人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

庭にソテツがあるのですが、
葉が黄色くなってきてしまいました。
本来なら、越冬に備えて秋に葉を落とさないといけなかったのですが、それをせずにそのままにしてしまったからでしょう。
今からでも、葉を全部切り落としてしまった方がいいでしょうか?
それとも、そのままにしておいていいのでしょうか?
どなたかわかる方がいらっしゃいましたら、教えてください。宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

ソテツの繁殖は株分けか種子でおこない株分けは根の有無に関係なく葉の大部分を取り除き、こもに包んで砂床に植え込みます。


お住まいの場所が解からないので確かなことは言えませんが、それからするとソテツは幹に養分を蓄えていますので多少の事では衰弱しないと思いますので新葉が出る前に葉を切った方がその後の生育は良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事有難うございます。
明日は日曜日ですので、葉を切ろうと思います。
今年の冬は積雪することが多かったので心配ですが、
新しい葉が元気に出てくることを願っている次第です。
本当に有難うございました。

お礼日時:2005/03/05 20:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソテツくんが…

こんにちは。filiaです。

夏場は青々としていたソテツくんが、この頃色が薄くなって、黄色くなってしまった部分もでできました(:_;)

幹の高さは5cm、葉の大きさは15cmくらいで、室内で育てています。

原因としては何が考えられるのでしょうか??
また、黄色くなったのは元に戻りますか??
戻るとすればどうしたらよいのでしょう??

回答よろしくお願いします…

Aベストアンサー

日光、水遣り、鉢土等の状況が解からないので何とも言えませんが日光不足はありませんか。
ソテツは日光を好みますので室内であれば出来るだけ日当たりの良い場所に置いて下さい。
戸外で管理した方ががしっかりした新芽がでてきます。
スペースがあれば庭等に直接植えても大丈夫です。
寒さには強く鉢植えの場合は0℃以下にならなければ大丈夫です。
しかし霜に当たると葉が痛み根が弱る事もありますので注意してください。
ソテツは砂質の土壌を好み乾燥には強いので水は土の表面が乾いてからたっぷりと鉢底から流れてくるまで与えてください。
水をやりすぎた場合は鉢内が過湿状態になり根腐している可能性があります。
心当たりがある場合は鉢から抜いて根を確認してみましょう。
白い根だけであれば大丈夫ですが茶色や黒く腐れている場合はその根を取り除き植え替えます。
幹はしっかりしていますか。
ブヨブヨしている感じで茎の真ん中が腐っている場合は回復しませんので処分するしかありません。
ソテツは成長は遅く剪定の必要性はありませんが下の葉から枯れてくるため枯れた葉は順次取り除きます。
逆に成長が良く鉢一杯に根が張っている場合は根詰まりの可能性が有ります。
根がぱんぱんに張っている場合は水を上からかけたつもりでも十分水が鉢全体に行き渡っていないため水切れを起こしている可能性も有りますのこの場合は1回り大きい鉢に植替えます。

日光、水遣り、鉢土等の状況が解からないので何とも言えませんが日光不足はありませんか。
ソテツは日光を好みますので室内であれば出来るだけ日当たりの良い場所に置いて下さい。
戸外で管理した方ががしっかりした新芽がでてきます。
スペースがあれば庭等に直接植えても大丈夫です。
寒さには強く鉢植えの場合は0℃以下にならなければ大丈夫です。
しかし霜に当たると葉が痛み根が弱る事もありますので注意してください。
ソテツは砂質の土壌を好み乾燥には強いので水は土の表面が乾いてからたっぷり...続きを読む

Qソテツの葉が白くなってきてしまいました。。(T_T)

会社の机の上で私の心を潤してくれているソテツ(全長約10cm)の葉が白くなってきてしまいました。葉用の栄養もあげていますし、水も1日1回土が少し湿るくらいあげています。このまま真っ白くなって枯れてしまうんでしょうか。回復させる仕方を知っている方がいらしたら、ぜひ教えてください!!宜しくお願い致します。。

Aベストアンサー

乾燥には強い植物ですから水不足で葉が枯れることもありますが、幹が枯れなければ再び葉が出てきますよ
管理の仕方を少々↓
陽光を好むので、生育期は戸外が適しますが、室内の明るいところで十分です。光不足では葉の出方が悪くなります。
生育適温は20~25℃程度ですが、耐寒性は強く、温暖な地方では戸外でも越冬できるほどですから、普通の室内で十分に越冬できます。
生育期には土が乾いたらたっぷりと与えます。夏の間は葉水も必要です。ただし、水をやりすぎると根腐れし、株を枯らせてしまうので注意します。
低温時は乾き気味にします
まずは、越冬させてから、暖かくなった頃、液肥等を与えましょう。

Q蘇鉄の剪定について

蘇鉄の剪定について
我が家にある蘇鉄の幹が伸びすぎてしまったので、切り詰めたいと思っています。伸びた葉は根元から切ると聞いていますが、幹の場合はどこで切っても構わないのでしょうか?通常の木の幹と違って下手に切ると枯れてしまうような気もするのですが。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

ソテツは株の天辺にしか生長点が存在しないので他の木の様に途中で切ったり、剪定のようなことは不可能ですね。ですのでこれ以上大きくしたくないなどの理由で生長点を取り除いてしまうと弱って枯れてしまう可能性も大きいです

株元に小株が出来ているならそれを残して大きい方は切り倒すくらいしか対処の仕様がないかと思いますが、そもそも小株が出ていなければそれも無理ですよね・・・

ソテツはもともと大きくなる植物ですので地面に直接植えてしまったのが悔やまれますね。本来は植える時にどのくらい大きくなるものかを把握して納得してから植えるのが植物のためにも良いのですが・・・

>蘇鉄の剪定について
伸びた葉は根元から切ると聞いていますが、幹の場合はどこで切っても構わないのでしょうか?
通常の木の幹と違って下手に切ると枯れてしまうような気もするのですが。ご存知の方教えてください。

           ↓
通常は、増やし方は瘤のような塊(地表の出た幹の下部に出来る塊)を利用して株分けをします。
また、今回の質問のような植え付けからの年月の経過で、大きく成り過ぎたら、樹形や樹姿を整理するには、他の樹木のように強剪定で幹を切り行う訳には行きません。
どうしても、小さくするには、世代交代で「大きくなったソテツは切り倒し&新たに株分け」育てるしか出来ません。
尚、葉は幹に接する部分から刈り取る事も可能ですが、幹そのものを無理に切れば、切り口から腐朽が進み枯れます。

ソテツは株の天辺にしか生長点が存在しないので他の木の様に途中で切ったり、剪定のようなことは不可能ですね。ですのでこれ以上大きくしたくないなどの理由で生長点を取り除いてしまうと弱って枯れてしまう可能性も大きいです

株元に小株が出来ているならそれを残して大きい方は切り倒すくらいしか対処の仕様がないかと思いますが、そもそも小株が出ていなければそれも無理ですよね・・・

ソテツはもともと大きくなる植物ですので地面に直接植えてしまったのが悔やまれますね。本来は植える時にどのくらい大き...続きを読む

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Q縁起の悪い植木

庭に「ソテツ」を植えるとお金がたまらないと聞きました。本当でしょうか?
他に縁起の悪いもの、逆に縁起のいいものをご存知でしたら教えてください。 

Aベストアンサー

ふふふ、こういうのって気になるとキリがないですね。
じゃあ・・、南国の人はみんなビンボーなんでしょうか・・(^-^;
いわゆる根拠の無い迷信の類ですよ。
ーーーー

さて、迷信の類なら
「びわ」→「病気になる」
「イチジク」→「なんだったかな・・」
「柿」→「冷える→縁が悪くなる」
「イワシの花」→「様々な説がある」
「マキ」→「墓場に多いから」
「桜」→「花が散り急ぐから」
「ツバキ」→「花が落ちる様から」
などでしょうか。
いずれも地方の慣習や風習、時代の住居事情が影響しています。
ーーーー

単に「縁起がいい」という意味なら、一般に「縁起植物」と言われるものがあります。
「マンリョウ」→「万両を意味するから」
「センリョウ」→「千両を意味」
「カラタチバナ」→「百両を・・」
「ヤブコウジ」→「十両・・」
「イチリョウ」→「一両・・」
「ナンテン」→「薬草でもある」
(以上は冬に赤い実をつける事からも)
「竹」→「成長・多産・開運などを象徴」
以下、松、梅、福寿草、ウラジロ、サカキ、・・・。
ーーーー

これまでのは「風習」「名前」「形状」から縁起が付けられたものですね。
家相・風水の見地からは樹木などには「陽木・陰木」があるとされ、色々と分けられているようです。
ただし、「陰陽」は「良い悪い」ではなく性質を意味し、陰陽のバランスを元に配置しようという考え方です。
ーーーー

「縁起」とは違いますが、「有害植物」に関してはちゃんと迷信と区別しなければいけません。安易に庭に植えるべきでないものもありますので。
先の「ソテツ」も「サイカシン」なんて発ガン物質を持ってたりします(普通に育てる分には問題ないですよ)。

ま・・、そんな事を考えるのは人間の方ですから、当の樹木さん達にしてみれば、迷惑な事なのかもしれませんね。

ふふふ、こういうのって気になるとキリがないですね。
じゃあ・・、南国の人はみんなビンボーなんでしょうか・・(^-^;
いわゆる根拠の無い迷信の類ですよ。
ーーーー

さて、迷信の類なら
「びわ」→「病気になる」
「イチジク」→「なんだったかな・・」
「柿」→「冷える→縁が悪くなる」
「イワシの花」→「様々な説がある」
「マキ」→「墓場に多いから」
「桜」→「花が散り急ぐから」
「ツバキ」→「花が落ちる様から」
などでしょうか。
いずれも地方の慣習や風習、時代の住居事情が影響しています。...続きを読む

Qソテツにカイガラムシ?

購入したのは今年の夏ぐらいで500円ぐらいの小さなソテツでした。購入当初から小さな綿状の物が少しついていてたまにとったりしていました。最近になって急に葉が中央からだんだんと黄色になってきました。調べてみるとカイガラムシとわかったのですがあまりにも種類が多すぎてどのカイガラムシかもわからずどう駆除すればよいかわかりません↓鉢もベタベタしています。ベニカDはよいのでしょうか?また他に駆除方法はあるのでしょうか?
ソテツの隣にサンセベリアを置いてあるのですがそこにも1匹いました。よく見ても他に見当たりません。どちらも白い1、2mm程の大きさのカイガラムシです。どうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

ボルンはほとんどカイガラムシ専用の殺虫剤で、使った感じからいいますと、葉への影響はないと思います。殺虫剤によくある刺激臭はなく、その代わり油のような軟膏のような臭いがします。散布してすぐには細かい泡状の薬液が葉をおおっている感じですが、5分もすると散布したかどうかもわからないぐらいになり、そのあとも葉が変になったりということはありませんでした。
でも、カイガラムシの数がまだ余り多くないのであれば、見つけたときにいちいち剥がしとってみてもいいと思います。歯ブラシでこすったり、指や爪でも剥がれますし、ガムテープで剥がしとっている人もいるみたいですよ。

Q【写真付】ソテツの病気・幹が白く細くなってます。

初めて質問させていただきます。

仕事の関係で、ちょうど一年ほど前(2010年)の12月にソテツを植えました。
その際、水のやりすぎに注意ということで、土壌を山高にして引き渡しました。

それから今日まで水遣り以外は手付かずで写真のような状態に至っております。
幹は細くなり、白いカビのようなものが所々に付き、すこし力を入れて触れるとぱらぱらと落ちます。
また葉も錆びたよう腐ってしまっています。

排水が原因とは考えにくく、カイガラムシなどの病気なのではないかと思うのですが皆様のお見立てはいかがでしょう?宜しくお願いいたします。

『写真』
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aq4rkj27mufw7zkz3k7326aqua-1001&uniqid=c37e90c3-7c07-47fa-b4b5-b9c820db5b0f&viewtype=detail
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aq4rkj27mufw7zkz3k7326aqua-1001&uniqid=9f41ab30-3d41-47b9-b894-3412b153e4d8&viewtype=detail
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aq4rkj27mufw7zkz3k7326aqua-1001&uniqid=1a14f81b-97e7-49d0-9dbb-2923754c0741&viewtype=detail
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aq4rkj27mufw7zkz3k7326aqua-1001&uniqid=f47a5e64-044f-4080-a31c-d3cf98cb1a6f&viewtype=detail
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aq4rkj27mufw7zkz3k7326aqua-1001&uniqid=9b11c373-e44a-4ce2-afe9-a49dfacdabaa&viewtype=detail

『環境』
冬場:0℃(積雪量もかなりあります)
場所:広い場所にあるので風通りはよいです。

初めて質問させていただきます。

仕事の関係で、ちょうど一年ほど前(2010年)の12月にソテツを植えました。
その際、水のやりすぎに注意ということで、土壌を山高にして引き渡しました。

それから今日まで水遣り以外は手付かずで写真のような状態に至っております。
幹は細くなり、白いカビのようなものが所々に付き、すこし力を入れて触れるとぱらぱらと落ちます。
また葉も錆びたよう腐ってしまっています。

排水が原因とは考えにくく、カイガラムシなどの病気なのではないかと思うのですが皆様のお見立ては...続きを読む

Aベストアンサー

こちらが参考になるかと
http://www.yasashi.info/so_00004g.htm

幹が白くなっている原因はわかりませんが
葉の色が悪くなっているのは病気ではなく
葉やけ(夏の強い日差しでダメージ)や 霜で葉先が凍った 強風による葉傷みなどの物理的なダメージではないでしょうか
あとは年数の経った葉は色が褪せて枯れてきます

中心の方の新しい葉がきれいなら心配する必要はないですが
すべての葉が傷んでいるとなると何かの病害虫が原因かもしれません

Qソテツが枯れそうです

昨年夏より、小さなソテツを育てています。
夏から秋にかけて、葉が2枚ほど出てきました。初めからある葉を含め現在5枚ほど出ています。
冬になってからも暫く外においていましたが、急に枯れだしたので、土を入替えて室内においています(ここ3週間程は室内)。根は腐っていませんでしたが、その後新しい葉も出てこないので心配です。

このような場合、枯れた葉は、切ってしまったほうが良いのでしょうか。ちなみに東京都市部で育てています。また雄株か雌株かは不明です(調べ方がわからなかったもので)

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

近くに個人でされてる園芸店はありませんか?
本当に園芸に詳しい方がいらっしゃるようなお店です。
持っていけば相談に乗ってくれると思いますよ。
もしなければ、植物園等に電話しても教えてくれます。
昔、サボテンが枯れそうで困った時に親切にしてもらいました。

Q蘇鉄の育て方について

2つの葉が出ている蘇鉄を今年はじめに購入しました。大きさは今も片方の葉の長さが15センチぐらいです。5月に少し大きい鉢(W125×D125×H125)に植え替えしました。新しく2本の茎が出たのですが、長く伸びすぎてしまい、今は2本ともダラ~ンとして元気がありません。それとは別に、もともとあった葉っぱのついた茎2本も、最近、元気がなくなってきたように思います。
蘇鉄が元気を取り戻す方法をどなたか教えてくださいませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とにかく日に良く当てることです。南国の海岸線に自生しているくらいですから、当てすぎて悪いことはありません。ただ、いままで、あまり日当たりのよくないところで育てていた場合、急に強い直射日光にあててしまうと、環境の変化についていけないことがあるので、1週間ぐらい、かけて直射日光に慣れさせましょう。
 あと、乾燥には強い植物ですから、鉢皿に水が貯まったような育て方をしていると弱ります。鉢植えの基本ですが、水をやって、しばらくたって、鉢皿に貯まった水は必ず捨てましょう。
 ダラーンとしてしまった(徒長といいます)葉は、形良くは戻りませんが、光合成を行う大切な葉っぱです。新芽の葉をきれいに育てることに注力して、今の葉っぱは、枯れるまでとっておきましょう。ソテツなど大きめの葉を作る植物は、1枚の葉がなくなるだけで、かなりの痛手です。小さい株ならなおさらです。

Q瀕死のニオイシュロラン(ドラセナ)

はじめまして!大至急教えていただきたいのですが。。。

3月下旬に庭木センターでニオイシュロランの木を購入し、庭へ植えました。
表面が乾いたら水をあげるようにしていたのですが、
日に日に元気がなくなっていき、葉はどんどん茶色くなり、
今ではすべての葉が茶色いです。
こうなった原因はなにが考えられますか???

2股に分かれた木なのですが、根元に近い1本になっている部分の幹が
触るとフニャフニャしている状態で2股から上の部分は固くしっかりしています。
フニャフニャの部分より上を切ったら挿し木に出来たりしますか?
どうにか生き返らせる術はないでしょうか???

Aベストアンサー

購入して植付けられたのは業者ではなくあなたですよね。
植付けた時に穴を掘って埋めただけではありませんか。
もしそうであるなら、植付け方法が悪かったのが原因です。

穴を掘ったら掘り上げた土にバーク堆肥か腐葉土を混ぜ、土壌改良をして
から植付けないと上手く育ちません。
現状から考えると、どうも土壌不良による根腐れを起こしているようです。
つまり既に根の役目は終わっていると言う事ですから、元気にさせるのは
不可能です。

増殖には天挿し、管挿し、取り木、株分けが可能です。
フニャフニャしているようですから、既に茎は腐敗していますので、上記に
書いた増殖方法はどれも使えません。
フニャフニャしている所から上は堅いと言われますが、それでは駄目なんで
す。増殖させるためには全てが元気でなければ無理なんです。

誠に残念ですが、再生するのは無理です。

ドラセナと言われますが、本当はドラセナではありません。科名は同じです
が属名が違います。正しくはドラセナに良く似た植物と呼んでいます。


人気Q&Aランキング