プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

下記の続きにあたります。
【「近くの」と「近い」の違いは何ですか? その2】2021/07/03
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12441303.html

「駅ノ近いホテルです。」と「私ノ好きな歌です。」の「ノ」の働きは同じですか? 違いますか?
「違う」と感じましたが、いろいろ考えると、どちらも〈主語(主格)を表わす〉気がします。
 かの有名な「象は鼻が長い。」を変形すると
「鼻ガ長い象(です)。」になりそうです。この「ガ」の働きは〈主語(主格)を表わす〉でしょう。
 それは「鼻ノ長い象」にしても同様の気がします。「ノガ交替」などと呼ばれる形でしょう。

 ただ、相変わらず疑問が。
「駅{ノ/ガ/ニ}近いホテルです。」
 は3つともOKで、意味もほぼ同じでしょう。ニが一番自然な気がします。
 下記だと「ニ」は不自然に感じます。なぜなのでしょう。
「私{ノ/ガ/ニ×}好きな歌です。」
「鼻{ノ/ガ/ニ×}長い象(です)。」

質問者からの補足コメント

A 回答 (25件中1~10件)

質問文が間違っています


駅「ノ」ではなく駅「ニ・ガ」です。
「駅ノ」であれば、近「い」ではなく近「くの」となります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。

「駅ノ近いホテルです。」より「駅ニ近いホテルです。」のほうが自然でしょう。
 そのことは↑にも書きましたし、過去のやりとりにも出ています。ご確認ください。
「駅ノ近いホテルです。」が間違いである明確な典拠があるなら、教えてください。

お礼日時:2021/08/08 17:20

駅に近い、は日本語として成立してるけど、


私に好き、鼻に長い、はそもそも成り立ってないでしょう。
疑問に思う方がおかしいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。

>疑問に思う方がおかしいですよ。
 そういう考え方もできるでしょう。

 当方もそれに近い感覚です。
 論理的な理由が見つからないので。

 補足をご確認ください。
〈「たまたま」と考えるのがよさそう〉と思います。「そういうもの」なのかもしれません。
 類似例はありませんかね。

お礼日時:2021/08/09 15:16

>「駅ノ近いホテルです。

」と「私ノ好きな歌です。」の「ノ」の働きは
>同じですか?

同じです。
「ガノ交替」です。


>「駅{ノ/ガ/ニ}近いホテルです。」
>は3つともOKで、意味もほぼ同じでしょう。
>ニが一番自然な気がします。

英語の授業では関係節を二文に分けて解説します。
ここでもやってみましょう。

私{ノ/ガ/ニ×}好きな歌
:この歌は私は好きだ。
:この歌が私は好きだ。
:私はこの歌が好きだ。
「に」の出る幕はない。

鼻{ノ/ガ/ニ×}長い象
:象は鼻が長い。
:象が鼻が長い。
:象の鼻が長い。
「に」の出る幕はない。

駅{ノ/ガ/ニ}近いホテル
:このホテルは駅に近い。
:このホテルは駅が近い。
「に」も使える。
しかし、「駅に」のほうが自然。
これは認知的に「ホテル」のほうが焦点を合わせやすいから。

「僕の家は学校に近い」
「学校は僕の家に近い」
どちらも言えるが、上の文のほうが遥かに自然。
これは認知的に「自分の家」のほうが焦点を合わせやすいから。

「彼の職場は駅に近い」
「駅は彼の職場に近い」
これも同じ。「職場」のほうが焦点を合わせやすい。

「このホテルは駅に近い」から「駅に近いホテル」は作りやすい。
不自然な「このホテルは駅が近い」から、「駅が近いホテル」は作りにくい。不自然さは同じだから。
したがって、「の」と交替して「駅の近いホテル」にしても不自然さは変わらない。

可能だけれども不自然。
不自然だが、可能ではある。


認知文法や認知言語学を勉強するといいかもしれない。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。

>これは認知的に「ホテル」のほうが焦点を合わせやすいから
 そういうことですか。うーん。

>認知的に「自分の家」のほうが焦点を合わせやすいから
>「職場」のほうが焦点を合わせやすい
 これなら素直にうなずけますが……。

A 駅のある町
B 駅がある町 
C 駅のきれいな町
D 駅がきれいな町
E 駅の美しい町
F 駅が美しい町 

 どれも自然な気がします。でもどれも「ニ」にはできません。
駅{ノ/ガ/ニ}近いホテル 
 だけが「ノ」が不自然で、「ニ」でできるのも、認知文法や認知言語学で説明できますか?

お礼日時:2021/08/09 15:23

日本語の感性としては、非常にまともですよ。


格助詞「の」について文法の本を開いてみれば、それなりに納得できる可能性は非常に高いですよ。
ただ文法の説明内容の言葉をさらに辞書で引く人もいますが、それをやるとこんがらがるだけになります。
あなたの持っている日本語の感性で、どこまで自分なりの理解が持てるかだけの問題です。
近い、は形容詞、直後のホテルの修飾語でもあります、単純な情景描写ですね。
「の」が入ると、というより表現者がなぜ「の」を入れるのか、受け取るほうが「の」の有無で受け散り方がどう変わるのか、が問題なんです。
あれば〈主語(主格)まさにそういう感じですね。
単なる、情景描写ではない、それをあなたの意識の中でどのように整理するか、文法の解説・説明の通りである必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。

>日本語の感性としては、非常にまともですよ。
 何が「まとも」なのでしょうか。

>格助詞「の」について文法の本を開いてみれば、それなりに納得できる可能性は非常に高いですよ。
 当方の読解力では納得できません。

>ただ文法の説明内容の言葉をさらに辞書で引く人もいますが、それをやるとこんがらがるだけになります。
 ではどうすればよいんでしょうか。

お礼日時:2021/08/09 15:26

前回の質問にうかつに答えてしまった者としては、恥ずかしいのですが、改めて考えてみると、「駅が遠い」の「遠い」は駅の属性とは言えないと思う。

駅には「遠い」という属性もあり、同時に近いと属性もある。というより発言者との関係においてなり立つ「表現」が「遠い」や「近い」です。駅の属性ではありません。
「住宅物件」の広告に「駅まで徒歩5分」などとあるのが「駅が近い」が「駅の属性が「近い」ではないことをよく表しています。
 なお、「が」と「の」の違いは、「の」の場合は言い切りにならず、後に続く場合に使われます。
 「鼻が長い。」「鼻の長い生き物。」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。

>前回の質問にうかつに答えてしまった者としては、恥ずかしいのですが、改めて考えてみると、「駅が遠い」の「遠い」は駅の属性とは言えないと思う。
「属性」という言葉を使うと、それだけでむすかしい話になる気がします。 
 
 当方も、最初は通常のノガ交替とは違うと感じました。でもそう考えるしかない気がしています。補足をご確認ください。

>なお、「が」と「の」の違いは、「の」の場合は言い切りにならず、後に続く場合に使われます
 そのとおりだと思います。
 下記からひきます。
【助詞の話──「ノ」と「ガ」 Yahoo!知恵袋】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1862. …
===========引用開始
1)単純な文だと「ノ」は使いにくい
 ↑の例文を見ればわかる。「ノ」の例文は「ガ」にもできるが、逆はできないものがある(単純な所有を表わす「僕ノ本」などは別の話)。
  1)-1 ぼく〈ノ/ガ〉読んだ本
  1)-2 お酒〈ノ/ガ〉飲みたい人
  1)-3 ぼく〈ガ/X〉やります
  1)-4 花〈ガ/X〉美しい
  1)-5 先生〈ガ/ノ〉書いた本

 ところが、1)-3や1)-4も、もう少し言葉を加えると自然になる。
  1)-3 ぼく〈ガ/ノ〉やった仕事
  1)-4 花〈ガ/ノ〉美しい地方

 理由を説明すると大変なことになる。「こういうものだ」と考えるほうがいい。
===========引用終了

お礼日時:2021/08/09 15:30

「の」は文法の本、等では、助詞としてのほかに準体詞としても区分されます。


準体詞、似たものに準体代名詞「こと」、と同様、直前の内容を名詞化すると説明されます。
※「こと」を形式名詞、または形式代名詞と言う人もいますが文法のための文法の知識だけ、の人のように思います、準体代名詞の方が、より機能を表現しています。
直前の内容を一括して体言(名詞)に準ずるもの、として扱う。
「の」を準体詞ととらえる時、形容詞の名詞化?、「もの」または「様なもの」を付け加えてみる、が一つの方法。
近くのホテル→近く、形容詞の活用で連用形、「の」は活用しないので用言に該当しない?。
と言うことは、なにかが省略された形?藻あり得ます。
近くのホテル→近くにあるもの=ホテル、私が鈴木です→私=鈴木ですね
・・・もの、名詞(体言)ですね主語・主格足り得ます。
単なる情景描写では無く、近くにある、が必須条件のホテル、または、最大のアピールポイント、と言う感じがでますね。
一方、助詞「の」の説明でも主格の代用?代わり?と言った説明があります。
どちらの説明を自身の認識の中で使うかは当人次第です、理解しやすい方で十分です。
個人的には準体詞の法が理解しやすいと思っています。
「嫌いのことあるよ」、中国人らしき人の発言として良く聞く様に思いますね。
漠然とではあるが、準体詞としての使い方は出来ている様に思いませんか。
参考
嬉しいのことあるよ→嬉しいと思うよ
嬉しいことあるよ→嬉しい出来事あるよ
鵜呑みで自分の知識にするのでは無く、あくまでも参考・・・です。
自分の認識・理解にピッタリ?と思う部分があれば・・・。
また、助詞の類は単独では明確な(具体的な)意味は持ちません。
言葉にはすべて意味があります、と言う人も居ますが、単独では意味を持たないから「助詞」なんですね、他の言葉と合わせて具体的な意味を持ちもます、意味と言うより、機能があると言った方がよいのではと思います。
もちろん、言葉としての存在の意味ならすべての言葉に意味はあります。
ただしNO4に対するお礼を見る限り、〇年早い。と以下言いようがないのかも、回答するのもあほらし!、です。
日本語十分でない?中国人?のほうがよほど・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回は準体詞の「ノ」の話はしてないもので……。

お礼日時:2021/08/09 22:10

関連する過去質問を絡めて、、、



「近くの」と「近い」の違いは何ですか?
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12420902.html

a) 駅の近くのホテルです。
b) 駅の近いホテルです。

aは駅の近くというエリア一帯を主張していて、その中にホテルがある、という感じにも受け取れる。これは意図的に説明をぼやかしてるような解釈も出来る。あるいは発言時に言葉が上手く出て来ず、特に意図もなく発せられたのかもしれない。

bはもっと具体的にピンポイントで場所とホテルのイメージを主張している感。

会話例その一
現地の居酒屋で見知らぬ人との会話の中で。
「何処に泊まってるのですか?」
「駅の近くのホテルですよ。」
このほうが自然。

会話例その二
旅行代理店のカウンターにて。
「どこのホテルがおすすめですか?」
「駅の近いホテルですね。」
このほうが自然。

やはりbの方が、ボヤけないで断定感のある表現かと。
aの「 近くの」は「近くにある」が省略されたものであり、bより長く構造的に複雑。実質的に意味が変わらない事を冗長に表現しているだけとも言える。回りくどく言うと意味がボヤける、余計な詮索を生む。あるいは長め、余剰な表現は丁寧な表現とされる傾向もあるかな。

ただまあ結局、今回の一連の例では字面自体による意味の差異より、文脈や状況や話し方による影響が大きいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

a) 駅の近くのホテルです。
b) 駅の近いホテルです。

 この2つの違いに関しては、今回の質問に関係ありません。
 ちなみに当方の考えは、補足のリンク先に書いたとおりです。
 いろいろな考え方があるかと思います。
【「近くの」と「近い」の違い goo〈3〉 】 
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12690364314.html
===========引用開始
【1】に関して。
「近くの」と「近い」は品詞(の構成?)が違う。それはそのとおりだろう。
 問題は1)と2)で意味がどの程度違うか。
 前問のBAの趣旨は下記の通り。
 どうやら、「駅の近いホテルです」は「個人的には極めて違和感のある表現」で、「駅の近いホテルです」と言うべきらしい。フーン。
 で、
「駅の近いホテルです」は「距離的に駅に近い場所にあるホテルです」
「駅の近くのホテルです」は「駅の近くにあるホテルです」
 それって事実上どう違うの? 同じようなものでは。

 まあ、そういう違いを感じる人は感じるのだろう。
「その2」ではそういう解釈をしている人はいない。
 あまりこだわってもしようがないか。
===========引用終了

お礼日時:2021/08/09 22:15

No.7 の訂正



誤 「どこのホテルがおすすめですか?」
正 「どのホテルがおすすめですか?」

「どこの」だと指し示す対象に広がりを感じさせてしまいます。「どの」ならばリストの中からズバリひとつを決めて欲しい意図が見えます。
    • good
    • 0

「駅の近くのホテル」は一度説明しましたが、再度言います。


「近く」は形容詞「近い」の連用形の「近く」が名詞化したもの。類語は「遠く」と「多く」しか思いつきません。「近くの」の「の」は格助詞の「の」(連体格で「ホテル」という名詞に掛かっています。)
  「が」「の」の使い分けは、
「花(が)活けてある。」
「花(の)活けてある部屋。」
「花の活けてある」の形で終止せず、「体言」などに掛かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「駅の近くのホテル」は一度説明しましたが、再度言います。
 その点は理解しているつもりです。

>類語は「遠く」と「多く」しか思いつきません。
 やはりほかにはありませんかね。

お礼日時:2021/08/09 22:17

もともとの疑問をしらないというか、深く考えないままで、



> 相変わらず疑問が。「駅{ノ/ガ/ニ}近いホテルです。」
 は3つともOKで、意味もほぼ同じでしょう。ニが一番自然な気がします。

① 3つともOKだと思います。
② 意味は似ていますが、文章的には若干構造が違うように思います。
  駅ノ近いホテル …… 基準や対象を示す 屋根の赤いホテル
  駅ガ近いホテル …… 感覚や思いを示す 料金が高いホテル
  駅ニ近いホテル …… 評価視点を示す  結婚式に向いたホテル
  駅ハ近いホテル …… 仕方なく認める評価を示す 料金は安いホテル
  ただ、どの格助詞を使用しても、話し手、聞き手の感性・コンテキスト理解次第で、どうにでも使えると思います。
③ 観光案内所や交番に質問する場合は、《駅ニ近いホテル》が良いと思いますが、どれでも通じるし、誤解はされないでしょう。

下の「近く」は名詞であって形容詞ではないです。 従って、
 駅ノ近くのホテル  …… OK
 駅ガ近くのホテル  …… ×
 駅ニ近くのホテル  …… ×
 駅ハ近くのホテル  …… ×

象は鼻が長い 象は(鼻が長い)
象の鼻が長い (象の鼻)が長い とは別でしょう。

鼻が長い象 (鼻が長い)象  感情や思いを表現しているのでしょう
鼻の長い象 (鼻の長い)象  ただ鼻の長短を基準に分けているのでしょう

「が」は、思い入れとか、何か強い気分・情を表現している感じがします。
 心が燃える     心は燃える
 息子が生まれた   息子は生まれた
 彼女が去って行った 彼女は去っていった
    • good
    • 1
この回答へのお礼

非常に興味深いコメントをありがとうございます。
 考え込んでしまいました。ひとつひとつ追っていきます。

〈② 意味は似ていますが、文章的には若干構造が違うように思います。〉
 このあたりは意見が分かれるところでしょう。ただ、「ノガ交替」によってニュアンスがかわるという説はあまり見ません。探せばあるのでしょう。一般論で言えば、「ガ」を使ったほうが強調になると思います。どの程度の強調なのかは当方にはわかりません。
 当方は同じようなものだと思っています。このあたりにこだわっているとキリがないので。
「屋根{ノ/ガ}赤いホテル」「料金{ノ/ガ}高いホテル」なども、「ノ」と「ガ」でニュアンスがかわりますかね。
「駅ハ近いホテル」……ひとつ増えました(泣)。うーむ。
 これを入れていいなら、「駅モ近いホテル」とかいろいろ増やせそうです。
〈どの格助詞を使用しても、話し手、聞き手の感性・コンテキスト理解次第で、どうにでも使える〉のかどうかは不明です。
「ノガ交替」に「ニ」を絡ませるのが無理筋なのだろうか、という気持ちが強くなりつつあります。

>下の「近く」は名詞であって形容詞ではないです。
 駅ノ近くのホテル  …… OK
 のほか「駅ガ近くのホテル」もOKでしょう。これもおそらく「ノガ交替」です。ただ、「近くの」の話を絡めるとメンドーな話になるし、これは今回の質問外なのでパスします。

>象は鼻が長い 象は(鼻が長い)
>象の鼻が長い (象の鼻)が長い とは別でしょう。
 たしかにちょっと違うと思います。
「象の鼻が長い」はどこから出てきました? どうにもこうにもヤヤコシイ(泣)。

>鼻が長い象 (鼻が長い)象  感情や思いを表現しているのでしょう
>鼻の長い象 (鼻の長い)象  ただ鼻の長短を基準に分けているのでしょう
 これは当方が書いた「ノガ交替」の例ですね。交替してニュアンスが……やはりパスしておきます。当方には違いがよくわかりません。

>「が」は、思い入れとか、何か強い気分・情を表現している感じがします。
 それはそのとおりだと思います。そのニュアンスを否定する気はありません。とくに「ガ」と「ハ」を比べるとハッキリすると思いますが、それはまた別の話でしょう。

お礼日時:2021/08/11 18:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング