は汚れ落としクリーナー(使用すると若干色も落ちる)で使用した後、保湿クリームを塗る、ヌメ革などは違う専用のクリームがありますのでそれ以外は使えません。光沢の出るものもあればつや消しタイプもありますので実際今お持ちになっている革のタイプがわからなければこれだ!とお答えできないと思います。

メーカーで言うと『株式会社コロンブス』が大手になります。商品や使用方法なども載っておりますのでHPのURL載せておきますのでまずはそちらでご覧になると良いと思います。

参考URL:http://www.columbus.co.jp/

Q革のバッグに防水スプレーをかけました。

こんばんは。
先日買ったばかりのバッグの手入れで悩んでいます。
素材は・牛革
   ・かなり柔らかい
   ・光沢の無いマットな素材
   ・水がとても染み込みやすい
   ・製品洗いをしてあり、味のある色と風合い
    (ユーズドっぽく見える)
こんな感じです。上に書いたとおり、とても水が染み込みやすく、先日雪の日に持ったらどんどん水分を吸収してしまいます。シミのように色が濃くなりびっくりしましたが、しみにはならず、蒸発したのか?吸収したのか?なくなりました。でも水以外のもの(化粧水を若干てけてしまった)だとすぐ汚れというかシミになってしまいます。そこで、防水スプレー(コロニル)をかけました。防水スプレーも水のようにすぐ吸収し、シミにもなりませんでした。同じスプレー靴にもかけて、少し雪の中を歩いたら、水を弾いていい感じだったので、バッグにもすこし水をつけてみました。しかし今度は水を吸収してしまいました。

本当に良く吸収する素材なのでしょうが、防水スプレーが効かないとなると、どうやって防水したら良いものか、悩んでいます。
スプレーの仕方が足りなかったのでしょうか?それとも他のアイテムで手入れしたほうが良いのでしょうか?ながくなりましたが、よろしくお願いします。

こんばんは。
先日買ったばかりのバッグの手入れで悩んでいます。
素材は・牛革
   ・かなり柔らかい
   ・光沢の無いマットな素材
   ・水がとても染み込みやすい
   ・製品洗いをしてあり、味のある色と風合い
    (ユーズドっぽく見える)
こんな感じです。上に書いたとおり、とても水が染み込みやすく、先日雪の日に持ったらどんどん水分を吸収してしまいます。シミのように色が濃くなりびっくりしましたが、しみにはならず、蒸発したのか?吸収したのか?なくなりました。でも水以...続きを読む

Aベストアンサー

詳しいことはあまりわからないのですがこの前学校の講義で吉田カバンのひとが講義をしてくださったときに言ってたことなんですが革のカバンはカバーとかをつけるのがいいそうだそうです。

参考にならなかったらごめんなさい。

Qブランドバッグ(コーチ)の皮製タグは付けた(ぶら下げた)まま使う?

コーチのバッグを購入しました。
持ち手に、皮製の小さなタグがぶら下がってますね。
これは付けたままにしておいてもおかしくないのか、あるいは外すべき物なのか…
小さなことですが、これからバッグを使うにあたりとっても気になります。
どなたかお教えくださーいm(_ _*)m

Aベストアンサー

コーチはメンズのバッグを15年来愛用している者ですが、あのタグは、なめし革にロゴの刻印を打つかわりに
つけているものだと聞いています。
いまでこそコーチは革から布のCマークがメインになっていますが、もともとは裏地のない一枚革が
売り。NYのアッパーミドルクラスに支持されてきたビジネスアイテムの一つです。
TUMIというバッグも防弾チョッキの素材でビジネスバッグを作っていますが、革製のネームタグに
ロゴを入れてハンドル部分に結ばれています。いずれも素材感を大切にするためあえてロゴを
タグ状にしているのでしょう。

バッグなんて、もともとこれ見よがしに持つものだから、わからない人に名前を教えてあげる
くらいの意識で最初はつけていたのでしょう。
いまや、押すにおされぬ人気ブランド。素材だけでも誰でもわかる状況でタグはいらないとも
思えますが、
NYでも東京でもコーチのバッグのロゴタグを取って使っている人はみたことがないです。というか
飴色のタンニンなめし革が真っ黒になった古いコーチのメトロポリタンという名のバッグで
ついていないのがひとつあったけど、持ち主いわく「金鎖が切れて失くした」のだとか。

かくいう私も実は15年前はつけたりはずしたりしてました(^^;

コーチはメンズのバッグを15年来愛用している者ですが、あのタグは、なめし革にロゴの刻印を打つかわりに
つけているものだと聞いています。
いまでこそコーチは革から布のCマークがメインになっていますが、もともとは裏地のない一枚革が
売り。NYのアッパーミドルクラスに支持されてきたビジネスアイテムの一つです。
TUMIというバッグも防弾チョッキの素材でビジネスバッグを作っていますが、革製のネームタグに
ロゴを入れてハンドル部分に結ばれています。いずれも素材感を大切にするためあえ...続きを読む

Q革(白)の汚れは落とせますか?

中古で白い(アイボリー?)革の鞄を購入しました。お店で見たときも汚れているので気にはなっていたのですが、デザインがとても気にいったので買ってしまいました。が、やっぱり汚れが気になります。
ペンで落書きとかそういう致命的な汚れはないのですが、全体的に薄汚れて黒ずんでいるかんじです。革そのものの状態は悪くないと思うのですが、皮革の汚れというのは落とせるのでしょうか?
目立たない箇所を、手持ちのミンクオイルを刷り込んでみましたがまあ当然ですが変化は無しです。
今後、白い革の財布も購入検討しているので、出来れば家庭でなんらかの方法で落とせればベストですが、専門店(鞄の修理を頼むとなるとネットで見つけるよりなさそうです。近場にはありません)に依頼したとして、どの程度の改善が望めるものでしょうか。
※極力色の染め替えはしたくないです。

汚れを落として革を復活出来る方法や、あるいは実際に修理に出されて綺麗になったor無駄だった、という方の経験談を聞かせて頂けると参考になります。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは、♯3です。
丁重なお礼のコメントをいただきましてありがとうございます。
ちなみに私は「専門職」の人間ではありません。
まぁ趣味の関係で一般の方よりは「レザーが好き」というレベルですので。
ただ、今回せっかくコメントまでいただきましたので前回は書けなかったことも含め補足的な意味で再度書かせていただきます。

まず「手入れ」に関してですが、今後購入される物も色々あるだろうということを想定してとりあえず「最低限必要なモノ」を挙げてみます。

(1)デリケートクリーム
白い乳化状のクリームで革の「保湿」のための物です。
新品はどんな物でもそれなりに乾燥していますから、まず初回の1発目には必ず塗ってください。
ただし、目的は保湿ですからどんなに塗っても表面に「ツヤを出す」ということは出来ません。
やたらと塗ればいいわけではないので塗り過ぎないようご注意ください。
(2)クリーナー
汚れ落としですので細かい説明は省略しますが、白い乳化状の物以外に液状の「リムーバー」という物もあります。
どちらがいい悪いとかは特に無いので対象の製品に合わせて選ぶといいですね。
ただ、クリーナー等を1度使うと汚れと一緒に前回まで表面に塗ってあったオイル、クリームなども落ちてしまいます。
クリーナーを使った後は必ず保湿用のオイル等を塗る、というのを厳守してください。
(3)オイル、クリーム一式
まぁこれは色んな種類があるのでその革に合わせて揃えるという感じでしょう。
ちなみに「ミンクオイル」は一見メジャーな感じはしますが、実はいわゆる普通の「牛革」程度の革の場合にはオイルの油脂分が強すぎます。
本来はブーツなどによく使われる「オイルドレザー」やその親戚の「ブライドルレザー」辺りに使うのがベストです。
一般的な牛革なら(1)のデリケートクリームを薄く塗っておく程度でも充分ですよ。
表面にもっと光沢を出したいなら色に合わせたワックスなどを塗ればいいだけですから。
(4)セームクロス
ペラペラの「鹿革」で出来た薄い布です。
オイルなどを塗った後にこれで表面をキレイに乾拭きすると見違えるようになります。
普段手入れをしない時でも、例えば週に1度程度で乾拭きをしてあげると後々革の寿命に「差」が出ます。
(5)サドルソープ
これも前回書いた洗剤ですが、現在は固形の物以外にやはり「液状タイプ」もあったりするのでこの辺はお好みで。
洗う際はやたらと強く擦るとかえって「キズ」になります。
それと、汚れが部分的であっても洗う時は必ず「全体を洗う」ようにしないと乾いた後に「色ムラ」の原因になりますから注意してください。

他にもブラシ類など色々ありますが、まぁまずはこれだけあれば凌げるだろうと思います。

次にレザーの「経年変化」の件ですが、コメントを読んだ限りでは質問者さんはおそらくヌメ革の「キレイなアメ色」を求めているようですね。
まぁ現実的には、白いレザーでヌメと同じ風合いを出すのはほぼ不可能と言っていいと思うんですが。
前回も書きましたがやはり白は「変色」だけは避けられません。
ですが、一方のヌメもアメ色にするのにただ長く使えばいいということではありません。
この辺はご存知かもしれませんが、最初は専用のオイルを塗り、表面を「天日干し」をして・・これを何度か繰り返すことであのアメ色になっていきます。
更に表面が独特の「黒光り」をするのは、実は持ち主の「手の脂分」が革に染み込んでいくからなんです。
なので、ヌメの製品は同じ物であっても持ち主によって色の出方が全て変わるんです。
ですから例えば白いバッグを使っていて、何時の間にか「持ち手の部分だけ真っ黒け」というパターンがよくありますが、これも全て手の脂分が原因ですから、これで変色した場合は元の色に戻すのはまず出来ません。

最後に「染色」についてですが、コメントにある「染めQ」は私も知っています。
今市販されている補色用品の中では比較的便利で使いやすいようですね。
ちなみに私の場合は部分的な補色をする際はコロンブスが出している「アドカラー」という製品を使っています。(実物は検索をするなどしてご覧ください)
ちょっとしたキズ程度ならこれで充分だなぁという感覚なので普段から愛用してます。
ですが、例えば白い物を丸ごと赤や青に塗りかえるという話となると、素人的にまず思うのは革の「通気」はどうなのか?、というところ。
前の色を全部落としてから塗るなら別ですが、そうでないなら「重ね塗り」になるわけですからここの部分はかなり不安要素ではあります。
で、重ねたなら長く置けば必ず「剥離(はがれる)」ということも起きるでしょうから、そうなったら余計に悲惨だと思うわけです。
この辺のことがあるので未だに使えないままでいます。
もし経験者の方などがいればお話をお聞きしたいですね。

今回も非常に長くなってしまいまして失礼しました。
革の種類の選択、色の選択も含め、今後新しい物を購入される際に参考にしていただければ嬉しく思います。

こんばんは、♯3です。
丁重なお礼のコメントをいただきましてありがとうございます。
ちなみに私は「専門職」の人間ではありません。
まぁ趣味の関係で一般の方よりは「レザーが好き」というレベルですので。
ただ、今回せっかくコメントまでいただきましたので前回は書けなかったことも含め補足的な意味で再度書かせていただきます。

まず「手入れ」に関してですが、今後購入される物も色々あるだろうということを想定してとりあえず「最低限必要なモノ」を挙げてみます。

(1)デリケートクリーム
白い乳化状の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報