【初月無料キャンペーン中】gooドクター

世界の強国が植民地帝国を広げて覇権争いしてる中で一人平和ボケしまくってた日本の江戸幕府は無能だったのではないですか?
鎖国によって海外の先進技術の導入を妨げ、倒幕防止に軍事技術開発まで禁止して軍事力を低下させまくった事は汚点ではないのでしょうか?
265年間の泰平の世を築いたことばっかり評価されてますが、この期間に欧米化して富国強兵してればもっと早く列強入りしてたのではないですか?

A 回答 (5件)

世界の強国が植民地帝国を広げて覇権争いしてる中で


一人平和ボケしまくってた日本の江戸幕府は
無能だったのではないですか?
  ↑
世襲の弊害ですね。
長州の高杉晋作等が上海に出かけ
そこで西洋の奴隷と化した中国を
目にして、危機感を抱き、それが
明治維新へ繋がりました。
これと比較すると、無能のそしりは
免れません。



鎖国によって海外の先進技術の導入を妨げ、
倒幕防止に軍事技術開発まで禁止して
軍事力を低下させまくった事は汚点ではないのでしょうか?
  ↑
これ、今の日本に似ています。
非武装中立なんてマジで主張している
人は少なくありません。

税金で運営している学術会議は
平和のために軍事研究をしないと宣言しています。
それが原因で、細菌兵器の研究がなされず、
ワクチンを輸入する、という醜態を
さらけ出しました。



265年間の泰平の世を築いたことばっかり
評価されてますが、この期間に欧米化して
富国強兵してればもっと早く列強入りしてたのではないですか?
  ↑
戦国時代の日本の銃器の数は
世界一だったと言われています。

海外に目を向けず、引きこもり
ニートをしていた
幕府の責任は大きいと思います。

まあ、それでも中韓よりはマシ
でしたが。
    • good
    • 0

泰平の世が何よりも、一番でしょう。


泰平だからこそ、庶民の識字率が上がり、米の生産を始め物造りの技術
が向上し、下々の文化が花開きました。
この庶民のエネルギーが有ったればこそ、ヨーロッパの餌食にならずに、
済みました、維新のきっかけはサムライですが、庶民が指示したから
出来た事です。

覇権主義は一部の人が潤うだけで、多数を占める庶民には、恩恵の無い
事なのです。
大日本帝国は国防の為と称して、覇権主義を取り、そして敗れました。

そして、覇権主義を捨てた、日本国になりました。
真面目に働けば、年金が支給され、老後の生活を送れます、福祉が
整った、世界が羨む国家に、成りつつあります。
    • good
    • 1

欧米がアジア圏を植民地化させ始めたのは18世紀になってから、江戸幕府としては後期に入り始めたころからですよね。

幸いにもこの時代までは約200年間外からの脅威ってものがなかったわけですので、それに対応する手段を構築する必要はなかったわけです。加えてそうした情報も限定されていたわけで、脅威を予感することも難しかったと思います。実際に敵はいない、敵が来る情報もないわけで、それを平和ボケというのはちょっとかわいそう。清国などの状況を見てからは幕府もそれなりに動き始めています。しかしながら時はすでにおそし、特に財政難で根本的な軍事力強化はできなかったという形ですかね。
 ちなみに18世紀初頭にどうやって欧米化して富国強兵ができたと思います? この段階で下手に欧米の技術導入を図ろうとしたらかえって植民地化の危機が迫っていたように思うんですがね。
    • good
    • 0

具体的にどう「この期間に欧米化して富国強兵」するんだろうか.

    • good
    • 1

西洋諸国がアジア各地を植民地にしてた時期、その防止策として、一つの選択肢だったでしょう。


その前に、秀吉が朝鮮出兵で失敗してますし。
蝦夷から、北へ領土拡大って選択肢もありましたが、寒いところは苦手だったみたいで。。もし実行してれば、早い時期にロシアと喧嘩になってたでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング