学生、男です。
顔が日焼けのせいで赤く焼けて困っています。
学校で部活(外の部活です)を一昨日したんです。
日焼け止めも塗ったし、大丈夫だろうと思って一日中やっていたんですが
帰って鏡を見てかなり赤くなっている事に気づきました。
一日たてば引いていくだろうと思ったんですが、2日たった今日でもまだかなり赤いです。

なんとか早く治す方法は無いでしょうか?
もともと色白なんで赤いのは目立ってしまって・・・

事情があってあと3日で治さないとヤバイんです。
勝手ですが、治療方法、どなたかお願いします。

A 回答 (2件)

私も下の人と同じです。



日焼けもヤケドの一種なので、まずはとにかく冷やして皮膚から熱をとりましょう。次に、日焼けした肌は水分を奪われているので、化粧水などであっりたけの水分をあたえます。それから、その水分が奪われないように、保湿性の高いクリーム
やスキンケアオイルなどをぬるんです。

本当はこの作業を日焼けしたその日にやるといいのですが、それでもこれによって
これ以上悪くなることはありえないので、試してみる価値はあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、ありがとうございます。
やってみます!

お礼日時:2001/08/28 21:03

日焼けとはいえ火傷ですからねえ。

。。
まずはとにかく氷で冷やすことです。
赤いっていうことは炎症を起こしているってことですから。
あとは市販のカーミングローションを塗るとか。
氷でよ~く冷やしてから、オロナインを塗るのもオススメ。

あとは最後の手段。ファンデーションを塗ってごまかす。とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ファンデーションは、、、男なんでちょっと。
やっぱすぐ冷やすべきでしたね。
アドバイスありがとうございました

お礼日時:2001/08/28 21:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色白が日焼け

高校生男です。
体を鍛えているため、肌を焼きたいと思ったのですが、かなりの色白なため将来シミになるのではと心配です。
多分赤くなる肌のタイプです。

シミにならないで焼く方法などありますか?

また焼かずに小麦色にはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

焼くのは止めたほうがいいです。

色白であれば、人よりシミが目立ちますから。

もし、よければセルフタンニングなどを塗っておくという
方法もあります。


http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%B3%E6%BE%A4%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80-%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-100/dp/B000FQVH60

Q日焼けって治るんですか?

私はすぐ紫外線を吸収してしまうみたいで、肌が日焼けで真っ黒なんです。gooで一度相談したら、日焼け止めをきちんと塗ることが一番大切だ、とアドバイスをいただきました。これからは頑張って日焼け止めも塗るし、美白ケアもしたいと思っています。

さて、本題なんですが・・・先日ネット上で「心配しなくても日焼けは1~2ヶ月で治る」という記事を発見しました。確かに人の皮膚は常に生まれ変わってはいますが、私が知っている限りでは皮膚の再生に4~5ヶ月はかかると聞いたので、本当にそんな短時間で元に戻るのだろうか・・・と少し疑問に思い、質問しました。私は去年の夏焼けた肌がまだ元に戻っていない気さえするんです(苦笑)

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も一年中、焼いては美白、焼いては美白・・・
を繰り返しているので(それも地黒のくせに)
いろいろ試行錯誤しています。

>心配しなくても日焼けは1~2ヶ月で治る

#1の方が書かれているように、
人間の皮膚のターンオーバーは28日周期だそうなので、
それで1-2ヶ月、といわれたのでしょう。

ただし、きちんとしたターンオーバーが行われていれば・・・です。
bump_444さんも、顔の日焼けと体の日焼けでは、
顔の方が早く戻りませんでしたか?

化粧品のカウンターに行くと、アドバイザーの方がフリップ(下敷きみたいなの)を使って説明してくれることが多いのですが、
日焼けをすると皮膚が硬くなったような感じがしませんか?
これは紫外線から組織を守ろうとする防衛反応だそうですが、
皮膚の角質がこれによって硬くなり、
下から新しい皮膚が生まれてくるの(ターンオーバー)を阻害する要因になります。
だから、このままではなかなか日焼けは元に戻りませんね。

したがって日焼けを元に戻すには
ヒフのターンオーバー(再生)を促すのが一番いいようです。
どちらも赤みが収まったら(赤いうちは湿布等で冷やす、
しみなかったらローションなどで保湿することが一番大切)
スクラブ剤などで固くなった角質をとり、
クリームやオイルなどでマッサージをして組織の活性化を促しましょう。
ただし、やさしく。ちょっとでも刺激があったら中止して。
そのあと、しっかり保湿しましょう。
顔だったらローションパックや保湿系のパックを、
からだはボディローションやボディミルクなどを塗りましょう。

もちろん、日に当たる前の日焼け止め(それもこまめな塗り直し)と、
体の内側からのケア(きちんとした食事と抗酸化の効果があるサプリメントの摂取)は欠かせませんね。

こんにちは。
私も一年中、焼いては美白、焼いては美白・・・
を繰り返しているので(それも地黒のくせに)
いろいろ試行錯誤しています。

>心配しなくても日焼けは1~2ヶ月で治る

#1の方が書かれているように、
人間の皮膚のターンオーバーは28日周期だそうなので、
それで1-2ヶ月、といわれたのでしょう。

ただし、きちんとしたターンオーバーが行われていれば・・・です。
bump_444さんも、顔の日焼けと体の日焼けでは、
顔の方が早く戻りませんでしたか?

化粧品のカウンターに...続きを読む

Q色白な人が黒くなるにはどんな日焼け止めorサンオイルを使えばいいでしょう?

今度サイパンに行くことになり
日焼け止めかサンオイルを買おうとしているんですが
どちらを使えばいいのか、またSPF(?)などの値はどの程度がいいのかなど
全く分かりません・・・

私は元々色白で日焼けしにくく、肌がそんなに強くない♂です
夏など日に当たっていると、日焼けはあまりせず肌が赤くなりがちです
どなたかよろしくお願いします
ちなみにサイパンでは一日中かは分かりませんが、ほとんどが海の予定です

Aベストアンサー

こんにちは。
結論だけ申し上げます。
化粧品メーカーが販売している中で、「最強の日焼け止め」を使ってください。そして、数時間おきに塗り直してください。

Q色白が日焼け、後悔した方

人に会うたびに肌が白いね~と言われる20代前半女性です。

年中日焼け止めをつけ、日焼けには気をつけてきました。
けれども最近黒い肌にあこがれます。
マリンスポーツも始めようかと思ったのと
黒肌のかわいいモデルさんに影響されてしまいました。


しかし日焼けは肌に悪いという話しか聞きません。

「日焼けして後悔しました」
「実際焼いてみて後悔はないよ」
というご意見をお聞かせください。


また、もとがすごく白い人で、肌を焼いてもとの色に戻そうとしたときどれくらいの時間を要したか。(どれくらい焼けたのかにもよりますが;)
というのも教えていただければと思います。


タンニングクリームを使ったときはなんだか不自然な黒でムラになるため前全身にも出来ず、タンニング剤はあまり気がすすまないです。

Aベストアンサー

同じく人から色白だといわれます。
現在私は30代前半ですが、
10代後半から20代前半にかけて気にせず焼いていました。
肌の色は冬が終わる頃には戻っていた記憶がありますが、
「シミ」は月日をかけて出現・増加し、消えずに残ります。
日焼け肌をやめたときに元が色白だとシミは本当に目立ちます。
焼かなければ恐らくここまで酷くは無かったと思います。
特に背中が…

Q色白な男性です。日焼けしたいです。

色白な男性です。日焼けしたいです。
私は日焼けというものをほとんどしたことがありません。しかし外で動いていないわけでもありません。
日に当たっても、肌が赤くなり、脱皮するように剥けて、もとの白い肌に戻ってしまうのです。

女性の方に言ったら羨ましがられたのですが、女性にとっては美白でも、男にとってはただのヒヨワに見える要因です。生白い体は自分で見ていても気持ちが悪い時もあります。

日焼け止めなどを付ければ、少し赤くなって元に戻る。付けなければ、激しく赤くなり、元に戻る。こんなことの繰り返しです。サンオイルは試したことがありませんが、なんとなく、より赤くなって元に戻るだけな気がします。

どなたか同じ悩みを抱えていたり、解決法をご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

Aベストアンサー

日焼けにはひとりひとり個人差があります。
あまり無理をせず、日焼け用ローションなどは使用しない方がいいでしょう。

・年齢により日焼けの度合いが違ってきます。一般的には若い方が効果が大きくなります。
・日焼けを行う時の肌の状態や季節によっても異なります。
・日焼けを始めてすぐに肌は褐色にはなりません。回数を重ねていく上で徐々に褐色に近づいていきます。

日焼けには「サンタンニング」と「サンバーン」の2種類があり、区別される事なく「日焼け」とされていますが、肌に与える影響は全く違います。

サンタンニング(小麦色の肌)
サンタンニングは皮膚が「褐色に色づいた状態」の日焼けをいいます。
褐色の肌はメラニン色素によってもたらされます。
メラニン色素は、紫外線が皮膚の深部に浸透するのを防いで、紫外線のエネルギーから、皮膚の細胞とそのDNA(遺伝子)を保護する役目をします。上手にサンタンニングするには、初めは日差し(紫外線)の弱い時間帯を利用し、日差しの強い時には一回の照射時間を短めにして、間隔をあけながら徐々に肌色を作っていきます。

サンバーン(ヤケド日焼け)(皮膚が赤く炎症を起こす症状)
サンバーンは皮膚が「ヤケド」した日焼けをいい、皮膚にマイナスな日焼けです。
肌色が白く、角質の薄い人は、紫外線に対する皮膚の防衛能力が低いために、急に日焼けすると肌がヤケドして炎症を起こします。ヤケドで死んだ皮膚細胞は、やがて剥がれ落ちますが、サンバーンはシミの原因にもなります。また炎症を起こしたままで、強い日差しを繰り返して浴びると、皮膚ガンのリスクが生じる恐れがあります。


以下の特徴がある場合は、1日の日焼け時間を4分~10分にし、色がつき始めたら、週に1、2回にしてください。
特徴
・日焼けしていない時の肌の色は、白色
・強い太陽の下での日焼けでは、サンバーン/皮がむけてしまう
・普通に日焼けをした肌の色は、赤くなる/色が着かない

日焼けにはひとりひとり個人差があります。
あまり無理をせず、日焼け用ローションなどは使用しない方がいいでしょう。

・年齢により日焼けの度合いが違ってきます。一般的には若い方が効果が大きくなります。
・日焼けを行う時の肌の状態や季節によっても異なります。
・日焼けを始めてすぐに肌は褐色にはなりません。回数を重ねていく上で徐々に褐色に近づいていきます。

日焼けには「サンタンニング」と「サンバーン」の2種類があり、区別される事なく「日焼け」とされていますが、肌に与える影響は全く違い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報