gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

日本への 原爆投下は

なにか 国際法に 触れますか。

A 回答 (4件)

道交法 積載物落下

    • good
    • 0

触れません。



第二次大戦において、毒薬兵器の使用は禁じられており、ヨーロッパ戦線ではそれよりも残虐な兵器が投入されていましたが、彼らはそのことだけは厳格に守っていました。

原子爆弾の開発前だったので、国際法に記述がなく、全く問題ありませんでした。
    • good
    • 0

戦時国際法(せんじこくさいほう、英:law of war)は、戦争状態においてもあらゆる軍事組織が遵守するべき義務を明文化した国際法で、この国際法によって非戦闘員の虐殺が禁じられています。



パールハーバの攻撃で軍事施設や海軍艦艇だけをピンポイントで攻撃したのは、日本海軍に順法精神が貫徹していたからです。
    • good
    • 1

戦争ルール違反です。


戦場でもない民間人の生活区域に、
民間人に対して原爆投下したのですから。

しかも約40万人近くの人が殺されました。
大量虐殺です。
人道的に考えて許されることではないです。
日本は、アメリカを訴えるべきなのに。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング