数ヶ月前に新聞で紹介されていた写真集のことが気になってしょうがないのです。
しかし、出版社やタイトルを書きとめておかなかったので、注文しようがありません。
そのときの記憶を頼りに検索エンジンで探したのですが、
それらしいものが見つかりませんでした。

■覚えていること■
朝日新聞、産経新聞、日刊工業新聞のいずれかで紹介されていた
紹介写真にはバッタが大写しになり、バックに海が見えていた(?)
カメラマンが自分でレンズを開発したらしい
被写界深度のものすごく深いレンズを使って、遠くまで鮮明な写真

覚えていることはこんな感じです。
この写真集について知っている方がおられましたら、
出版社、タイトルなどを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自信は全くないのですが……



タイトル:栗林慧全仕事 独創的カメラでとらえた驚異の自然
作者:栗林彗
出版社:学研
価格:4700円(税別)
ISBN:4-05-401250-7

ではないでしょうか? 参考URLに表紙の画像や写真集の詳しいデータがあります。
ちなみに、栗林彗さんについては↓のページで紹介されています。
http://www3.justnet.ne.jp/~sato-sakura/musi.html

参考URL:http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=30825191
    • good
    • 0

下で答えたsimotuki-11ですが、カメラマンのお名前を間違えてしまいました。


× 栗林彗
○ 栗林慧
です。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

これです!
僕が探していたのはまさにこの本です!
本当にありがとうございます。

また、別に紹介して下さった栗林慧さんの紹介ページも
大変おもしろく読ませていただきました。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/28 00:50

栗林慧さんのことでしょうか.


まるでデジタル処理したような鮮明な写真ですよね.
ご自分で開発した虫の目レンズで取った写真が参考URLに出ていますので
ご確認ください.

参考URL:http://www.sure.co.jp/pub/science/page_2/magazin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
教えて!gooを使うのは今回がはじめてなのですが、
こんなに早く回答がいただけるなんて思ってませんでした。

参考URLのほうも、大変参考になりました。
日経サイエンス、今度読んでみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/28 00:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通新聞社出版の『鉄道ダイヤ情報』

交通新聞社出版の『鉄道ダイヤ情報』の内容に関しての質問です。
この本に京浜急行のダイヤ(回送ダイヤも含む)は掲載されているでしょうか。
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この本に掲載されているダイヤは、毎月1~2線区だけです。
臨時列車も「JRの本社で把握している分」だけですので、
各支社が独自に設定している分は載りません(時刻が特定の駅だけ
なのは、そういった事情からなんです)。

逆にいえば、何かの特集があって、京浜急行本社からダイヤの提供を
受けることができれば、掲載されることはあるかも知れません。
過去に大手民鉄のダイヤが載ったこともあります。

編集部に要望を出せば何とかなる可能性がないわけじゃないかと。

Q自費出版社の行うコンテスト(長文)

公募の本を久しぶりに見たときに自分の書きたいなと思うテーマでの応募があり、ひさしぶりに出してみました。
自費出版を主とするところの公募だったので、選外でも自費出版の案内とかくるかも・・・というのは頭にありました。
今回、結局選外でしたが、個人宛に作品の感想等が丁寧に書いてあり、共同出版という形で出しませんかという案内が入っていました。
その会社の対応にはうれしかったのですが、自分の中で、選外は選外だし・・・作品を認めてもらえなかったという時点で本を出すなんてとんでもないと思い、お断りしました。

昨日、その担当という方から、共同出版というのは選外者全員に送っているものではないし、会社に掛け合い特別制作費というもっと自己費用は少ない形で出資して本を出しませんかとの内容でした。

初めての対応にびっくりし、もし本当にその担当の方が自分の作品を気にってくれてるとしたら純粋にうれしい反面、こういう自費出版社へのコンテストは初めてだったので、選外者への対応というものは一般的にどういうものなのか・・・実際にコンテストに出された方、それで自費出版(共同出版)を経験された方、また出版関係者の方からお話が聞ければと思います。

長くなりましたが、よろしくお願いします。

公募の本を久しぶりに見たときに自分の書きたいなと思うテーマでの応募があり、ひさしぶりに出してみました。
自費出版を主とするところの公募だったので、選外でも自費出版の案内とかくるかも・・・というのは頭にありました。
今回、結局選外でしたが、個人宛に作品の感想等が丁寧に書いてあり、共同出版という形で出しませんかという案内が入っていました。
その会社の対応にはうれしかったのですが、自分の中で、選外は選外だし・・・作品を認めてもらえなかったという時点で本を出すなんてとんでもないと...続きを読む

Aベストアンサー

経験者でも出版関係者でもないけど意見を書かせていただきますね。

質問者さんはすでに出版社の営業トークにはまっています。
詳しい内部事情は知りませんが、確かに応募者全員に共同出版を持ちかけているわけではないようです。

というのも、あまりに酷い、まともな日本語にすらなっていないような作品まで共同出版してしまうと今回のような「選外者全員に送っているものではない。少しでも見込みのある作品に対して特別制作費を出しています」という営業トークすら使えなくなりますから。
自費出版と違い、共同出版は一応出版社が作品を認めたということが、作者の自尊心をくすぐる所だと思います。
それなのに、あの会社は金さえ出せば共同出版に応じると噂が広まれば会社にとってダメージになってしまいます。

話を聞く限りでは、共同出版は出版社が作品を認めたということではないような気がします。自費出版のようにただの印刷物ではなく、金を出せばちゃんとした出版物として流通コードがもらえるように協力してあげますよレベルだと思います。
実際、自費より共同のほうが料金が高い場合もありますし。

経験者でも出版関係者でもないけど意見を書かせていただきますね。

質問者さんはすでに出版社の営業トークにはまっています。
詳しい内部事情は知りませんが、確かに応募者全員に共同出版を持ちかけているわけではないようです。

というのも、あまりに酷い、まともな日本語にすらなっていないような作品まで共同出版してしまうと今回のような「選外者全員に送っているものではない。少しでも見込みのある作品に対して特別制作費を出しています」という営業トークすら使えなくなりますから。
自費出版と違...続きを読む

Q自作童話の出版社への持ち込みはできますか

趣味で童話を作っています。ミュージシャン志望の人がデモテープをレコード会社に持ち込んで採用されたという話を聞きますが、童話を出版社に持ち込んで審査してもらうということは可能なのでしょうか。また、そのようなことを行っている出版社はどこでしょうか。

Aベストアンサー

童話を扱ってる出版社ならどこでも可能ですよ。
ご自身の好きな出版社に作品を持ち込みたいと電話してみてはどうでしょうか。

「じゃあ見てあげるから会社まで来てください」と言われると思います。

Q本を執筆し、出版する場合完全な自費出版になりますか?

私は過去声優をしていて今は廃業しましたが、その時の体験や知っておけばこうはならなかった。といった体験を本にして市場で販売したい場合は完全な自費出版でしょうか?

Aベストアンサー

原稿がおもしろくてなおかつ売れそうだと出版社が判断すれば発売してもらえる可能性はあります。
出版社の人に目を通してもらう方法ですが、賞への公募、売り込み(時間を取ってもらって読んでもらう)、などの方法があります。

お金を出せば出版してあげるなどの広告は自費出版のお客さん募集と思って良いと思います。
つぶれましたが新風社のような悪質業者の例もあります。
http://www.news.janjan.jp/media/0701/0701148009/1.php

無料で皆に読んでもらいたいだけならインターネットで公開したほうが良いかもしれません。

Q本を出版、または出版してもらうためにはどうすればいいですか?自分で書い

本を出版、または出版してもらうためにはどうすればいいですか?自分で書いた原稿などを出版社などに提出する方法などがあると思うのですが、結構柔軟にというか、素人のものを受け付けてくれる出版社などご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。パソコンで原稿を作って、出版社などに提出して出版を依頼してみようかなと思っているのですが。まだ全くの素人ですので費用がどのくらいかかるか、や、方法など全く分かりません。教えてくださいませ。お手柔らかにお願い致します。

Aベストアンサー

原稿を募集している出版社はいくつもあります。
募集を行っているかどうかは各出版社のサイトなどでご確認下さい。

ただ、出版社が利益を得るためのビジネスとしてはそれなりのクオリティが必要であり、
決して敷居が低いものではありません。
ご自身の原稿に自信があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

しかし、敷居の高いものばかりではありません。
自費出版であれば、基本的にクオリティに関係なく、自己負担で出版することが可能です。
またある程度のクオリティがあるのならば共同出版も可能で、負担額は少なくなります。

費用に関してはピンキリで、文字だけの白黒のものなのか、カラーなのか、そしてその
割合や紙質、製本の種類、製造部数など、その要素が非常に多岐に渡るため、実際に
見積もりをやってみないと分からない部分も多いです。

自費出版に関しては以下のサイトが丁寧に説明していますので参考にしてみて下さい。
# http://www.jihishuppan.com/guide/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報