プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

あ、コレ禁句だったか(笑)。

A 回答 (9件)

日本は、野球・サッカーのどちらも人気があると思います。

小学生から、サッカー教室があります。日本人で、スターの要素をもつ選手がいれば、盛り上がると思います。野球は、今、大谷選手という希望溢れる選手が存在するので、ニュースで話題となっています。
    • good
    • 0

野球が人気ある国では、大体サッカーは人気ありません。

野球は1対1の勝負の積み重ねでゲームができており、勝負の間にはインターバルがあります。
サッカーはだらだらとゲームをやっているようでつまらないという意見を読んだことがあります。
アメリカを例に挙げますが、アメリカの四大スポーツはすべてプレーが細切れです。アメリカ人はこういうスポーツに慣れており、MLSがパッとしないのもわかります。
    • good
    • 1

日本の話ですよね?


明治時代に 政府が国策として奨励したから。確か・・大学野球から。

で、戦後は・・・言わなくてもわかりますよね?
ソ連が8月半ばに原爆落とす計画してたらしいので、もしアメリカが落とさなければ・・・野球じゃなくて、サッカーとかホッケーだったかも。
    • good
    • 1

結局ちゃらいからでは!


今回のオリンピックでもメダルとれないし、オリンピックの種目の中でもプロがでてる競技てあまりないですからね。
 ワールドカップでも予選通過しただけでも凄い騒ぎですから。
それだけでも他の競技からしたら考えられない事です。
陸上で100m予選通過して大騒ぎしますか?
しないですよね。
それだけレベルが低い!という事です。それをプロだからといって甘んじてるからメダルも取れないんですよ。
    • good
    • 0

サッカーも野球も日本に始めてきたのはほぼ同じ1870年代です。


サッカーの日本選手権(いわゆる天皇杯)も1921年に第一回大会が開かれているので、夏の高校野球大会とそれほど変わりません。

 私自身の見解ですが、「野球」という言葉は長年同一ですよね?
しかしサッカーは「蹴球」「ア式蹴球」「フットボール」「サッカー」など、長年呼び方が統一されていないのも一因ではないでしょうか。
いまだに「フットボール」と称するチームもありますし。

 野球の方は戦前からプロ野球がありました。学生時代野球をし、プロになるという方法は連綿と続いています。サッカーの方は、それこそオリンピックやワールドカップへの予選には早くから参加していましたが、おそらくプロ化されるのが遅かったということなのでしょう。

 しかし、プロ野球とは違い、未だに天皇杯などでプロと学生チームが戦うことは普通にあります。この事がいいことか悪いことかは判断が難しいですね。

 現在ではプレイするサッカー人口が野球人口を遥かに上回りました。
また1960年生まれの私でも、学校の体育で野球(ソフトボールはあります)はやったことがありませんがサッカーは授業でやりました。経験者数で言えばサッカーが遥かに多いです。

 攻守がはっきりとしていて時間無制限の野球のほうが、時間制限が有って、一時も目が離せないサッカーよりも日本人にあっているということかもしれません。
    • good
    • 0

日本はそうですけど、世界ではサッカー人口のほうが多いです。



中近東はサッカーが人気で、野球は人気ないんじゃないかな。ダルビッシュが出たおかげで、興味を持つ人達が増えたくらいで。
    • good
    • 0

野球は戦後の昔からありますが、サッカーはまだ新しい上に若い子が夢中になるスポーツです。

高齢化が進む日本では、慣れ親しんだ野球の方が一般的なのですね。
    • good
    • 2

基本1点しか入らない。

野球は4点も入る。テニスは15点も入る。なんてな。
    • good
    • 0

国によるからなんとも言えない(笑)



全世界の野球の競技人口は、およそ3500万人だといわれていますが、競技人口が世界で最も多いバスケットボールの競技人口は、約4億5000万人。 2位のサッカーも2億5000万人であることを考えると、野球の競技人口は意外と少ない、といえるでしょう
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング